なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 百済寺跡 国の特別史跡と古道

<<   作成日時 : 2007/06/02 14:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

  国の特別史跡 百済寺跡
大阪では ここと 大坂城が国の特別史跡に指定されています

画像

                         
淀川と天野川が合流する北東側の台地上に 渡来系の百済王氏が 奈良〜平安時代
かけて建立した寺院で 七堂伽藍をそなえた立派なものだった

画像

                       金堂跡
伽藍配置は 薬師寺伽藍(いうまでもなく西ノ京の)に似ているが 中門からの回廊が講堂
ではなく 金堂につながっている そのためか 薬師寺に比べるとひとまわり小さい

画像

                    中門跡と南大門跡

続日本紀によれば 百済寺を建立したのは 百済王臣(くだらのこにしきおみ) 敬福で
660年に新羅・唐の連合軍に敗れた百済王義慈の末裔といわれている
663年に再び 新羅・唐連合軍と今度は 日本・百済遺臣連合軍と白村江で戦ったが敗れ
先に亡命していた 百済王の王子たちをたよって大量の難民(一族)が日本にやって来た 

画像

                      金堂跡の礎石

画像

                         食堂跡
百済寺は 平安時代後期に一度焼失 鎌倉時代に一時復興したが また焼失
その後は 再建されないまま 土に埋もれ 雑木林になっていました
昭和に入ってから調査が始まり 昭和27年に 国の特別史跡に さらに40年には
全国で始めての史跡公園に・・


画像

                  発掘調査中の西塔跡

最近の西塔跡の発掘調査で 西塔跡の下層から 大型の建物跡が出土 百済王氏の邸宅跡ではないかといわれています  
このあたりに百済王氏の一大都市が形成されていたようです

百済寺の北側の禁野本町遺跡でも 百済王氏の邸宅跡らしきものが出土しています
これらの遺跡との関係で私が興味深く思っているのは 古道との関係です

画像

    百済寺を挟んで 東西に走るかなり古くからある古道
    青色は荒坂嶺越路  緑色は宇治往還(地図をクリックで拡大)

禁野本町遺跡では整然と並んだ建物と道路跡が見つかっています
この台地を通る2つの古道とこれら遺跡と関係はあるのでしょうかね

以前に枚方市文化財研究調査会の方と話をする機会があり 遺跡発掘調査の現状を
お聞きした時の返事は 古道や旧街道等の調査 発掘はやってないとのことでした

画像

          現在の 禁野本町遺跡付近の荒坂嶺越路

画像

         現在の 百済寺南大門前の宇治往還道(田辺街道)

画像

  百済寺と隣接する 百済王神社 百済王氏の氏神  百済寺と同時期に創建
     

百済王敬福(くだらのこにきしきょうふく)―東北経営の先駆者東大寺大仏造立の殊勲者  綜芸舎
聖武天皇から信任されていた 百済王臣 敬福は 743年に陸奥の国司に・・ 
自ら現地に赴き 東大寺大仏建立に 鍍金用の金が不足した時 陸奥から 金900枚を
献上したという


百済王敬福(くだらのこにきしきょうふく)―東北経営の先駆者東大寺大仏造立の殊勲者 (帰化人の研究 (第1集))

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
百済寺跡 国の特別史跡と古道 なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる