なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝早い京都散歩4 岡崎・黒谷 金戒光明寺あたり 京都守護職本陣

<<   作成日時 : 2009/08/13 18:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

さて 早朝の京都散歩のつづきですが しだいに陽が昇り 京都独特の じとーっとした暑さがまとわりついてきました そろそろ この 早朝散歩も終わろうと思います 


画像

三条通り付近の白川沿いの民家  今の白川の流れは 三条通りを越えると 近代美術館のあたりで琵琶湖疏水と合流しています(念のために 今は白川の流れとは逆の方向に歩いています) そして南禅寺前で琵琶湖疏水とわかれて比叡山麓北白川へ  江戸時代は 白川は三条通りを越えると 加賀前田屋敷前で 東にカーブして 南禅寺前で北に方向を変えて 今の白川と同じ川筋で志賀越え道の脇を流れて 比叡山麓へ





画像

三条通りを越え 白川の流れとわかれて 岡崎公園へ 京都市美術館です 明日 ここへ 「ルーブル美術館展」を観に来ます 時間が早いので 誰もまだ 並んでいませんね





画像

先を急いで 平安神宮へ  平安遷都1100年を記念して 明治28年に創建 で もともと 平安神宮のあったところに何があったのか 調べてみると・・・・・ 別に何もない 神宮の南 美術館があるあたりは 加賀前田家の屋敷 神宮の北西 西神苑 南神苑があるあたりは彦根井伊屋敷 越前松平屋敷があったが それ以外は 田圃や畑ですね ここで 採れた野菜(主に大根 蕪 胡瓜など)は 京野菜として出荷したのですね



画像
                    
           平安神宮 創建前の上岡崎地区   平安神宮HPより



画像
                
       工事開始  向こうに黒谷金戒光明寺が見えていますね 平安神宮HPより





画像

大極殿への方に行こうかと思いますが 陽がじりじりと白砂に照りつけ 私には タクラマカン砂漠を横断するようで・・・



 
画像

砂漠横断は断念して あまり 知られていない ところへ・・・ 平安神宮西門近くの駐車場の前にありました この門は 「恐れ多くも 会津宰相 松平肥後守容保公 京都守護職屋敷の門であるぞ〜 」と新撰組が怒鳴りそうですが この場所に 人知れず移築されています 京都守護職屋敷は今の京都府庁がある場所にありました 幕末には 京都で一番権威があったところです  幕末維新が大好き! という 坂本龍馬から私の知らないような人物まで 思い入れをしている人がいますが 未だに 松平容保(1836〜1893)が好き!という人にはお目にかかっていません 人気ないのかな〜





画像

さてさて いよいよ 朝という時間でもなくなってきたので 京都守護職屋敷の門を観たついでに 平安神宮を出て黒谷の京都守護職本陣 金戒光明寺をたずねて 終わりにしましょう・・・・岡崎通りを行きます








画像

朝の日差しじゃなくなってきた 岡崎通りを 黒谷へ






画像

スーパーマーケットの壁に案内版が貼り付けてありました 平安神宮や南禅寺には来ても ここまで来る人はあまりいませんね 






画像

岡崎通りの突き当たりに 黒谷への道標  

画像

右側は 知恩院への道標  岡崎通りは 知恩院と金戒光明寺をむすぶ 参拝道でもあったのですね





画像

道標から すぐに 黒谷金戒光明寺高麗門があります 立派な 威圧感がある城門です 有事の際はこの門を閉じて 知恩院と呼応して 黒谷全体を城砦化することにしていました これで もう感のいい人は察しがついたと思いますが
徳川幕府が 知恩院をあれほど 大きな寺にしたのは 将軍が京都に来ている時に 謀反が起こった際 二条城を抜けて 知恩院に立てこもるためだったのです  知恩院の瓜生石の下が空洞になって 二条城に続いているという話が出たのも そこからです 江戸では 幕府はかなりの地下道を江戸城のまわりに掘っていますから 京都でもと・・考えたのかもしれません




画像

高麗門に架かっている 「京都守護職本陣」表札 もちろん 当時のものではありませんが 幕末維新ファン(特に新撰組ファン)にはたまらんでしょう  1862年 京都守護職に任じられた 松平容保は 会津兵千人とともに 本陣となった黒谷に入った 翌1863年 京都に残った浪士組が 京都守護職の預かりになり 後に新撰組になるわけですね  つまり この高麗門を 壬生との往復で近藤勇 土方歳三 芹沢鴨 といった連中が 何度も通りました






画像

さて 高麗門を通り 山門へ向かいましょう 境内は 蝉の声だけ 知恩院の三門ほどの大きさはありませんが それなりに立派な門です 1860年再建





画像

御影堂 1944年に再建 中は自由に拝観出来ます 私も靴を脱いで 中に入り 胡坐を組んで一服します 私 一人です 


くろ谷金戒光明寺・・・紫雲山金戒光明寺 1175年創建 開基 法然房源空






画像

御影堂から 境内を・・・・御影堂の中はそれほど 暑くないですね いい風が吹いています 抹香のにおいが気分を落ち着かせます 時折 若い僧侶の方がきて なにやらしていきますが 気になりません すごく 所作が自然なんですね 





画像

御影堂から 京都市内を・・・京都市内が一望です 大阪城まで見えたとのことですから 軍事拠点にはいいですね しかし 今は 平和な時代です ここまで 歩いて疲れました この景色を眺めながら ちょっと 昼寝をさせてもらいます・・・・・・・おやすみなさい    

                                              おわり 




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
朝早い京都散歩4 岡崎・黒谷 金戒光明寺あたり 京都守護職本陣 なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる