なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都御所  その終  閑院宮邸跡

<<   作成日時 : 2007/11/25 16:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

京都御所の西南の角に 永らく非公開だった閑院宮邸跡があります
以前から気にはなっていたのですが 中には入れなかったので・・・
それが 去年(平成18年4月) 保存整備が終わり 一般に公開されることになりました
もちろん 入場無料
私も 今回が始めてです


画像

                  閑院宮邸 入り口の東門

閑院宮は 江戸時代の 四世襲親王家(伏見 桂 有栖川 閑院)のひとつで 
東山天皇(1675〜1710)の皇子 閑院宮直仁親王(1704〜1753)を祖として1710年創設
幕末に一時断絶したが 明治5年 伏見家から養子をむかえて存続
戦後の1947年 七代春仁親王が皇籍離脱して宮家は消滅 閑院家としては
春仁(純仁)が1988年に死去して断絶




画像

                    邸内より東門を望む

邸内の敷地面積は約9500u  主屋は中庭を囲む木造平屋建
延床面積は857.56u



画像

               東門横の復元築山



画像

              復元庭園

邸内東南に庭園の池が復元されています 以前は 雑木林状態で
わずかに 庭園と池の遺構が残っている状態でした
発掘調査により 最初の池が1700年代に造られたことがわかりました 
庭園整備にともなって 最初の池を復元したという




画像

                    主屋内廊下




画像

                 邸内 奥の土蔵


邸内は 収納展示室があり 閑院宮と京都御苑の歴史と自然が展示してあります


画像

                    邸内 中庭




画像

                                 
この閑院宮邸跡が宮家の住居として使われたのは 明治10年頃までで
その後 華族会館や裁判所に利用され 明治16年に宮内省京都支所になりました
その時に 旧閑院宮邸を取り壊し 再利用して新築したのが 現在 残っている
建物だそうです


    環境省 京都御苑管理事務所 HP  http://www.env.go.jp/garden/kyotogyoen/              
                                           おわり


語られなかった皇族たちの真実-若き末裔が初めて明かす「皇室が2000年続いた理由」  小学館
          図書館で借て 読んだのですが 悪いけれど 面白くなかった・・・・・・・・
語られなかった皇族たちの真実-若き末裔が初めて明かす「皇室が2000年続いた理由」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都御所  その終  閑院宮邸跡 なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる