なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 大和三山 ふらふら探訪記 耳成山

<<   作成日時 : 2007/09/06 22:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

藤原宮跡でひと休み
木陰で 風が心地よい
もうひとふんばりして 耳成山へ 
藤原宮跡からは 目の前に見えています



画像

    藤原宮跡の背後?にあるため池の土手の道  春だと素晴らしい桜並木です




画像

            耳成山につづく道 やがて 醍醐の集落へ入ります




画像

現在の 初瀬街道(国道165号)を渡ると すぐに 旧初瀬街道(伊勢往還 横大路)を
横切ります  伊勢街道らしく 太神宮の石燈籠があります




近鉄の踏切をわたり 左側に古池を見ながら 耳成山公園から登山口へ
桜並木に囲まれている古池は もちろん 万葉の池ではありません 近世のため池です




画像

        耳成山登山口(火振り坂口) 左の石段は 山口神社への近道 
        右は山を回りこんで山口神社への道
        しんどいので右へいきます



画像

         毎度のことながら 誰もいません ゆるやかな道を歩きます




画像

       耳成山頂上  何もありません  
       明治41年の明治天皇大演習御征観地の石柱があるだけ
       三山の中では一番楽に登れます



耳成山・・・・139m  耳無山 耳梨山または 天神山とも呼ばれた
             きれいな 円錐形の山容から 巨大古墳 人工ピラミッド
             などといわれていますが  実際は地下マグマが地上に
             噴出しあとに 侵食されたものらしい


頂上から  急な坂道を降りたすぐのところに 耳無山口神社があります


画像


耳無山口神社・・・・・式内社 創建ははっきりわかりません というか 古くは
             天神社と呼ばれていました 山口というところから 山中にあるのは
             不自然で 延喜式内社に記載されている 山口神社は耳成山の麓
             にあったのではといわれています



これまで 別々に大和三山に登ったことはあったのですが 一度に 三山全てを
このくそ暑いさなかに登ったのは初めてです 疲れました ふらふらです

         
                                           つづく 次へ 番外編

 
新訂 新訓・万葉集〈上・下〉 (岩波文庫)
万葉集を原文でしか読まない という方には不向きです  わたしのような勤勉努力が
出来ない方 楽して万葉集をたのしみたい方はどうぞ 佐佐木信綱先生ありがとうございます
万葉集(一) (岩波文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大和三山 ふらふら探訪記 耳成山 なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる