なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏の怪奇特集2 本物の心霊写真と今まで観た一番怖い映画の話

<<   作成日時 : 2009/08/20 14:56   >>

トラックバック 0 / コメント 5

前回のつづきです 前回は イギリスの世界的にも有名な「The Brown Lady of Raynham Hall」という ほんもの?の心霊写真を紹介しました 次も 怖いですよ・・・・・



いいですか・・・・


次もまた イギリスの有名な心霊写真です 英文の記事を翻訳してみます

画像

                                Wem Town Hall             


この 写真は 1995年11月19日に イギリスはシュロップシャー ShropshireのWemという町で 築100年になる建物「Wem Town Hall」が 火事になった時に Tony O'Rahillyという地元のひとが 200mmの望遠レンズで撮影したものです 

 
画像

                        Wem Town Hall の火事の様子                   


                        
何か 写っていますね・・少女らしき人影が・・・ 火事の折 その少女が立っていた場所に 誰かがいたのを 火事を見物していた人や 消防士は見ていませんでした
写真の鑑定を The Royal Photographic Society(王立写真協会?)のDr. Vernon Harrison(ハリソン博士)に依頼しました 博士はあらゆる角度から 鑑定をしましたが 手が加えられたりしていないとしながらも それが 燃えている板の(影)であるかもしれないとしました・・・・・ハリソン博士はかなり 疑い深い人物らしいですが 皆さん 木の燃えている板に見えますか?


画像
 
                             拡大部分

どう見ても少女らしき人物(幽霊?)ですよね こちらを見てますね 視線まで感じます  怖〜

そして この 少女らしき人物についても 誰であるかほぼ特定されているんです 今から300年前の1677年3月3日に この町で大火事がありました 火事の原因は14歳のJane Chumという少女の ロウソクの火の不注意で 彼女の家はもちろん 町の大半を焼き尽くすものでした  それ以来 彼女の幽霊を目撃したという話が伝わっています・・とのことです 
消防隊の撮っていたビデオが 検討されたのですが 実際に 少女が立っていた場所に 燃えている木があり それが 偶然に人の幻影に写ったかもしれないともいわれていますが なんか こっちのほうが こじつけらしく感じます

皆さんは この写真を見てどう感じましたか・・・・どう見ても 少女がいますよね・・・うふっふっ・・・


    さらに興味があって 英語のヒアリングが出来る人はこちらをどうぞ  詳しい解説ビデオです

 Ghost Girl Photo (1/2) Out Of This World


 Ghost Girl Photo (2/2) Out Of This World




                               Wem Town Hallの心霊写真のその後の顛末記


                                              

●今まで観た一番怖い映画

これは 大和郡山の一夜で随分盛り上がった 話題だったのですが・・・・・

「シェラ・デ・コブレの幽霊 THE GHOST OF SIERRA DE COBRE 1964」という アメリカ映画です 後にも先にも たった一度だけ 40年ほど前に日曜洋画劇場で放送された映画です 私はまだ 小学生でしたが 映画大好き児童でしたから もちろん 日曜洋画劇場は毎週 欠かさず観ていましたし 予告編で 怖い映画だということが判っていました ちょうど 父が 出張で家にいない いるのはホラー大好きの母と超怖がりの姉だけ しかも 西日本は台風かなにかで 外は風と雨が激しく降っています この映画を観るのに最高?の設定条件です 母たちの部屋に私と姉が布団を持ち込み  TVまで持ってきて 3人布団にもぐりこみながら観ました・・・・・いや〜怖かった ラスト近くで 主人公が車で逃げようとするのですが 自分が殺した相手の亡霊が 追いかけてきて・・・・ひえ〜え〜そこだけ 覚えているんです 観終わったあと 「怖かったね〜」を連発する3人でしたが 誰もTVを消しに行かない・・・

私は長いあいだ 「シャルル・コブレの幽霊」と思っていたのですが パソコンで検索できるようになって題名が「シェラ・デ・コブレの幽霊」だと わかりました しかも日曜洋画劇場放映時に「ミイラ男の呪い」と2本立てだったと知りましたが ミイラ男〜はまったく その時に観た記憶にないのです それほどシェラ・デ・コブレ〜が怖かった・・・この話 仲間内で話したけれど 誰も知らなくて 世間では 幻のホラー映画になっていたんですね


                                                       おわり 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
心霊写真こわいですね!特に二枚目の少女はリアルで…
「ブラウン・レディー」の方は、ゴシックホラーの雰囲気が漂っていて好きです!
sasapanda
2009/08/20 21:50
し・心霊写真・・それも、日本のものじゃなくて、本場イギリスの、限りなく本物に近いヤツじゃないですか。 もう、怖くてイギリスに行けない。 イーストエンドのホテルは、朝食と亡霊がセットで付いています。
大神太郎
2009/08/21 13:33
私はどちらかというと 和製ホラーの今昔物語の怪異話や江戸時代の怪談が好きなのですが たまにはこういうのもいいんじゃないですか 
なぎさの民俗学者
2009/08/25 08:26
写真怖かったです…

心霊に関するつぶやき集
http://kdg5p.com/
さる
2010/05/28 16:01
ウェムの幽霊少女写真は2010年5月になって残念ながら
合成である事が判明したようです。
1922年製のポストカードから合成した模様です。
撮影者は本物と主張し続けて既に他界してるので
真相はナゾのままですが…
http://rocketnews24.com/?p=33798
http://asios-blog.seesaa.net/article/150595887.html

わたしも今から40年近く前に1枚だけ心霊写真を
撮った事があるので存在は確信してますが
合成が多すぎで自分以外は信用できない状態ですね。
えは2
2010/06/24 16:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏の怪奇特集2 本物の心霊写真と今まで観た一番怖い映画の話 なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる