なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本人の一分  命を賭しても守らねばならぬこと

<<   作成日時 : 2007/07/02 20:49   >>

トラックバック 0 / コメント 3

久間 章生(1940〜)防衛大臣は
2007年6月30日 麗澤大学での講演で
長崎への原子爆弾投下について
日本を降伏させ ソ連の参戦を食い止める為との見解を示した
そして「原爆を落とされて長崎は無数の人が悲惨な目にあったが 
あれで戦争が終わったのだ という頭の整理で今
しょうがないなと思っているところだ」と述べた(7月1日付)

画像


1945年8月9日(木) 午前11時1分 B29から投下されたプルトニウム型原子爆弾が
長崎市松山町上空 約500メートルで炸裂 一瞬にして3万人以上が亡くなった

国家間の戦争で 戦略的にではなく しかも軍事施設および戦闘兵器の
破壊を目的とせず 無差別に人間に対して 核兵器が使われたのは日本だけである 
 
画像


広島 長崎の原爆について 私は何も語れません
数多くの本や映像を読んだり 観たり 広島の資料館も行きました
しかし 知れば知るほど 言葉では表現できなくなる

久間 章生さん あなた 東大を出ているんですね
一体なにを学んでいたのでしょう


「終戦日記」を読む NHK出版 野坂昭如
       昭和20年8月5日 広島の女学生・森脇瑤子さんは「一生懸命がんばろうと思う」
       と日記に書きその翌日、原子爆弾の犠牲となった
       私も森脇瑤子さんだけは さんを付けたいとおもいますよ 野坂さん



「終戦日記」を読む

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
久間章生防衛相は3日午後、首相官邸を訪れ、安倍首相に米国の原爆投下について「しょうがない」と発言した問題の責任を取って、防衛相を辞任する考えを伝え、首相も了承した。

辞任したけど まだ 納得がいかないみたいだが
ホントに昨今の政治家は どうなってるんだ


ほっとけねぇ〜
2007/07/03 19:04
広島や長崎に原爆を落とさないと 戦争は終わらなかったのですか
戦争を早く終わらせるためにアメリカが原爆を日本に落としたと
聞いたことがあります
ソ連も北海道に上陸して占領し ドイツのようになっていたとも
聞きました 
よくは わかりません 学校でも教えてくれません
「なぎさ」です
2007/07/03 19:17
日本はポツダム宣言の無条件降伏を
なかなか受け入れなくてズルズル
先のばしをするうちに原爆を落とされ
ソ連も参戦してきました
ソ連の参戦による関東軍の壊滅はよほど
堪えました
政府首脳はもはや自分たちで決められず
天皇に聖断を仰ぎました
無条件降伏を受け入れたにもかかわらず
陸軍の一部には 戦争続行を主張する者もいました
戦争が続いていたら ドイツのようになっていたかどうか
判りません 
米国とソ連はヤルタで戦後の取り決めを一応していました
なぎさの民俗学者
2007/07/10 18:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本人の一分  命を賭しても守らねばならぬこと なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる