なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都御所 秋季一般公開 御所内 その壱

<<   作成日時 : 2007/11/15 01:32   >>

トラックバック 0 / コメント 1

京都御所の中に修理中の 宣秋門から 20年ぶりに入ります
宣秋門は 実際に参内する 昇殿人がここから入りました
入るとすぐに 御車寄です  ここが御所の玄関口です

画像
 
                    御車寄

すでに この場所で 人が溜まっています


画像

           何かと見れば 衝立 「岩に唐鳥図」林葵山画
           を熱心に見ています  




画像

             御車寄を過ぎて すぐとなりが 諸大夫の間だけど
             な なんと 奇妙な マネキンが・・・・諸大夫の間に置かれています
     
諸大夫の間は 正式に参内した人が 上位の者と面会する前に控える所で
江戸城と同じように 格式によって 控える部屋が違っていた
                       (御所は 3段階  江戸城は8段階)
そういう説明もなしに 和舞?をするマネキンがあったりして 昔から変わって
いませんね 外国の方もいるのに 恥ずかしくなります・・・

そして 控えの間から 呼ばれた人は もう一度 御車寄(玄関)の廊下を通り
荻壷の庭をまわりこむ廊下を渡って 小御所で上位者と対面しました

さらに 見学順路を進むと またしても 驚きました!!

画像

                  新御車寄の入り口にわざわざ 台を置いて?
                  またしても訳のわからないマネキンが・・・・
                    (よく判らない人は 写真を拡大してください)
  
新御車寄は 1915年の大正天皇(1879〜1926)の即位の御大典の時に造られた玄関で
それ以後 天皇皇后の正式の玄関になっています
見学者に それなりに御所の平安時代?の雰囲気を味わってもらおうと いたるところに
マネキンを置いているのだが・・・・・安物のテーマパークみたいになってます


                                       つづく


大正天皇 (朝日選書)
歴代天皇の中でも 一番好きな天皇のひとりです しかし なんといっても 短い生涯だし
戦前の明治 大正時代という菊のカーテンに隠されていたことで あまりにも 完全な資料が
少なすぎて いろんな意味で誤解を受けていますが・・・  
でも いいじゃないですか遊び心のある人でかわいい・・・ 
私が天皇だったら権威主義者にあてつけで もっとたくさん馬鹿なことやりますけど・・・


大正天皇 (朝日選書)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。京都御所の記事、いつも楽しみにしています。今回の「マネキン」のところ読んでいて、おかしくてクスクス笑ってしまいました。本当に、おっしゃるとおり、御所は日本を代表して品位を保つ必要があります。それから、以前の正倉院展のなぎささんの記事にとても感銘を受けて、展覧会と興福寺にも行ってまいりました。失礼ながら、TBを送らせていただきました。次回の御所の記事を楽しみにしております。
Starsapphire
2007/11/18 10:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都御所 秋季一般公開 御所内 その壱 なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる