なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 大阪人

<<   作成日時 : 2006/09/05 23:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

大正時代から大阪の街や人 文化を紹介してきた大阪市出資の財団法人・大阪都市協会の月刊誌「大阪人」の発行を来年度から 市が引き継ぐことになった 

協会が市の外郭団体改革で近く解散されるため 廃刊も取りざたされたが 市が「大阪発の貴重な情報媒体」と評価 自治体では異例の雑誌の“直営”に乗り出すことにした 
ただ 大幅な赤字を抱える雑誌とあって 市民からは存続決定を喜ぶ一方 
財政難の市が引き受けるべきなのかを問う声も出そうだ

 「大阪人」は1925年に関淳一市長の祖父 関一・7代目市長の肝いりで創刊した「大大阪」が前身 
戦中の44年に休刊したが 戦後の47年に現名称で復刊し 今はA4判 100ページ 1冊580円で月1万4000部を発行している

 「大阪人も知らない大阪」をうたい文句に市内の近代建築や名店 歴史とともに変化してきた大阪城の姿などの特集や 連載エッセーなどを掲載してきた(5日付ニュース)

画像
私も 読ませてもらってます(図書館でですが)
いろいろ 特集を考えて がんばっているみたいですが いかんせん 「大阪市」を背負っている人々が発行しているだけに 「まじめでかたい」  「まっ正直に大阪を紹介」なんですね
私が 思うに もっと 「おたく」っぽく かたよった ディープな大阪を取材しないとね・・・
だって「大阪人も知らない大阪」なんだから 



財団法人・大阪都市協会HP  http://www.osaka-cpa.or.jp/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大阪人 なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる