なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 大阪渡船場 めぐり その3 天保山渡船場

<<   作成日時 : 2007/05/06 17:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

天保山渡船場は 明治36年に 開港されました
桜島と天保山を結ぶ 約400メートルの渡しです


画像

桜島側の渡し場入り口です  初めてここに来る人は判りにくいと思います



画像

渡し場の待合室 30分毎の運行(時間帯 曜日により異なる)



画像

対岸の天保山 右側に海遊館 マーケットプレースの前には大型客船が そして大観覧車
夜は 夜景が素晴らしい



画像

風景を眺めているうちに 渡船がやってきました 
かなり大きな船で 人も 自転車も余裕でのれます
このあたりの風は 潮のにおいがします



画像

ほどなく 対岸の天保山に つきました
昔 利用客が多く 賑わっていた頃は 終日運行
してたのですが 昭和12年に転覆事故あったりして
今は夜8時以降は運行していません 




さて 次の渡し場へいくまでに すこし 登山を
天保山渡し場の裏が 公園になっていて そこに 有名な ”日本一低い山”
天保山(標高4.53メートル)があります
実は 天保山は江戸時代に安治川の 底さらいをしたときの土砂で出来た山で
やがて船の航行の目印としての山になり 天保山と号した(摂津名所図会)
もともと 20メートルほどあったのが 削られたり地盤沈下で現在の姿に
名所図会には この山で花見をしたりしているのが描かれていますが
さぞかし 茅ぬの海の眺めはすばらしいかったでしょう
 
画像

              天保山の山頂の二等三角標点 

天保山は現在国土地理院の地図(二万五千分の一)に記載されている山では一番
低いが それ以外にも 国土地理院に記載されている山では

蘇鉄山 大阪府堺市  一等三角標点(元御蔭山) 築山  6.8メートル
弁天山 徳島市方上町     自然峰   6.1メートル

があります どれを基準にするかで日本一低い山が変わります

                                             つづく その4 甚兵衛渡船場




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大阪渡船場 めぐり その3 天保山渡船場 なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる