なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 吉永小百合 まぼろしの邪馬台国

<<   作成日時 : 2008/02/13 20:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

吉永小百合(1945〜)の113本目の出演映画は「まぼろしの邪馬台国」(東映2008年度)だそうです 撮影製作は順調に進んでいるらしい? 
監督は 堤幸彦(1955〜)です 今回は宮崎康平(1917〜1980)とその妻 和子との共著で第1回吉川英治文化賞を受賞した同名本が原作です  
邪馬台国が長崎南部(島原地方?)にあったとして これがもとで一躍 邪馬台国ブームが起こりました  単なる 歴史解明本ではなくて 盲目になった宮崎康平を助けながら邪馬台国の謎に迫って行く夫婦の話です 
本を読むと こんな奥さんがいたらいいなとうらやましくなります・・・ いい・・や 今の嫁さんにふ・・不満があるって訳じゃないよ・・・・・(恐)  
しかも映画では 小百合ちゃん(私よりかなり 年上ですが)が奥さんに・・・・むふふふ



画像

       吉永小百合     キューポラのある街  日活 1962 


現在 「母べえ」松竹2008年(山田洋次監督)が上映されていますが  何を隠そう(別に隠していませんが) 私は自称「最後のサユリスト」です・・・・
悲しいかな 「サユリスト」の性(さが)か あるいは私だけなのか 出演する映画を観ても全て「吉永小百合」なんですね あまりにも存在感がありすぎて役柄に感情移入できないのです・・・・・
次作「まぼろしの邪馬台国」では 僅かなシーンですが 卑弥呼になる場面があるそうで 本人はやる気満々だそうです・・・・・最後のサユリストとしては複雑な気持ちです・・・・・・ 
  
 キューポラのある街  日活 
様々な社会問題を含んだ映画ですが それより 吉永小百合を観てほしい
原作は早舟ちよ(1914〜2005)です 私の家にあるのは 講談社文庫版です 現在は絶版になっているみたいです
キューポラのある街 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
吉永小百合 まぼろしの邪馬台国 なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる