なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS   風神雷神図屏風 

<<   作成日時 : 2006/08/19 17:53   >>

トラックバック 1 / コメント 0

江戸時代の俵屋宗達(生没年不詳) 尾形光琳(1658〜1716) 酒井抱一(ほういつ)(1761〜1828)という琳派を代表する絵師が描き継いだことで知られる作品「風神雷神図屏風(びょうぶ)」をめぐり 
先人・宗達の作品を 光琳が薄い紙で絵柄をトレースする「敷き写し」の技法で 模写したことがわかった (19日付ニュース)

画像
画像


伝俵屋宗達の「風神雷神図屏風」京博蔵 は素晴らしいですね 
私も東博の日本国宝展(平成2年)で実物を拝見したことがありますが これに比べると 尾形 酒井の作品は見劣りがするのはしかたがないと思います (その後 京博の日本美術名宝展でも見たような・・)

俵屋宗達は江戸初期の京都で活躍した絵師? といわれていますがくわしことはわかりません  
風神雷神図屏風も 宗達という人物がひとりで描いたのか 
それとも 俵屋という絵画工房の中心となって分業で描いたのかよくわかりません  

出光美術館HP (東京)http://www.idemitsu.co.jp/museum/
2006年9月9日(土)〜10月1日(日)
◆会期中無休、午後7時まで延長開館
国宝 風神雷神図屏風
―宗達・光琳・抱一
琳派芸術の継承と創造―


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
風神雷神図屏風 出光美術館
10日(日曜)は、暑かった。秋だというのに日差しは刺すほどにいたい。午前中ランニ ...続きを見る
セミ玄人の独り言
2006/09/11 13:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
  風神雷神図屏風  なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる