なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 邪馬台国 その1

<<   作成日時 : 2006/08/23 18:13   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像畿内大和か 九州か 日本古代史上 最大のミステリーとされる邪馬台国の所在地は 江戸時代以来 二百数十年にわたる論争が続いてきたが 最近の発掘調査で 大和説を裏付ける有力な“証拠”が近畿や瀬戸内東部で次々に現れている
 邪馬台国が存在した時期(3世紀前半〜半ば)の〈前方後円墳〉だ その中心は この時期最大のホケノ山古墳(奈良県桜井市、全長80メートル)一帯
 この時代 大和とこれらの地域との間に強い結びつきがあったことが明らかになりつつあり 論争は新たな局面を迎えている (22日付 ニュース)

邪馬台国ですか 古代史ファンにはたまらない話題ですね
以前 纏向石塚古墳に行ったことがあります もちろん 本格的に発掘調査するずーと前ですが  こんな小さな土の盛り上がりのような古墳がよくも千数百年も残ったなと(部分的に破壊されていますが) 感心しました
纏向に 点在するこれら大小の古墳は 昔からいわれのある古墳として 残されてきたのでしょう
この纏向一帯が 邪馬台国ではないかと注目されてきたわけです



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
邪馬台国 その1 なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる