なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 怪談 幽霊 百物語 眠れぬ夏の夜の怪・・・・・

<<   作成日時 : 2008/08/15 00:50   >>

トラックバック 0 / コメント 3

間違えてこのページを開いた方・・ 偶然このページにたどり着いてしまった方・・・運命だとあきらめて以下 背筋も凍る怪談話にお付き合いいただきましょうか・・・あっ・・あわててページを閉じようが PCの電源を切ろうが無駄ですよ ほら あなたのうしろに・・・もう・・いますから

画像右の絵は有名な円山応挙(1733〜1796)の幽霊画「お雪の幻」 UCB寄託 個人蔵 です  あまりじーっと見ないで下さい 目が動きますよ・・

以前 大阪で円山応挙展が開かれた時に友人Aと観に行ったのですが 数々の応挙作品が展示してある中でやはり 応挙の幽霊画の展示スペースは独特の雰囲気がありました もちろんこの「お雪の幻」も里帰りしておりました

Aは いたくこの画に魅せられたようで「昔から 幽霊の絵を掛けておくと魔よけになる」といって帰りのグッズ売場でこの「お雪の幻」の複製画を買い求めていました・・・
それから しばらくしてAと会った時にAがこんなこと言ったのです・・・以下Aが語った話です・・

複製画を買って帰ったのはいいがどこに置こうか迷ったという 奥さんは「気味悪がってそんなもの飾らないで」という・・仕方ないので 魔よけというわけで玄関脇の廊下に掛けてある絵の額の裏に張り付かせた・・
それから しばらくして応挙の複製画のことも忘れていると 奥さんから 昼間ひとりで家にいると誰かひとがいる気配がするという 廊下を誰かが歩いているという・・・Aは気のせいだろうとあまり相手にしなかったが後にA自身が身の毛もよだつ体験をすることになるのだが・・・

奥さんが急用で実家に帰っていた夏の日の夜のこと Aもひとりで気楽なので 後輩たちに「家に遊びに来てもいいぞ」と言っていたので そのなかのひとりが すこし酔っ払って訪ねてきた 玄関先で「よく来た 上がれ上がれ」と後輩に言ったのだが 後輩は玄関に立ったまま解せない顔をする そのうち 酔いも醒めたかのように 「いや・・やっぱり失礼します」といって慌てて帰ってしました おかしなやつだなと思いつつ 次の日に仕事場でその後輩にきのうのことを聞くと 「先輩もひとが悪いですよ ひとりだと言うから来たのに 奥さん居たんですね 先輩のうしろの廊下のところに立って 物凄く怖い顔して睨んでいたんで 何か怖くなって帰ったんですよ」

その話を聞いてAも不思議な気味の悪い話だと思ったけれど 後輩の見間違いだぐらいですませた・・・・
その日 家に帰ると 部屋の明かりが点いている 嫁さんが帰ってきたのだと思って ドアを開けようとすると鍵がかかっている 呼び鈴を押しても誰も出ない しかし確かに部屋の明かりが点いている おかしいなと思いつつドアを開けて中に入ると 廊下のところに背を向けて誰かがうずくまっている よくみると 嫁さんで肩を小刻みにして泣いているようだった どうかしたのかとあわててAが近づくと どう見ても 嫁さんじゃない 知らない女だった しかも 泣いていなかった かみ殺したように笑っていたのだ 誰だと思い 手で肩に触れようとした瞬間 応挙の複製画が頭に浮び その得体の知れない女は掻き消すように消えていた はっとわれに返ったときにAは 明かりの消えた真っ暗な廊下にひとり立っていたという・・・・・・ 



眠れぬ夜のための読書ガイド

画像百物語の怪談史 東雅夫 角川ソフィア文庫












百物語のことを詳しく解説 なかなか面白いですね 百物語は実は99話でやめるのが本当だそうです 最後までやって 恐ろしいことが起こっても江戸時代には保険がなかったからだそうです・・・・ウソ




画像怪異・妖怪百物語 -異界の杜への誘い 小松和彦  明治書院













怪異 妖怪大好きの民俗学者小松和彦が 日本各地の怪異 妖怪談を歴史的 文化的に解説 かといって難しくはないです 天狗から口裂け女まで 妖怪おたく学者ぶりが発揮されてます






画像新釈諸国百物語  篠塚 達徳   幻冬舎ルネッサンス














これぞ 江戸怪談話のエッセンスですね 現代の都市伝説に通じるパターンはもうこの時代に原型が出来上がっていますね







画像現代語で読む「江戸怪談」傑作選 堤 邦彦 祥伝社















時間がないし とても全ての江戸怪談話に目を通せないという方 最近出た新書ですが なかなかいい選定をしてありますので これを読めばいいでしょう







画像日本怪談集 幽霊篇 今野 圓輔 現代教養文庫










まだ 今のように怪談話の本が巷に溢れていない時代に 私ら怖いもの好きの少年たちは この本を何回も読み返したものです 非常に真面目に幽霊話を解説しています そこがまた怖い・・・・・・ちなみに妖怪編もあります

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
もう、勘弁してください。
夜中に独りで仕事が出来ないじゃないですか。
大神太郎
2008/08/15 20:39
今時の霊はPCを介して現われますからね
丑三時はPCに電源を入れないほうがいいですよ
あんまり夜遅くまで仕事しないように・・・・・
なぎさの民俗学者
2008/08/16 01:34
夜な夜な出て来てもらい痛い腰をもんでもらいたい
ねこのたまちゃん
2014/08/09 09:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
怪談 幽霊 百物語 眠れぬ夏の夜の怪・・・・・ なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる