なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 篤姫の墓 初の一般公開  その他

<<   作成日時 : 2008/10/17 21:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

江戸の上野寛永寺が 天璋院篤姫(1836〜1883)の墓所を初めて一般に公開するという 公開は10月16・28日11月20・26日 1868年に鳥羽・伏見の戦いの最中に大坂から逃げ帰った慶喜が謹慎した「葵の間」も一緒に公開する
                                                    (16日付)

画像

                      天璋院 墓所  上野 寛永寺  1883年 


NHK大河ドラマ「篤姫」に便乗しての公開でしょうね 私には私なりの篤姫 和宮のイメージがあるのでドラマは一度も見るつもりはありませんが・・・これまで天璋院の墓所は関係者には公開していたらしいのですが まだ発掘調査はされていません  今後 発掘調査されると あの増上寺の和宮の墓所のように ガラス板写真(発見と同時に感光 何が写っていたか不明)や欠けていた左手首の謎というような新発見が天璋院の墓所でもあって 新しい篤姫の物語が書かれるかもしれないですね  しかし ここだけの話ですが・・・篤姫 宮崎あおい 和宮 堀北真希というのはミスキャスト?でしょう・・・これは100歩ゆずって(ゆずりたくはないが) 逆のほうがまだイメージ的にはいいと・・おもいますが・・・


NHK大河ドラマ「篤姫」つながりでもうひとつ話題を
小松清廉(帯刀 1835〜1870)といえば 坂本龍馬と親交があり 若年ながら薩摩藩の家老(実質薩摩藩代表職)を勤め 長生きをしていれば 明治政府で重要な役回りを担ったであろう人物だが この小松清廉が 坂本龍馬・お龍たちよりも10年早く 新婚旅行にいっていたという  (16日付)

画像

                         小松清廉(帯刀)       画像アーカイブ

鹿児島市のNPO法人「まちづくり地域フォーラム・かごしま探検の会」代表理事の東川隆太郎さんが 小松清廉の日記(鹿児島県史料集22巻 小松帯刀日記)を調べると 小松が妻のお近(千賀)と結婚して3か月後の1856年(4月23日〜5月6日まで 霧島市にある「栄之尾温泉」にお近と滞在したことが記されていたいう これは 龍馬たちよりも10年ほど早いので これが 日本最初の新婚旅行になるらしい・・・ 

鹿児島大学の原口泉教授は 「当時は夫婦旅行は珍しく 完璧に新婚旅行と言える」 と語り お近の父が病気療養のために同行していることについては 「小松たちは、外聞をはばかって養父を同行させたのかもしれない」と・・

東川さんは NHK大河ドラマ「篤姫」の放送以前は小松への注目度が高くなかったことから 「新婚旅行第1号」だと気付かれずにいたという

まあ 昨今 小松清廉(帯刀)について 直江兼続ともども再評価されてきていますが 日本の「新婚旅行第1号」だったとは知らなかったですね これまでずーっと坂本龍馬たちだったと ものの本には書かれていましたから・・・しかし 本当に小松や坂本は「新婚旅行」というものを理解していたのでしょうか? 幕末頃は西洋の文化や習慣が怒涛のごとく日本になだれ込んできた時代ですから その最先端にいた小松や坂本は ハネムーン(honeymoon)のことを聞き知っていたかもしれませんね

ここでものの本からもうひとつ新婚旅行(honeymoon)について・・・ ヨーロッパでは結婚式後一ヶ月間を honeymoon(蜜月)といい イギリスビクトリア朝の17〜18世紀頃から新婚旅行の意味として使い出したという honeymoonのhoneyの由来は古代ゲルマン民族?が飲んでいた蜂蜜酒?(英語ではミード:mead、フランス語ではhydrome)のことらしい 蜂蜜酒は薄めた蜂蜜をアルコールで発酵させたもので 結婚後30日間 新郎は蜂蜜酒を飲み子作りに励んだ習慣があったことに由来するという・・・そして 当時は略奪婚が一般的で 部落単位で生活していた頃は近親相姦を避けるために外部の血を取り入れる必要があり 他の部落から女を迎え入れるのだがこれが ひとつの儀式になっていて 略奪された側の部落は花嫁を取り返すために努力をし 花嫁を奪った花婿は自分の部落まで花嫁を抱きかかえて逃げ切る必要があった 花婿は追っ手から逃げ延びることで 男らしさを誇示し 花婿にふさわしい男として認められた 逃避行するための力を得るために蜂蜜酒を飲んだとされる そして この逃避行が新婚旅行の原点?という
ちなみにジューン・ブライドは、6月に結婚した花嫁は幸せになるというヨーロッパの伝承でローマ神話で結婚を司り 英語の6月の語源でもある女神ジュノーにちなむとされています

ゲルマン民族にかかわらず 少数の部落単位で生活する人々は 略奪婚?をしていますね 有名なところで言えば「元朝秘史」に書かれているチンギス・ハーン(?〜1227) チンギス・ハーンの母親は 父親がメルキト族から略奪して来たという 後にチンギス・ハーンが姻族オンギラトからボルテを花嫁としてもらうと 今度はメルキトがボルテを略奪しましたよね 
  
日本は 略奪婚がなかったのかというと 夜這いという風習がそれに近いかもしれません もっとも 平安時代は女を略奪された男は情けなくて 「鬼にさらわれた」と言ったとか言わないとか・・・ 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
略奪するより、略奪されたい。
大神太郎
2008/10/18 16:47
力の強い女性が お望みでしょうか?
私は か弱い女性に夜這いされたい(ウソ)
なぎさの民俗学者
2008/10/18 20:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
篤姫の墓 初の一般公開  その他 なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる