なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS ノーベル賞作家とナチス

<<   作成日時 : 2006/08/13 10:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
ドイツのノーベル賞作家ギュンター グラス氏(78)が
ナチスの武装親衛隊に所属していたことを明らかにしたと新聞(8月13日付読売)に載っていました 
武装親衛隊は親衛隊(SS)の文字どうりの武装組織でいうなればヒットラーの直属の軍隊です
ギュンター グラス氏は「こころに重くのしかかっていた」と語っています
敗戦まじかの召集で具体的な戦闘や活動はなかったでしょうが 知識人としてナチスにかかわっていたという過去はつらかたでしょう
ギュンター グラスといえば「ブリキの太鼓」が有名ですが 私は遥かむかし「ひらめ」を読んで
この作家はノーベル賞をいずれ取ると確信しましたがその後なかなか候補にならずやっと1999年めでたく文学賞を受賞しました
 私も先見の明があったのでしょうか
しかしナチスとの関係がわかっていたら・・・・・どうなっていたでしょう 
ドイツも日本も未だ戦後は終わっていないのですね


ギュンター・グラスの40年―仕事場からの報告
ギュンター・グラスの40年―仕事場からの報告

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ノーベル賞作家とナチス なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる