なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒマラヤで 雪男の足跡 日本の捜索隊「撮影成功」?

<<   作成日時 : 2008/10/23 01:21   >>

トラックバック 1 / コメント 2

AFP通信(フランス)によると 日本人登山家7人の雪男捜索隊?(イエティ捜索隊2008 高橋好輝隊長)が 今年9月からネパール北部のヒマラヤ ダウラギリW峰(標高7661m)を42日間にわたって捜索 「雪男のものとみられる足跡を発見し、写真撮影にも成功した」という  (22日付)




                 左端 ダウラギリW峰 7661m    鐵's Public Gallery



高橋好輝隊長は発見した足跡について  「約20cmで、人間の足のような形だった」と話し 足跡はクマやシカ オオカミのものとは明らかに異なる形で 付近で古くから目撃談が伝わる雪男のものだと確信している」と語った

画像

          ダウラギリW峰で撮影された 雪男(イエティ)の足跡?   AFP時事  



捜索隊は今年9月21日から今月4日までの間に計3例の足跡を発見 いずれも人間の素足のような形で 約20cmだった 捜索隊の大西保隊員は「写真は数枚しか公表してないが実際には足跡はもっとあった 人間の足跡ではなくオオカミやシカなどの動物も標高4000mまでは来ない」と話しています
発見現場は標高6273mのミャグディ・マータから連なるグルジャ・ヒマール南東稜の4400〜4700m地点で付近ではこれまでにも足跡の発見やイエティ目撃が報告されており いわばイエティの“棲息地”?とされる場所といわれているらしい
高橋隊長は5年前の2003年9月にも イエティらしき動物のシルエットをこの南東稜で目撃していて 「人間のように2本足で歩き 身長は1m50cmくらいだった」という その時は姿を撮影することができず 今回は確固たる証拠をつかむためのリベンジだった
 
う〜ん こういう話はきらいじゃないですね 雪男(イエティ)がいるかいないかは別として 夢がありますね 昔 登山をしていて(もちろん雪山じゃなく夏山です) 仲間と山中でビバークすると 真夜中 静かなはずの山の中から 聞いたことがないような いろんな物音が聞こえてくることがあり そんな時 自分たち以外の何かがいると実感することがありました まだまだ 世の中には未知の生物が・・・いてほしい
             
雪男(イエティ)はネパール山岳民族のシェルパ族の言葉で「岩場の動物」の意味だそうで 近代になってからの古い記録は 1832年にネパールに駐在していたイギリス人B・H・ホジソンが当時 ヒマラヤのシェルパたちの間で語られていた野人の話をイギリスの生物学会誌に報告したもので これは聞いた話だけで何の物的証拠もなかった
ところが 1887年に今度は イギリスの探検隊のウォーデル大佐がシッキム州山岳地帯の標高5200m付近で巨大な足跡を発見し 世界に知られる“存在”となった そして ぞくぞくと 雪男や足跡の目撃例が続き ついに 1951年 イギリスの登山家 エリック・シプトンと医者のマイケル・ウォードがエベレストの標高6000m付近で長さ約31cmの雪の上の足跡の写真撮影に成功 その足跡は延々1600mも続いていたといいます

この写真は世界中に衝撃をあたえました・・・でどのくらい 衝撃をあたえたかというと なんとハリウッド?よりも早く 日本で「雪男」の映画が作られたのです



画像

                      獣人雪男    1955年 東宝         

舞台はヒマラヤじゃなく 日本アルプスです! 当時は日本アルプスに雪男がいたんですね 「ゴジラ」を作ったスタッフだけに 内容はともかく 特撮はいいですね 最後がハッピーエンドじゃない 雪男 可哀想です(これからの日本の高度経済成長を暗示か?)



で ハリウッドは1年後に↓をJerry Warren が制作しました
画像

                 ヒマラヤの雪男 Man Beast  1956年  THE FILMS OF JERRY WARREN
これぞB級(いやC級か)という映画です こちらはちゃんとヒマラヤが舞台になっています ヒマラヤへ案内するシェルパが雪男の一族だったという救いようもないオチ・・・というか コメントするのもアホらしくなります

注・・このブロブを書くために B級映画のコレクターで有名な?KAJIさんに「獣人雪男」「ヒマラヤの雪男」のVHSを見せてもらいました


さて 日本における雪男捜索は1959年に小川鼎三東大教授が結成した登山隊がエベレストで雪男捜索に出たのがはじまりだそうです  しかし未だに雪男(イエティ)の正体については 謎です 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
食べられるUMA マンモス
 緑道の超常現象オカルトのコーナーも一巡して、再びUMA(未確認動物)のはなしへと戻ってきた。 本日の舞台はシベリアからアラスカにかけてとなる。 生物界での新種の発見というのは、さほど珍しいことではなく、世界で毎日続いているのだが、私達UMAファンの醍醐味といえば・・・そう、絶滅したといわれる種族の生き残りの発見と保存だ。 こう書くとインディージョーンズのようにカッコいいが、なかなか映画のようには、うまく行かない。 ...続きを見る
緑道
2008/10/28 16:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。雪男(イエティ)、本当に実在するといいですね!私は雪男はもっと背が高い巨人のようなものなのかしら?と思っていました。この映画のような150cmほどらしいとか・・ちょっと残念。「雪男」の映画、新作が作られるといいのに、と思います。ヒマラヤの山中で何を食べているのか? 興味深いです。

新薬師寺は創建当時は大伽藍だったのですね。昔、訪れたとき、十二神将が素晴らしかったことをよく覚えています。 お寺じたいはふつうでしたが・・十二神将も創建時からあったのでしょうか? 奈良は大寺ばかりと言いますが、奈良時代はどのお寺ももっともっと壮大だったんでしょうね。今より貧しい時代によくそうした大伽藍をたくさん作ることができた、と不思議にも思います。 
サファイア
2008/10/25 21:09
サファイアさんこんにちは
「雪男」の新作映画は・・・どうでしょうね 「獣人雪男」はともかく「ヒマラヤの雪男」のリメイク?は勘弁してほしい・・そういえば「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」に雪男が出ていました かっこよかった しかし 雪男の存在の証拠が雪の上の足跡だけでしょう・・雪がなかったらどーすんでしょね もっと決定的な証拠がほしいですね

新薬師寺の旧境内の位置は奈良町のはずれで 町屋が立て込んでいて 元興寺同様なかなか全体の発掘調査が出来ません 今回は教育大学の敷地だったのが幸いしました 金堂跡は保存するそうです 十二神将は天平時代の作といわれていますが 創建時から新薬師寺にあったのかどうかわかりません 平安時代に金堂が倒壊した時に今の本堂に移したのかもしれませんね 昔は大きな物を作れば それだけいろんな意味で「功徳」があると思っている人がいたのでしょう 今でも 儲けている会社は大きなビルを建てていますね 貧しいのは今も昔も一般庶民で いつの世も権力と財力のある者だけが大きな物を建てられたのです 
なぎさの民俗学者
2008/10/26 12:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヒマラヤで 雪男の足跡 日本の捜索隊「撮影成功」? なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる