なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS シェークスピア生前の肖像画を発見

<<   作成日時 : 2009/03/13 21:14   >>

トラックバック 0 / コメント 2

英国 ロンドンで9日 バーミンガム大学((University of Birmingham)のスタンリー・ウェルズ教授(シェークスピア研究)は シェークスピアの生前に描かれたと見られる肖像画が英国のコブ家がアイルランドに所有する屋敷で発見されたと発表した   (10日付)


画像

                     発見された肖像画      Reuters 2009



私たちがよく 知っているシェークスピアの肖像画(フラワー・シェークスピア)は シェークスピアの死後 デスマスクなどをもとに描かれたと見られて 今回 見つかった肖像画は 「シェークスピアが46歳だった1610年に パトロンのサウスハンプトン伯が描かせた可能性があり 生前に描かれた肖像画として確認できる おそらく唯一の絵」とウェルズ教授は話している コブ家はサウスハンプトン家の親類だそうです

画像

                        フラワー・シェークスピア
「2005年に英国の国立肖像画美術館の調査でこのフラワー・シェークスピアが 生存中のものではなく シェークスピアの死後200年を経過してから描かれたものだと公式発表」したことがありましたね・・・・・・



現在のシェークスピア(William Shakespeare 1564?〜1616?)の研究がどこまで進んでいるのかわかりませんが 昔から シェークスピアは実在しなかったとか 別人だったとかの説がありました

知られているように シェークスピアはストラトフォードで法律家の見習いをしていた若い頃 旅回りの劇団の演じる舞台を観て感動し そのまま 劇団と一緒にロンドンに赴き 劇団付きの馬番などをしながら 役者兼座付きの作家になり やがて ロンドンで有名になっていく・・・ということですが ロンドンで 「シェークスピア」という名前が一般に知られるようになるまでの前半生のいきさつを証明する資料がまったく存在しておらず しかも 最初は匿名で作品を発表していたので 印税が支払われていないにもかかわらず 生まれ故郷のストラトフォードに豪邸や農地を購入しているとかで ストラトフォード・アポン・エイヴォン生まれでロンドンで役者などをやっていた男 W・シェークスピアは 本来のシェークスピア名で発表された作品の作者じゃないと主張する人々(反ストラトフォード派(anti-Stratfordians 別人説を唱える人たち)がいます

とにかく シェークスピアに関すること(現在に至っても自筆原稿 書簡が現存しておらず 遺産や2次資料が極端に曖昧で少ない)については 当時から謎の部分があったらしく 作品の真の作者探しがおこなわれていたらしい
極めつけはストラトフォードのトリニティ・テャーチにあるシェークスピアの墓石に シェークスピア本人の遺言で「わが遺骨を動かす者に呪いあれ」との言葉が彫られている 墓が暴かれてしまうと シェークスピアの本当の正体がばれてしまうから?なのでしょうか・・・・

私的には 残されているシェークスピア著とされている作品の全てを 1人の人間が書いたとしたら 相当のすごい人だろうし そういう人が 当時から神秘のベールに包まれているというほうが・・・謎ですね

英文学を専攻している友人は「シェークスピアが誰か詮索するよりも まず 作品に帰れ そうすれば おのずから道は開ける・・・」という 謎???の言葉を残していますが・・・・


画像

           恋におちたシェイクスピア Shakespeare in Love  1998年 Universal Pictures     

こういう 映画が出来るのも この時期のシェークスピアが謎に包まれているからでしょうね しかし シェイクスピアがロミオだった?なんてね・・・・




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
シェークスピアですか、・・・・ 一体誰なんでしょうね。 フランシス・ベーコンが、本当の作者だという説がありますがどうなんですか? それはそうと、何か面白い映画を見ましたか?
大神太郎
2009/03/14 22:34
どうなんですか と言われても答えようがないですね いくら 同時代の人だからといわれても ベーコンがあの作品群を書いたとはおもえませんが・・・・
最近観た 面白い映画は「バーン・アフター・リーディング 2008年」ブラピが話をややこしくする馬鹿男で出てきます 「スナッチ 2000年」以来の快演です
馬鹿さかげんが祟って 後半 クルーニに頭をぶち抜かれて死じゃいますが・・ 「ベンジャミン〜 2008年」なんとかよりもこういう演技のブラピのほうがいいですね まあ ベンジャミン〜も快演といえば怪演なんですが・・・
なぎさの民俗学者
2009/03/15 15:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
シェークスピア生前の肖像画を発見 なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる