なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 能勢紀行 その5 妙見宮から能勢の里へ

<<   作成日時 : 2008/04/13 00:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

妙見大菩薩の霊験あらたかなることは 様々な例証をもって示せます その 1.2を挙げれば 明治維新の志士 勝海舟(でも海舟は上位の幕臣 志士とは違うんじやないの?)のあの働きのあったのも 父小吉が妙見大菩薩の熱烈なる信仰のおかげです・・・・・  また 王将の歌で有名な坂田三吉が将棋の勝敗を決しての信仰を求めたのも妙見大菩薩で・・・・ 霊境と自然を求めて是非一日を能勢妙見山へ!!  「能勢妙見山 無料パンフレットの縁起から抜粋」

というわけで ありがたい「霊境と自然」の境内を散策します それほど 広くはないけど

画像

寺務所兼祈祷待合所横に立つ 杉の古木

画像

祖師堂(棲神殿 せいしんでん)右側 


画像

本殿(開運殿) 慶長10年能勢頼次によって草創され 天明7年能勢頼直の本願によって再建された 明治28年に大改修された 内陣の御宮殿には開運の守護神である北辰妙見大菩薩が祀られている


画像

経堂・絵馬堂 寛政8年 能勢頼直の建立



画像

鐘楼・梵鐘 鐘楼の建築年代未詳 梵鐘は寛永4年鋳造 宝暦4年に一部修復 高さ約1.5m厚さ8cm


画像

                                    祥雲閣へつづく道  



画像

                                     境内


                                 つづく   その6へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
能勢紀行 その5 妙見宮から能勢の里へ なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる