なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都御所ゆかりの至宝 京都国立博物館

<<   作成日時 : 2009/01/26 02:20   >>

トラックバック 0 / コメント 2

この時節 上方では寒さが日々 厳しくなってきております 皆様方の 御地方ではいかがでしょうか・・・ 世界に目を向ければ イスラエル王国の時代から争いごとが絶えないカナンの地での戦闘が一応 終結しましたが ・・なんとかならないのでしょうか かの地の状況は・・・・・
一方 亜米利加に目を向けると 新しい大棟梁・・いや間違い・・大統領が無事 就任しました 就任式は盛大でカッコよかったですね・・・どこかの国のおバカキャラの人(失礼!)とは・・・・・・・



画像

                     特別展覧会 御即位二十年記念
                     「京都御所ゆかりの至宝−甦る宮廷文化の美」  京都国立博物館
                         期間」平成21年1月10日(土)〜2月22日(日)
                          

さて 御託はこれくらいにして 京博の特別展覧会です 「また 京博かよ・・京博の廻しもんじゃねえのか」という方がいるとおもいますが 「冗談じゃないよ わたしゃ決っして 廻し者じゃございませんよ(3代目志ん朝風に)」


今上天皇 御在位20年目ということで 昨年の京都御所障壁画展にひきつづき 今回も京都御所 または 御所にゆかりのお宝物を展示しています



画像
      
                        十二単 江戸時代 霊鑑寺蔵

東福門院和子(1607〜1678)御料の十二単のうち唐衣 表着 



画像

                  十二天像 水天 平安時代 国宝  京都国立博物館蔵

宮中で修法(密教の加持祈祷 護摩)の時に掛けた仏画




画像

                  蔦細道蒔絵文台・硯箱 桃山時代 宮内省三の丸尚蔵館収蔵

桂宮家に代々伝わってきた 蒔絵工芸品の逸品




画像

                  高倉天皇宸翰消息 国宝 平安時代 仁和寺蔵
            
高倉天皇(1161〜1181)が 仁和寺門主へ出した安産祈祷の礼状



画像

                  琴棋書画図屏風 山本素軒筆 江戸時代 宮内庁京都事務所

京都御所の清涼殿に置かれた 山本素軒(1706〜1659)の屏風



京都御所ゆかりの至宝と呼ばれているものの 実際 御所内に残されているものは少なく 当然ながら ほとんどが宮内省なり各博物館などで管理されています


これから 京都に行かれる方は 防寒の準備をしっかりとして下さい 京都の寒さは半端じゃないですよ 私は以前 厳寒の時期に二条城に撮影に行き 寒さのために指がかちかちになり カメラのシャッターが押せず 一枚も撮らないで帰ってきたことがあります・・・・・ので

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
遅くなりましたが、おけまして おめでとうございます。 しばらく、日本を離れていました。 南半球は、真夏ですよ!!! 真夏のクリスマスなんて、滅多に経験できませんからね。 日本に帰ってきたら、こちら(東京)も寒くて、インフルエンザにならないようにお互い気をつけましよう。
大神太郎
2009/01/26 09:10
おめでとうございます 無事のお帰りで何よりです
真夏のクリスマスというのはいいですね 北半球にいる限り 滅多どころか経験できませんからね 私は赤道を越えたことはあるのですが 南回帰線はまだ越えたことがないんです 一度 真冬のお盆を経験したいですね

なぎさの民俗学者
2009/01/27 22:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都御所ゆかりの至宝 京都国立博物館 なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる