なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 天使と悪魔 ヴァチカンとローマ教皇

<<   作成日時 : 2009/06/05 15:58   >>

トラックバック 1 / コメント 6

話題?の映画「天使と悪魔」を観ました 「ダ・ビンチ〜」で懲りていたのに 人に誘われると ついつい観てしまうんですね・・・・

画像

                   天使と悪魔 Angels & Demons 2009 Columbia Pictures

今回は前作よりは話のスケールが小さくなっています 仕方がないですね 実際は原作の発表が「ダ・ビンチ〜」よりも先ということですから
それで ローマの市内の箱庭のような世界で話が進んでいき 意外性もないのでガリレオの異端裁判 イルミナティ CERNの反物質・・・etcなどをくっつけて話をややこしく・・失礼・・面白くしています・・はぁ〜  これじゃ キリストに嫁さんがいて 隠し子まで作っていて その子孫が現代までいるというのを みんなで秘密にしょうねという吉本新喜劇的・・失礼・・・展開の前作のほうが話としてはまだ面白かった?です・・・はぁ〜〜

実際のヴァチカンでは こんな映画よりももっと奇っ怪な出来事が 過去に起こっています もちろん 反物質で爆弾作ってヴァチカンを吹っ飛ばそうなどという事じゃありませんが・・(ちなみに 反物質で爆弾は作れません・・・その前に反物質をどこに 閉じ込めておくわけ?)


画像

                             John Paul I

今のローマ教皇ベネディクト16世 (1926〜)の前の前の教皇 ヨハネ・パウロ1世(1912〜1978)という あまりなじみのない教皇ですが(次の教皇パウロ2世のほうは何度か日本にも来ています)この教皇は 1978年8月26日にローマ教皇に選出されましたが その33日後の9月28日の朝に自宅のベッドで死体となって発見され 検死もおこなわれずに死因は心筋梗塞と発表されました そのあまりにも急な死が様々な憶測を呼び バチカン銀行(アンブロシアーノ銀行)の汚職がらみで あのフリーメイソンのグランド・ロッジ(秘密結社P2)やイタリアン・マフィア あるいはヴァチカン内部の要職者が関係しているとして 当時から陰謀説や毒殺説などの噂が飛び交っていました・・・・というより その後の成り行きなどから これは明らかに暗殺?でしょう 現職のローマ教皇が堂々と暗殺さてるんですから まさに事実は小説より奇なりです・・・・・


参考書 

画像

                       ローマ教皇検死録   中公新書

あまり 難しく書かれていないので 面白い?歴代の教皇たちのエピソードが気楽に読めます



画像

                      ローマ教皇とナチス  文春新書

ヨーロッパから見れば 東の果ての島国 日本のひとりが 知りもしない時代の状況を語るのは 誤解を招く恐れがあると思いますが あえて 一言いわせてもらうと 教皇である前に 人間としてやるべきことがあったんじゃないか・・・と しかし・・あの状況じゃ・・・うむ・・・ゲルマン対ユダヤ カトリック対ユダヤ 根は深い 日本だってナチスの圧倒的な軍事力を頼って同盟を結んだんだよな・・・ナチスに敵対していたら ヴァチカンはどうなっていたんだろう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「天使と悪魔 」それはひとりの人間の表と裏
「天使と悪魔 」★★★★ トム・ハンクス ,アイェレット・ゾラー ,ユアン・マクレガー 主演 ロン・ハワード 監督、2009年、139分、アメリカ ...続きを見る
soramove
2009/06/06 09:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
>ヨーロッパから見れば 東の果ての島国 日本のひとりが 知りもしない時代の状況を語るのは 誤解を招く恐れがあると思いますが あえて 一言いわせてもらうと 教皇である前に 人間としてやるべきことがあったんじゃないか・・・

おっしゃるとおり。ただ、当事者じゃない日本人だから言えるんじゃないかな。

>ゲルマン対ユダヤ カトリック対ユダヤ 根は深い 日本だってナチスの圧倒的な軍事力を頼って同盟を結んだんだよな・・・ナチスに敵対していたら ヴァチカンはどうなっていたんだろう

そうですよね。
私は、最近、9.11陰謀説などをインターネットで読んでいるんですが、沢山の人を道ズレにしてしまう正義って、凄いですよね。

よろしかったら、私のブログにも遊びに来てください。

http://sponta.seesaa.net/
スポンタ
2009/06/06 09:39
スポンタ様 コメントありがとうございます
普通の人々が その時々の社会の状況下で「私の考える事 行動する事は全て正しい」と決断する個人的なイデオロギーが 宗教や政治と結びつき(理論武装されて)度を越すと 正義の名のもとで やっかいな事になります 十字軍や 日本の軍国主義も どこかの過激テロもそうですよね それに「歴史的に観れば〜」なんて概念が付け足されると もう収集がつかなくなりますね 今 この世界はそんな状況で2000年以上来ていますから・・・・
なぎさの民俗学者
2009/06/06 18:26
>今この世界はそんな状況で2000年以上来ていますから・・・・

ま、内観することで済んだことを、実際に集団でやってみる。それが、人間の歴史かもしれませんね。

そうそう。東京に住んでいる私が、なぜか箸墓古墳に行ったことがある。
あの古墳の一角は、住宅地に侵食されている。

ま、そんな聖域あるんでしょうか。不思議ですよね。
スポンタ
2009/06/08 14:25
こんばんわ!「天使と悪魔」観ましたよ!ヴァチカン内部ロケよく許可が下りましたね。時代の流れでしょうか?カステル・サンタンジェロ行くかなあ?と思っていたら行ったので、ああそうか!でした。元はハドリアヌス帝の墳墓かなにかでしたよねえ?ローマの遺跡は(パリのルーブル美術館もそうですが)歴史が、重ね餅の様になっていて、興味深いです。
sasapanda
2009/06/12 01:25
「天使と悪魔」観ましたか・・・・ ちなみに感動?を殺ぐようなことをいう訳ではありませんが ヴァチカンのシーンは全てセットとCGです ロスのスタジオの近くにある大駐車場を借り切ってのオープンセットです 
カステル・サンタンジェロはハドリアヌス霊廟として建てられましたが どちらかというと ヴァチカンを守るための要塞ですね フェロ・ロマーノから旧市街を通り サンタンジェロ橋を渡るとすぐ霊廟があって 左の正面がヴァチカンです この歴史散策コースは おすすめ?です
なぎさの民俗学者
2009/06/12 16:38
ガビ〜ン!!やっぱり?ユアンの演技がクール過ぎるなあと感じたので、CGなら納得です。「グラディエイター」のコロッセオとかに比べたら進歩しましたね。
sasapanda
2009/06/13 21:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
天使と悪魔 ヴァチカンとローマ教皇 なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる