なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS F1 日本GP さらば鈴鹿

<<   作成日時 : 2006/10/10 19:57   >>

トラックバック 1 / コメント 3

まさかの M・シューマッハのリタイヤで 幕を閉じた
鈴鹿日本F1GP 
思えば 私が 1988年のF1日本GPの鈴鹿へ行ってから
18年がたってしまっていたのですね
あのころは 私も若かった・・

目の前を プロストが ピケが マンセルが ベルガーが
そして あの セナが 駆け抜けていくのを ほとんど
放心状態で・・・

F1GPは 1950年5月13日 イングランドのシルバーストンサーキットで
第1回がおこなわれました
優勝者は イタリア人のG・ファリーナ 43歳
43歳!!  シューマッハは37歳で引退を宣言したし プロストも
38歳で引退しています  時代が時代ですが おじさんが頑張って
いました 私もF1に・・・・

閑話休題

画像

           1988年 F1日本GPの チケットです 私の宝もの

画像

     マクラーレンホンダ A・セナ 日本GP優勝 1988年ドライバーズチャンピオン
     惜しくも1994年 サンマリノGPで帰らぬ人に (当時の写真を接写)
 

画像


画像

        1988年 鈴鹿サーキット F1GP 風景  (当時の写真を接写)


画像

          ロータスホンダ 中嶋悟も健闘 1周遅れで7位 (当時の写真を接写)


F1と世界のモータースポーツ―世界のモータースポーツ110年の進歩の歩み  Hon’sペンギン
   F1だけでなく モータースポーツ全体の歴史を 写真だけ観てもいい
   高いので 図書館で注文してください
F1と世界のモータースポーツ―世界のモータースポーツ110年の進歩の歩み

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
F1シューマッハ・サッカー選手に
イタリアGPレース終了後の記者会見にて、2006年限りでのF1引退を表明したミハエル・シューマッハ(37)スキー、サッカーなどが趣味でオフシーズンには毎年のようにスキーを楽しんでいる。サッカーに至っては趣味の粋を超えプロ並の腕前であり、... ...続きを見る
ポルシェに乗りたきゃこう稼げ!
2006/11/05 13:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
たまたま東高野街道の件で前回こちらに立ち寄りましたが
同世代なんでしょうか 
昔は F1の放送が日曜日あると月曜日はその話しでもちきりだったんですが
今時の人は あまり関心ないようで それでも鈴鹿のF1観戦チケットが正面スタンドで7万円もするなんてちょっとびっくりしました。
 昔はいっぱいチームがあったんですが 今はそう行った面では
 どのモータースポーツもさびしいですね
 しょうもないコメントですみません
かしらもじF
2006/10/10 23:23
私が、F1グランプリを鈴鹿で見ることもなく、開催が終了してしまいました。凄く残念です。
私が鈴鹿を訪れたのは、最後のF2グランプリでした。F2が無くなり、F3000に変更されました。そして、翌年から鈴鹿でのF1グランプリ開催と宣伝の年でした。
これからは、F1富士になるということですが、今回の鈴鹿から富士への変更は、トヨタとホンダとの力の差という気がします。
富士でのF1での成績はトヨタとホンダどちらが強いか?ホンダには負けてほしくないですね〜。
狼の皮被ったハイエナ
2006/10/11 09:51
コメントありがとうございます
90年代初めごろの あのF1の熱狂はすごかったですね
しかし スーパースターの引退や セナの死などで
私の中での熱は 醒めていきました
あれも バブルが生んだ夢だったのでしょうか

F1といえども ビッグビジネスです
鈴鹿でやるよりは 江戸に近い富士のほうが
お金になりますからね
高校野球の聖地が 甲子園であるように
鈴鹿が 聖地となるには あまりにも
日本のモータリージネレーションの意識が低かったし
歴史が浅すぎましたね
残念です


なぎさの民俗学者
2006/10/11 19:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
F1 日本GP さらば鈴鹿 なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる