なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 四国 お遍路 (抄)  極楽寺  その4

<<   作成日時 : 2007/04/05 00:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

第二番札所 日照山 極楽寺
ここも 僧行基の開山です
やはり 戦国時代に長曽我部の軍勢により焼失しました

画像


霊山寺から 遍路をたどり 約30分ほどで 極楽寺山門へ 
境内の右奥に石段があり 登ると 本堂へ
 
 
画像


ここはまだ 人が多いですね まだ2番目ですから
大師堂に行く途中に 空海が自ら植えたという長命杉が
あります(空海お手植えというのもかなりあやしいけれど)

画像


これが お手植えの長命杉 もちろん 当時の杉が大きくなったのでは
ありませんが(植え替えて 何代目かの杉)


画像


大師堂の方も人が いっぱいです

基本的に 八十八札所の寺には 本堂と大師堂があります
巡礼修行している人は ここで納札を納め 納経(納経帳に印鑑)をします

遍路参拝には 一定の作法があり ただ単に拝んで回るというわけではありません
このような お遍路の形式や 弘法大師信仰が いつ頃からか出来たか
はよくわかりません
中世以降 全国を渡り歩いた 修験者や高野聖が 
弘法大師伝説を人々に説いて廻り
弘法井戸や 大師手植えの木 弘法腰掛け石などがいたるところに・・・
まるで 本当に空海が 全国を修行して歩いたみたいになっています

四国は 空海誕生の地であり 室戸 足摺の捕陀落信仰 石鎚山の修験道など
その後の遍路誕生の下地になったとおもわれます 


                                         つづく

お遍路  中公文庫
単なる 女性(高群 逸枝)の巡礼紀行ではない 今と違い まだまだ 男尊女卑が
あった大正時代  若い娘がひとり 旅に出る・・ その心情は 一読をおすすめします


お遍路 (中公文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
四国 お遍路 (抄)  極楽寺  その4 なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる