なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS くいだおれ太郎 見物記 その2 法善寺から道頓堀へ

<<   作成日時 : 2008/06/18 00:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

というわけで 千日前から ビッグカメラ横の細い路地を通って 千日前通りに出て そこを渡り 南OSプラザの横の路地を行くと 法善寺門前に着きます



画像

浄土宗天龍山法善寺・・・・ もともと 京都山城の宇治郡北山村にあったという 開山は琴雲(1615〜1686) 1637年に現在の場所に移ってきた 1852年に一度 全焼したが 1855年に再建された しかし 空襲で再び 焼失 今は金毘羅堂と不動尊だけが残る




画像

法善寺にある金毘羅堂  どうして?金毘羅さんがここに? 実はこの「金毘羅さん」は もともと西横堀木綿橋東詰北入西側(現在のアメリカ村の四っ橋筋側)にあった讃岐金毘羅出張所が 明治12年?に移転してきたもの 道頓堀からは讃岐金毘羅参りの船が出ていたという 現在はお堂だけが残っている




画像

有名な「水掛不動」さんに 水を掛けようとする善男善女が列をなしています ほとんどが観光客ですが・・・





画像

西向不動明王・・・お参りの人々が多くて正面から写真が撮れなかったのですが・・・難波新地の有志が発起人となって 明治44年に旧寺内の一角に建立されたもの  最近 手前にある制多迦童子の石像がこころない人によって倒されました 水をいつ頃から掛けるようになったかは はっきりとわかりませんが 戦前には始まっていたといいます
法善寺にある由来書には「戦前には、最初、お供えの意味で、水は、生きとし生けるものの命の元になる、大切な水を供えていただけであったが、有る女の人が、拝んで居られる時に、お不動様に縋る思いで「水掛不動さん、願いを叶えて下さい」と水を掛けられ、その時より水を掛けられるようになった」と書いています




画像

                           西向き法善寺山門





画像

法善寺横丁(町)・・・・戦後 法善寺の境内の露天から始まった ここは 大阪のコテコテの繁華街の中にあって 落ち着いた雰囲気のする場所です 2002〜3年にかけて2度も火災にあいました 今は修復されていますが 以前とは何か違うような気がするのは・・私だけでしょうか・・・ 横丁の看板の文字は3代目桂春団治







画像

横丁奥  夜になるとまた いい雰囲気になります 若いころ よく串かつのお店に連れていってもらったことがあります ちょうどバブルになる頃で 当時大阪の街も浮かれ賑わっていました・・・・バブルの最後は 法善寺横丁にある織田作の文学碑「行き暮れてここが思案の善哉かな」をもじって「行き暮れてここが思案のバブルかな」でしたね







画像

法善寺から 道頓堀に出ます   相合橋より道頓堀川を望む  

道頓堀川・・・1615年に安井成安(1533〜1615)らが開削した 東横堀川と木津川を結ぶ運河





画像

いわゆる 繁華街「道頓堀」 100メートルほどの間ですが ワンサカと人がいる




画像

ようやく見えてきたくいだおれ人形の前には 人だかりが





画像

くいだおれ人形こと「くいだおれ太郎」 この頃 メディアに露出する事が多くなって 全国的な有名人(形)になりました この場所で見られるのも来月8日まで?とか・・・たくさんの人たちが記念写真を撮っていました
私が昔から見慣れてきた くいだおれ人形より 今の方が 何か 垢ぬけて見えるのは気のせいでしょうか・・






画像

じっくりと くいだおれ人形を目に焼き付けて 心斎橋筋を後にします






画像

いわゆる グリコのネオン広告・・・  戎橋から


                                       おわり

夫婦善哉東宝ビデオ   森繁久彌 淡島千景 主演の1955年度作品 監督は豊田四郎  最初に見たとき(もちろん後のTV放映で) 法善寺境内が出てくるのですが 実際の場所でロケしたんだろうと思っていたのですが 気になって 後にビデオで確認したら なんと 全て セットでした しかも戦前の法善寺境内を忠実に再現しています 名作?ですので 法善寺に行ったことのある方はぜひ観て下さい
夫婦善哉 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
くいだおれ太郎 見物記 その2 法善寺から道頓堀へ なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる