なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS ミャンマー 軍事政権の武力弾圧 

<<   作成日時 : 2007/09/27 23:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

僧侶らの民主化デモが拡大し緊迫するミャンマー(ミャンマー連邦)に対し
国連をはじめとする各国からはミャンマー軍事政権(国家平和発展評議会 議長は
タン シュエ 1948〜)による武力鎮圧を批難する声が相次いだ  (26日付)

ビルマは 大変なことになっています
日本人のカメラマンが犠牲になったとの報道も入りました

1990年の総選挙で アウンサンスーチー(1945〜)率いる国民民主連盟(NLD)が
圧勝したにもかかわらず 軍事政権は議会を開くことを拒否 しかも スーチーを
自宅に監禁 国民 仏教徒の民主化運動をこれまで 弾圧してきました

すこし 考えたら 尋常じゃない国家のありかたなんだけれども
日本政府は アメリカに亡命中のミャンマー反軍事政権「ビルマ連邦国民連合政府」
を承認していません(1988年に軍事クーデター政権を承認)

小国 ミャンマーの軍事政権がこれほど のさばっていられるのも 大国の思惑が
あるから ミャンマーの場合は なんと言っても中国・・・・
軍事政権への経済援助と軍事援助 

ミャンマーの人々は民主化を望んでいるんだから・・このままでは終わらないで
しょうね



画像
                        アウンサンスーチー 
              ビルマ情報ネットワーク HP http://www.burmainfo.org/index.html
  
ビルマからの手紙  毎日新聞社
           この人はなんなのか? お父さんがビルマ建国の英雄だから?      
           使命感といってしまえば そうだが しかし その忍耐力と不屈の魂は
           世界が認めた・・・ 日本にも彼女のような政治家がいたら・・・
ビルマからの手紙

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミャンマー 軍事政権の武力弾圧  なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる