なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 加茂岩倉遺跡出土の銅鐸 国宝に

<<   作成日時 : 2008/03/25 22:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

文化審議会(文部科学省 石澤良昭会長)は21日 島根県雲南市(旧加茂町)の加茂岩倉遺跡から1996年に出土した銅鐸39点 (文化庁保管 現在島根県立古代出雲歴史博物館で展示中)を国宝に指定するよう渡海紀三朗文部科学相に答申した  (22日付)

銅鐸が国宝に指定されるのは6月上旬頃? で 古代出雲歴史博物館では5月31日から特別展を開催するという

画像

     加茂岩倉遺跡出土 銅鐸群     島根県教育委員会



やっと 国宝指定ですか・・・・  考古資料の国宝指定は件数が少ないですから 数で勝負ですね

国宝指定の銅鐸たちは今現在 下記の3件 

画像

桜ヶ丘出土銅鐸 銅戈群  (1964年 神戸市灘区桜ヶ丘町出土)
                                神戸市立博物館蔵



画像

伝讃岐国出土 袈裟襷文銅鐸  (江戸時代 香川県出土)
                                東京国立博物館蔵




画像

荒神谷遺跡出土 銅鐸群  (1985年 島根県簸川郡斐川町出土)
                       文化庁蔵 荒神谷博物館展示



一体 銅鐸とはなんだろうね  
銅鐸 ・ 銅剣 ・ 銅矛 ・ 銅戈 などの青銅器を祭祀に使っていたといわれているが 鏡や剣をご神体にした祭祀は続いているのに 銅鐸に関しては3世紀までには 姿を消しています 最初は音を出すための鐘のようなものだったはずで しだいに神聖化してくると 音そのものを出す(聴く)ことがタブー視されてきて それにともない巨大化してきた? 
3世紀ごろ作られなくなり 突然 地下に埋められてしまい その後の大和朝廷は 銅鐸に関して何も知らない(記憶がない?)・・・・ 
三種の神器が 鏡と剣と銅鐸だったら・・・


追伸
国の文化審議会が国宝に指定するよう答申していた島根県雲南市の加茂岩倉遺跡から出土した銅鐸39個が 官報告示され 正式に国宝になった (2008年7月10日)



対論 銅鐸 學生社
銅鐸について書かれた わかりやすい文庫や新書がないので 森先生のこの本は入門書としていい本です
対論 銅鐸

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
加茂岩倉遺跡出土の銅鐸 国宝に なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる