なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 星降る里探訪記 星田妙見宮へ その1 

<<   作成日時 : 2008/03/11 23:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

日本時間の11日夕方 ケネディ宇宙センターから スペースシャトル エンデバーの打ち上げが無事に行われた  宇宙空間に行くことが それほど技術的に難しくなくなったとはいえ 関係者の方々は発射してから しばらくは緊張していたことでしょう

今のような科学的(近代宇宙論とでもいうか)な理屈で星空を見ていなかった古代の人々には星や太陽 月 流れ星をどういうものととらえていたのだろうか・・・
そんなことを考えながら 星降る伝説が残る里をぶらぶら歩いてみます

場所は 大阪東北部 交野市星田 名前からして星がついています このあたりは天の川という川が流れ 織姫 彦星の七夕伝説があります 全国的に七夕祭りというのは行われていて 「全国七夕サミット」なるものまで開かれて昨年(2007年)は交野市が主催しました(枚方市と共同)

七夕については考古学的 民俗学的考察が色々あるのだけれどそんなむつかしいことはさておいて ぶらり歩きだします


画像

JR学研都市線(片町線)星田駅で降りると 駅前を東高野街道が通っています そこから 星田妙見宮に向かう道に出てしばらく行くと 江戸時代の妙見宮参拝道を示す道標があります
道標の示す方へ歩きます



画像

すぐに 四辻にでます ここは東高野街道から別れて星田神社を通って妙見宮へ行くもうひとつの道と交差するところです 


画像

               江戸時代の道標 大坂 妙見 道 
星田妙見宮に参拝するための参拝道は 江戸時代から整備されて 大坂方面からは野崎参りと合わせて 古堤奈良街道や東高野街道 河内街道沿いに妙見宮の道標が残っている

さて このまま妙見宮に行かないで 星田神社の方へ寄り道してみましょう


                               つづく  その2へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
星降る里探訪記 星田妙見宮へ その1  なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる