なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 石清水八幡宮参詣記  その弐

<<   作成日時 : 2008/01/03 00:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

石清水八幡宮参詣のつづきです
二ノ鳥居から いよいよ表参道の石段です


画像

途中 石清水の名のとおり 山肌から清水が湧き出ています



画像

七曲がりをすぎて 少し息があがっています 写真もすこしブレました




画像

表参道・・・・ 「男山考古録」という資料によると 七曲がりからの
表参道は江戸時代の初め頃に整備された道で それ以前の古道は
松花堂跡を通る東谷道というのが表参道だったという


画像

影清塚の横から別れる旧表参道(東谷道) 源頼朝も登った?
この先に 松花堂跡(泉坊)があります 残念ながら 正月の間は
この道は通行止めになっています
現在 松花堂と泉坊書院は 東高野街道沿いの東車塚古墳がある
旧井上忠継邸の敷地に移築されている

松花堂・・・・・・松花堂昭乗(1582〜1639)は 石清水八幡宮で出家した
         僧侶 1637年に隠居して 男山の泉坊に方丈を造り
         松花堂と称した ちなみに 有名な松花堂弁当は
         昭乗の考案ではなくて 「吉兆」の創始者湯木 貞一
         の考案(異説あり 大正7年泰勝寺で昭乗を偲ぶ茶会のとき
         に出された精進料理が始まりという)
         

画像

男山は山全体が鎮守の森として機能しています 自然林のなかに
樹齢数百年?かなという大木が・・・


画像

               豊蔵坊本堂跡
「男山考古録」によりますと 参道の周辺には 「男山48坊」といわれる
くらい宿坊が存在していましたが 明治の神仏分離でほとんどが廃絶
しました この豊蔵坊も 家康の厄除け像が祀られ 江戸時代を通じて
将軍家の厄除開運祈祷をおこなっていたのですが 今は・・・・


画像

                茶屋「鳩茶屋」
その昔 表参道には 何軒かの茶屋がありましたが 
現在 残っているのは この「鳩茶屋」だけです
ここで あま酒でも飲んでひと休み・・三ノ鳥居までもうひといきです

                          
                                つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
石清水八幡宮参詣記  その弐 なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる