なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS ムンク 叫び 

<<   作成日時 : 2006/09/01 19:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ノルウェー警察当局は31日 2年前にオスロのムンク美術館から白昼強奪された 同国出身の画家エドバルド・ムンク(1863〜1944)の代表作である「叫び」と「マドンナ」が発見されたと明らかにした保存状態は比較的良好という(1日付ニュース) 
画像
人間の 精神世界は 内と外からの あらゆる刺激さらされて 無防備でいるということできませんよね  そういった刺激の対処におわれて 気ずかずにいることが多いのが普通です
何がって 生きているものは必ず死ぬ 永遠に安定したものなどない・・・・
ある意味 表現派の芸術家といわれる人たちは つまらない刺激の対処などせずに つまり 自分の精神世界を無防備にして ずばり 死の恐怖 愛の不確かさ 心の持つアンバランス性を表現したのかもね 


ムンクの 「叫び」は 有名な絵ですね 彼は4枚ほど 描いていますね 
学校の美術の教科書には必ずといっていいほど 載っていました あれをじーっと見ていると
なんともいえない気持ちの悪さに・・・・ 私は ミーハーと呼ばれようが 絵画にかんしては印象派が好きです (文学じぁ カフカは好きなんですがね)
  
とりあえず 世界的名画です 見つかってよかった また 日本で 展覧会してほしいですね

ムンクを追え! 『叫び』奪還に賭けたロンドン警視庁美術特捜班の100日 光文社 
今回の盗難事件ではなく 1994年の別の「叫び」盗難事件を扱ったもの すこしドラマチック
に書きすぎているけど 面白いです
ムンクを追え! 『叫び』奪還に賭けたロンドン警視庁美術特捜班の100日

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ムンク 叫び  なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる