なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 宇治ハイク 天ヶ瀬ダム〜志津川へ  その5

<<   作成日時 : 2008/08/22 01:07   >>

トラックバック 0 / コメント 2

白虹橋から天ヶ瀬ダムの雄大な姿を堪能した後 再び先ほどのダムの頂上へ向かう道に戻ります 急な登り坂をふうふういいながら登り切ると ダムの頂上です 脇に休憩所がありますのでひと休み・・・
さすがに このあたりまでは宇治からの観光客は来ませんね 穴場なんだけど

画像

       ダムの堤上は自由に通行出来ます  ここを通り天ヶ瀬森林公園へ向かいます   
 


画像

横から覗くと 怖いですね・・ 高さ73m 堤の長さは254mあります 1964年に完成 アーチ式コンクリートダム 

上方の小学生なら一度は遠足で訪れたことがあるはずで 何を隠そう(別に隠していないが)私もここに遠足に来た事があります 詳しくは憶えていないのですが ダムの内部?を見学中 ゴーッという発電機?の音が響いていました



画像

               反対側は ダム湖(鳳凰湖)になっています・・



画像

                ダム湖(鳳凰湖)  貯水量2000万㎥ 最大で2600万㎥




画像

             身を乗り出してもそう簡単に落ちることはないのですが・・・怖いです



画像

カメラを握りながら 少し身を乗り出して撮影 奥に見える橋は白虹橋 横の赤いレンガ造りの建物は旧志津川発電所  手前の白い建物は関西電力天ヶ瀬発電所(92,000kW) 




画像

                 誰もいないですね・・・・ ダムの上を向こう岸に歩きます




画像

               いるのは 頭上を旋回している 鳶が一羽





画像

               対岸にわたり 森林公園への道を行きます





画像

        この階段を昇った先が森林公園です・・・段数がかなりありそうです




画像

森林公園といっても 別段何があるというわけでもありません ただし森林公園の展望所からは眼下に今渡ってきた天ヶ瀬ダムの素晴らしい眺めが・・・ 結構登っています



画像

             さて 森林公園から 林道をぶらぶら歩いて 志津川へ 


画像

快適な林道を歩く事20分ほどで 志津川の集落が見えてきました



画像

一度 府道まで出てから 横道にそれて志津川出合の橋を渡り 志津川の集落への旧道を行きます 旧道の横を志津川の清流が流れています



画像

          若いカップルが志津川で釣りをしていました 水が本当にきれいですね

志津川は淀川水系の一次支流で伏見区の醍醐山山麓から流れ出し 天ヶ瀬ダムの白虹橋のすこし下流で宇治川に流れ込んでいる 暑いので泳いだらさぞ気持ちいいだろうと思い 私も下に降りて 川に手を入れてみてびっくり 冷た〜い いくら真夏でもこの水温じゃ・・・・


画像

                       志津川集落内の旧道  静かです               


画像

                   旧道脇に残る江戸時代の愛宕山の常夜燈


画像

集落の東で東海自然歩道に出合いました ここはちょうど東西南北の道の分岐点ですね 今歩いて来た南の道は宇治川へ出て川沿いに宇治市内へ  さらにここから北へ北上すると石山寺から瀬田唐橋西詰に 北東の道をとれば 三室戸寺から万福寺を経て旧奈良街道へ  現在東海自然歩道になっている道をとれば朝日山と仏徳山の中腹を経て宇治上神社から宇治橋の東詰に出ます
ここは最短で宇治市内に出る東海自然歩道を行こうと思います

                                    つづく   仏徳山〜展望台 その6へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
また、ぶらぶら歩きが始まりましたね。
今回は、宇治ですか。 平等院には行く機会がありましたが、天ヶ瀬ダムは知りませんでした。
こちらの、小河内ダムのようなものなのでしょうか。
続きを楽しみにしております。
大神太郎
2008/08/22 12:33
小河内ダムは大きなダムですよ高さも天ヶ瀬ダムの倍はあるでしょう 多くの村落を沈めたあの奥多摩湖を形成してますからね  それはそうと奥多摩湖にはドラム缶の橋がまだありますか? それに鷹ノ巣山にも登りたいな〜 もう日原街道からの縦走は体力的に無理ですが・・・・
なぎさの民俗学者
2008/08/22 21:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
宇治ハイク 天ヶ瀬ダム〜志津川へ  その5 なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる