なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 正倉院展  奈良国立博物館

<<   作成日時 : 2007/11/04 11:59   >>

トラックバック 2 / コメント 0

第59回正倉院展に行ってきました
この日は午後から野暮用があり午前中に奈良に行って
すぐに帰ってこないといけなくなり あわただしく奈良に向いました
近鉄奈良駅をでると 雲ひとつない青空 
奈良国立博物館に急ぎ歩きはじめます



画像

               登大路地下道を潜ります



画像

                  奈良公園の博物館への道
                途中 高野山の托鉢僧がいました


画像

             奈良国立博物館 これは旧館なので 新館の方へ回ります



画像

開館前なのに もう長蛇の列 これがいやなので 毎年の正倉院展に行くのを渋るんですが
とにかく 招待券を持っているので 最後尾に並びます (チケット買うにも長い列です)

待っている間暇なので 松江在中のs君が送ってくれた 
古代出雲の神社考の本(郷土史研究本)を取り出して読書
没頭して読んでいたので いざ 予定より10分早く8時50分に開館して中に入った瞬間
正倉院と出雲が頭の中で渦巻いていました 



主な展示物
画像

                     紫檀金鈿柄香炉(南倉)
    紫檀で作られた 法要のときに手に持って焼香するための香炉
    写真では 綺麗に見えるが 実物はかなり傷んでいます
    もちろん 西域風のものです


画像

                        羊木臈纈屏風(北倉)
      ペルシャ風の図柄ですが それを真似て日本で作った?もの
      国産の絹で ろうけつ染めをしています しかし 実物はよくわからいぐらい
      色あせています 当初は極彩色だった?


画像

                   花鳥背八角鏡(北倉)
       鎌倉時代に盗難にあった(盗んだのは東大寺の修行僧?の説あり)
       8枚の鏡のうちの1枚 落として割れたか 銀製かどうか調べようと
       割ったけど銀じゃなかったかして 東大寺の境内に捨てられてあった
       のを拾い集めて正倉院で保管して明治時代に修復 実物は痛々しい



画像

                   金銀平脱皮箱(中倉)
       革に漆を塗り重ね 金と銀の箔を 飾り模様に切り抜いたものを貼り
       さらに漆を塗り重ねて数日乾燥させて箔の飾り模様の上の漆を刃物で
       剥ぎとって金と銀の文様を浮かび上がらせる・・・・気の遠くなるほど
       手間隙かけてます  カビも生えずによく残りましたね


画像

                      青斑石硯(中倉)
         正倉院にひとつだけ残る硯です 残念ながら聖武天皇愛用の品という   
         ものではありません 唐からの輸入品で753年に有力貴族から
         東大寺に奉納されたものらしい


画像

 
画像(南倉)

     唐楽で使われる 管楽器ですが 雅楽で使われる 笙とは違います 
     よく似ているけど唐楽は雅楽のルーツです  どういう音が出るかというと
     笙より大きいので 低い音が出ます


     これら以外にも色々ありますが 私が興味をもったのは 正倉院古文書です
     地方の戸籍や税帳に記載されている 人名や歳 家族構成 職業 などから
     当時の庶民の生活がうかがえます

      尚 正倉院文書に関しては 大阪市大が事務局となって 正倉院文書の
      データーベースがWeb上で公開されています
    正倉院文書データーベース(SOMODA) http://somoda.media.osaka-cu.ac.jp/      

   急ぎ足で 第59回正倉院展を観てまわり すこし 時間に余裕があったので 
   旧館で常設展示の国宝仏でも観ようと思ったのがいけなかった


画像

                     新館から旧館へ

画像

                     旧館入り口

奈博の旧館を出て 帰途に就こうとふと 興福寺国宝館の案内ポスターを観ると
何年かぶりの 阿修羅像公開だって・・・・・・・・普段はレプリカばかりの国宝館だけど
私も実物にはもう何年も逢っていません・・・・観たい 逢いたい・・・・しかし時間が・・・

画像

                  また いつか 逢おうね・・・・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
奈良、興福寺 秘仏特別展と国宝八部衆一堂公開を訪ねて
秋の色に染まりはじめた奈良公園 荒池付近  久しぶりに妹と奈良へ出かけました。妹には、母のことでずいぶん世話をかけています。 彼女のための慰労旅行なので、少しだけゴージャスを心がけています。 ...続きを見る
時空を超えて
2007/11/18 10:51
正倉院展、始まる
また、今年も奈良の正倉院展が始まった。10月末頃から11月中旬に限られた期間で開催される。今年で、61回目の開催とのことで、今年は、あわせて天皇陛下御即位二十年を記念しているそうだ。どうしても、毎年、この頃になると、この正倉院展に行きたいと思うのに、なかなか日程の調整がつかずに、いけない。 この中には、9000点以上の宝物が格納されていて、その中から数十点が、この期間に公開されるので、中のものをすべて見るには、複数年、毎年いかないと全部を見ることができないらしい。やはり、日本人として、こ... ...続きを見る
気ままな毎日
2009/11/03 11:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
正倉院展  奈良国立博物館 なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる