なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 本能寺の変 焼け瓦見つかる

<<   作成日時 : 2007/08/08 20:58   >>

トラックバック 1 / コメント 0

京都市中京区池須町の旧本能寺跡で 1582(天正10)年6月2日の本能寺の変で焼けたとみられる大量の瓦や堀の跡が関西文化財調査会の発掘で見つかった
                                       (8日ニュース)

画像

             発見された本能寺の瓦  京都市文化財保護課        
 
これまで 旧本能寺跡らしき場所の発掘調査がおこなわれていましたが
これが 本能寺だ!という明確な 遺物はみつかりませんでした

本能寺文書(本能寺に関する資料をまとめたもの)によると
旧本能寺の位置は 六角小路と四条坊門小路 油小路と西洞院大路に
かこまれたところ 当時はまだ 平安京の坊条がかなり残っていましたので
それを 現代の地図に復元すると 本能小学校(1992年廃校)あたりになります

今回 堀も見つかり 本能寺が四方を掘で囲まれていたということの裏づけに
なりますね(映画やドラマでは堀がない!)
東側を西洞院川 西側に堀川が流れていて 南北が堀だったという説も
あります 

さて 本能寺の変の後 この寺はどうなったのでしょう
山崎の合戦で 主導権を握った羽柴秀吉は
柴田勝家を滅ぼし 小牧 長久手の合戦で 織田信雄を
講和に持ち込み 事実上の家臣にしてしまう
(徳川家康はここでは補佐 名目上の総大将は織田信雄)
 
ここに到って 秀吉は 信長色の払拭をする
旧本能寺の焼け跡は もちろん 片付けられていたにも
かかわらず もとの場所に再建させず しかも 信長の慰霊碑や
墓もここには作らせなかった

秀吉にとって 信長の神格化は邪魔だった?
更地となった 本能寺跡は その後・・・・

秀吉の豊国神社(豊国大明神) 家康の日光東照宮(東照大権現)とは
えらい違いです やっぱり 天下を取らないと・・・・

画像

               信長の果たせなかった 未練と怨念が・・・

織田信長合戦全録―桶狭間から本能寺まで (中公新書)
つい最近 最新刊 信長と消えた家臣たち―失脚・粛清・謀反 (中公新書)がでたばかり
の谷口 克広さんの本です 
織田信長合戦全録―桶狭間から本能寺まで (中公新書)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
徳川家康の名言
名言格言ことわざそして感動 徳川家康の名言 人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし。 急ぐべからず。 不自由を常と思えば不足なく心に望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。 堪忍は無事長久の基 怒りは敵と思え。 勝つ事ばかりを知って負くる事を知らざれば害その身に至る。 おのれを責めて人を責むるな。 及ばざるは過ぎたるより優れり。あまりにも有名な徳川家康の名言です。私の中では五本の指に入る名言です。この名言を素直に実行すれば、一生そつなく生きていけそ... ...続きを見る
名言 格言 ことわざそして感動
2007/08/20 00:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本能寺の変 焼け瓦見つかる なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる