なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝早い京都散歩1  四条祇園・建仁寺・花見小路あたり

<<   作成日時 : 2009/08/07 15:41   >>

トラックバック 1 / コメント 2

梅雨が明けた? 8月の暑いある日 京都岡崎に住む友人と その日の昼から山科の清水焼団地に行く用事があったので 暇な私としては 朝 早く家を出て 京都へ行き 岡崎の友人宅までぶらぶら歩こう考えました・・・・・したがって 以下の京都散歩はただ朝の京都を歩くだけ・・・の紹介です  清水焼団地の用事が済んだら そのまま 岡崎の友人宅に泊まり 次の日は 京都市美術館の「ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画」を観に行く予定なので そちらの方を期待してください






画像

                     始発電車で 祇園四条に到着







画像

               とりあえず 宮川町付近を目指して 駅の地下道を歩きます 長い!








画像
                     
地上に出ました 冬だと あと1時間くらいはしないと明るくならない時刻ですが 外はもう すっかり明るいですね しかし 宮川町通り(江戸時代は宮川筋)は 誰もいません








画像

        京都の町屋ではよく見かけます 路地の奥に隠れ家のような家がもう一軒








画像

建仁寺通りも静かなものです 朝のすがすがしい空気が漂っています 右側にあるのは 崇徳天皇御廟 その先の鳥居は安井金比羅宮  崇徳天皇(1119〜1164)御廟は 天皇の寵姫であった阿波内侍が彼の遺髪を埋葬した塚であると伝承されています 幼くして天皇になった崇徳天皇ですが 父である鳥羽天皇(実際は 崇徳の父は白河天皇)からは 我が子でないので 疎まれ 鳥羽の実子である後白河天皇からはいじめられて 保元の乱を起こしますが 負けて讃岐へ流罪 恨みを残して没します 讃岐の白峰の怨霊伝説の始まりですね  安井金比羅宮はもちろん 讃岐の金比羅さん 讃岐ということで 崇徳天皇と深い関係のある金比羅です








画像

大和大路(縄手道)のほうも ひっそりとしています このまま 建仁寺の方にでも行ってみましょうか







画像

早朝にもかかわらず 建仁寺の東門は開いています というか 境内は南禅寺同様 自由に開放されて 一般の人々の生活道路となっています 








画像

とは いっても 方丈や法堂への拝観通路は閉じられています がそれ以外はほとんど建仁寺境内を散歩できます 






画像

建仁寺法堂 1765年建立 まだ 拝観できる時間ではないのですが この中の天井にあの小泉淳作の双龍画があります







画像

                 双龍画  拝観できる時間に来ないと観れません


建仁寺には 「大雄苑」の枯山水 十一面観音菩薩像 「竹林七賢図」・「雲龍図」・「花鳥図」その他に観るべきものがたくさんあるのですが 朝早く来たのでは 拝観できません そのかわり 誰もいない境内を散歩できます


東山 建仁寺・・・・臨済宗建仁寺派の大本山 創建は1202年 開基は源頼家 開山は栄西禅師



画像

私も 境内を通り抜けて 北門から花見小路へ  門の横に信号機がありますね・・・何のためにあるのか?・・・後3〜4時間もすると 今の静けさがうそのように・・・わんさか人があふれかえります というのも この門を出たすぐのところにウインズ京都(JRA馬券売り場)があるんですね 競馬ファン 観光客 入り乱れてすごいことになります・・・





画像

                              花見小路




画像

気持ちいいくらい 誰もいない花見小路 信じられません・・・まあ その分 どこもかしこも お店は開いておりませんが・・・・ここで 記念撮影したら 「花見小路貸切!」って自慢できるのですが・・・そんな観光客はいませんね・・・あたりまえか・・早朝からバカですね


画像

花見小路・・・・なんか奥にもありそうですね 





画像

花見小路・・・ 屋根の向こうに弥生会館の建物が見えます






画像

以前 都をどりを観に行ったことがある祇園甲部歌舞練場  ここも 誰もいません  毎年 4月に行われる「都をどり」は すこし遠くからですが 二等席なら はがきで申し込めばなんとか観にいけると思います 申し込みは早めに





画像

歌舞練場の裏口(非常口)・・・あまり 意味はありませんが 普通のガイドブックには載ってないとおもうので


花見小路・祇園甲部歌舞練場がある 四条通りから南側 八坂通りまでは 建仁寺の境内でした(広いですね!) 明治初め 廃仏毀釈によって寺領が狭められ 明治7年に祇園甲部お茶 屋組合が旧境内の7万坪を買い上げ 花街として整備したのが 花見小路の始まりですが 花街としての祇園は古く 江戸時代の初めに八坂神社(祇園社)の門前に水茶屋として花街(祇園甲部)ができました 

        さて 次回は四条通りを越えて 三条花見小路へ早朝散歩を続けます

                                     つづく  三条祇園・知恩院あたり

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ふすま絵「竹林七賢図」デジタルの技
京都最古の禅寺・建仁寺で12月14日、安土桃山時代の絵師・海北友松が描いた襖絵「竹林七賢図」(国重要文化財)のデジタル複製の公開が始まった。16幅の襖に再現され、寺の方丈で展示している。 ...続きを見る
ローカルニュースの旅
2011/12/18 00:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
京都の夏は暑い!!そんな印象持ってますが、人っ子一人いない早朝の寺町、祇園、涼しげで気持ち良さそうですね!静けさ伝わります♪

蛇足ながら、昨日のコメントにある「ルーヴルの怪人」観ました!
やたら薄暗い映画でソフィーマルソーが出てた事ぐらいしか覚えてないなあ〜
美術館内部でのロケにひやひやもんでしたよ!

sasapanda
2009/08/08 01:07
京都の夏は暑いですよ 半端じゃない そのかわり 冬は とてつもなく寒い 朝の涼しげなひと時は わずかです もう少し 早朝散歩が続きますので 楽しみ?にしてください
なぎさの民俗学者
2009/08/08 16:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
朝早い京都散歩1  四条祇園・建仁寺・花見小路あたり なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる