なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS スーパーコンピューター何処にゆく

<<   作成日時 : 2007/12/10 21:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

独立行政法人が今 とかく問題にされていますが
独立行政法人理化学研究所が 2006年から始めている
「世界最高性能のスパコン作るぞー!」事業はどのくらい進んでいるのかしら?

1154億円の予算を投じて 毎秒10ペタフロップスの演算処理が出来る
次世代スパコンを平成12年までに稼動するというのだが・・・・・
10ペタフロップス・・・・10000兆回の演算処理 つまり 1京回ってこと

先月 発表されたスパコンの演算処理性能ベスト500(世界ランキング)
年に2回発表されるランキングTOOP10から日本が消えて久しいです
思えば 2002年から約2年あまり ナンバー1だった 海洋研究開発機構の
「地球シュミレーター」NEC社56.4テラフロップスは すでに16位です(2007年11月)

演算処理が早けりゃいいというわけじゃないが 世界のランク落ちというのはなんかね・・・
世界中でものすごい スパコン開発競争が行われているわけだし 
10ペタクラスのスパコンなどは次々に開発されるでしょうね
こうなると スポーツ競技です 金メダル獲れって 国家レベルで
韓国や中国も参戦してきたりして・・・・

ちなみに 現時点(2007年11月)でのナンバー1は
アメリカのローレンスバリモア研究所のBlue Gene/L(IBM社製)478.2テラフロップスです
改良を重ねて前回の280テラからものすごいパワーアップです

画像

                      Blue Gene/L              米IBM社



「地球シュミレーター」も近々 今の演算処理の3倍の改良に乗り出すそうです
しかし 3倍でも100テラ程度だもんね・・・

かたや アメリカでは使われる半導体(セル)がPlayStation3に使われているものと
同じだと話題になった核兵器シュミレータースパコン「Roadrunner」(1ペタフロップス)も
来年の夏頃には完成予定とのことです(米エネルギー省核安全保障局の発注)

ある人いわく もうスパコンのCPUプロセッサはほぼ行き着くところまでいった観がある
あとは 金と時間と場所だ・・・・・ということです・・・ムーアの法則?

                     世界ランキングTOP500 http://www.top500.org/


プロジェクトX 挑戦者たち 第V期 国産コンピューター ゼロからの大逆転~日本技術界 伝説のドラマ~
               これは 本じゃありません DVDです 図書館で借りましょう
プロジェクトX 挑戦者たち 第V期 国産コンピューター ゼロからの大逆転~日本技術界 伝説のドラマ~ [VHS]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スーパーコンピューター何処にゆく なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる