なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 東高野街道 旧道探索 洞ヶ峠は今  その2

<<   作成日時 : 2008/01/14 14:13   >>

トラックバック 0 / コメント 2

東高野街道の洞ヶ峠付近の旧道探索のつづきです
国道1号バイパス 宅地造成 府道などで 洞ヶ峠は大きく姿を
変えています



画像

前回 行き止まりになったところからですが 先に進めないので
引き返して 府道(橋本=松井山手)に出ます
ここから 見ると 見事に削られています 白いNTTの無線塔と
わずかに残る竹やぶの間が旧高野道です 




画像

そして 府道をまたいで 反対側は 八幡霊園墓地になっています
ここも 本来の地形がわからないくらい削られています




画像

霊園墓地を横から見たのですが かなり削られています




画像

航空写真と古い地図をたよりに 旧道の位置を調べるのですが
ちょうど 霊園墓地の東側の崖上のあたりが旧道です
それらしい跡がありますが かなり地形が変わっているので
やはり旧道は消滅していると思ったほうがいいでしょう




画像

霊園墓地のはずれは 東高野街道と円福寺に行く道との
分岐があるところですが 地形が削られてなんの痕跡もありません
私が 昔 歩いた道は どこかわからないですね



画像

とりあえず 回り道をして峠の茶屋へ出ます
茶屋や 洞ヶ峠の案内板などがあり それなりの風情がありますが
国道1号バイパスの開通で 峠そのものが削られていて
このあたりまったく 昔の面影はありません




昭和49年ごろの航空写真です
         (国土交通省)http://w3land.mlit.go.jp/WebGIS/index.html
私が中学生の頃は この茶屋(当時はまだありません)から
吉井の円福寺の道標までの間 旧道は竹やぶの中の山道でした
昼間でも暗いし 人は誰も通らないさびしい道です



画像

       臨済宗雄徳山江湖道場円福禅寺
円福寺へ行く道は この峠の茶屋の裏で東高野街道から分岐しています 
今の霊園墓地の前を通り円福寺までいきます 
もちろん昔は 竹やぶの中の道でした

円福寺・・・・・天明3年(1783) 白隠四天王のひとり斯経禅師により開創された
臨済宗妙心寺末の修業道場である
山門座禅堂などを備えた伽藍は江戸時代末頃より整備されて
現在も多くの雲水が修業する専門道場です
本尊は釈迦如来ですが 達磨大師坐像が有名です
鎌倉時代の木像で大和国片岡山達磨寺から
八幡に移り石清水八幡宮社務田中家に秘蔵されていたもので
文化4年(1807)妙心寺海門和尚が譲り受け円福寺に安置した
三大達磨のひとつといわれています
達磨像としては わが国最古のもので
重要文化財に指定されている


旧道は消滅したまま 国道1号バイパスの脇を通り
現在の住宅展示場の裏側を通っていました
以前は住宅展示場は竹やぶで その脇に水路に沿って
旧道が残っていましたが 今は・・・・・


画像
 
住宅展示場の裏 わずかに竹やぶがありますが 東高野街道は・・・



画像

さらに行くと 切通しになった 旧道跡が現れますが
半分は 崩されています



画像

旧道の痕跡 


画像

旧道がわずかに残るのは ここまでです (写真右側)
昔は ガスの変圧器の横にはっきりと 旧道があったのですが 
住宅展示場の建設で先に進めなくなっています



画像

ここから先は 東高野街道は 拡張されて消滅しています
このあたり 高野道町が洞ヶ峠の終点としていいでしょう


画像

         東高野街道 ルート地図 その2
  
                              おわり

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
本日、2012年12月9日日曜日、石清水八幡宮の東麓から東高野街道を南下し、その後船橋川堤防と京街道を経て自宅に戻るという、楠葉一周ランをやったのですが、その折、洞ヶ峠付近がさっぱり分からず、苦労したところです。本ウェブリブログを読ませていただいて、諸々納得いたしました。詳細なレポート、ありがとうございました。m(_ _)m(^_^)v
テクのヱビス(テクテク歩く琥珀ヱビス)
2012/12/09 21:06
テクのヱビスさん コメントありがとうございます
洞ヶ峠という言葉(地名)が歴史の中で有名になりすぎ ひとり歩きしてしまって そこに行けば 何か史跡があるように往時を偲べるのじゃないかと思ってしまう歴史好き?の人がいます でも 実際に現地に行ってみると何も残っていません 私の詳細な?レポートで さらに洞ヶ峠の夢を壊した(笑)のじゃないかと思っていたのですが 感謝頂いてありがとうございます
なぎさの民俗学者
2012/12/12 17:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
東高野街道 旧道探索 洞ヶ峠は今  その2 なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる