なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 柳生街道 その3 滝坂の道

<<   作成日時 : 2008/05/11 00:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「柳生街道」のつづきです 一体いつになったら 「柳生街道」を歩くんじゃ〜とお叱りの言葉が聞こえそうですが  元気なうちは まだもう少し 寄り道させてください



画像

「破石町」のバス停をすぎて すぐに・・・でもないけど 志賀直哉(1883〜1971)の旧居への案内がさりげなくあります この路地を100mほど行った先にあります 志賀直哉自らの設計によるという感じのいい建物です この建物を見学して感じることは 当時の成功した知的高等遊民のライフスタイルを今の時代に再現することはもう誰も無理だろうということです・・志賀直哉の尾道の旧宅にも行ったことがあるけど いいところばかりに引越してますね 志賀直哉というと 私には変人というイメージがありますが・・・



画像

道がやや傾斜しています 春日山山麓に近づいています



画像

すると 今度は 新薬師寺への案内 次から次に さすが古都奈良です ちょっと 右に曲がって本当に寄り道してみます




画像

曲がって すぐに 新薬師寺の東門(鎌倉時代 重文)があります  拝観はこの先を左に曲がって南門から でも今はまだ 朝早いので開いていません 
新薬師寺は747年建立の勅願寺です 建立間もなく落雷で伽藍が焼失 創建当時のものは食堂(現本堂)だけが残っています  本尊は薬師如来座像(平安時代 国宝)ですが 新薬師寺といえば 十二神将 塑像(奈良時代 11体のみ国宝)が有名ですね



画像

新薬師寺 南門前から白亳寺に到る 山の辺の道


画像

新薬師寺から戻る道で いたるところになにやら落ちています よくみると 鹿の糞です 観光客の集まるところはよく知っているのでしょう このあたりまでやって来るんですね



画像

再び 旧道に戻ります 山並みが間近になってきました


画像

道が二股に分かれているところに 東海道自然歩道の道標が・・・ 「柳生街道」全線にこの道標が完備されているので 道に迷うことはないけど 東海道自然歩道が「柳生街道」を正確にトレースしているかどうかは?です・・・・ 
滝坂道は右側


画像

いよいよ 街道らしくなってきましたね 


画像

途中にある休憩所?  以前(6〜7年前)家族4人で 柳生街道を歩いた時に ここで昼食を食べました 当時は子供たちも小さくて 柳生の里まで歩くというとんでもない試みは 円成寺の手前で頓挫しました この場所でお昼だったのだから・・・・ 今回はその時のリベンジの意味もあって とにかく最後まで歩き通そうと思います


画像

といっても まだまだ 滝坂道の序の口の前段階・・です  猿沢池から歩きはじめて 1時間 午前9時です

                                          つづく  その4へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
柳生街道 その3 滝坂の道 なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる