なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 縄文土器 土偶 Jomon Trip

<<   作成日時 : 2009/08/28 16:32   >>

トラックバック 3 / コメント 5

画像


いにしえびとは 満天の星々を見て 何を思い 何を感じたのだろうか 星を光らせているものはなんだろう 天空は いつ果てるとも知れず回り続ける 四季の移ろいのたびに 姿をあらわす 星たち 消える 星たち 
明日も 陽が昇ることなど だれが請合うのか ただ なすこともなく見つめるだけの天空に 何を奉げ 何に祈るのか 神は彼らの すぐ上にいた


画像


先ほどまで啼いていた 鳥の声 風の音がやんでいた ここは いつもの森である いにしえびとが住まう村のまわりに広がる森である  この森は生きるものたちに恵みをもたらす 深い 豊穣の森である
しかし ここでは 生きとし生けるもの たとえ けものであっても 森の掟にしたがわなければならない
それは 生きるものすべてが 森の一部であるという掟である もしも掟を破れば 森の神は容赦はしない





教科書とか 歴史ものの本などで よく見かける 縄文土器や土偶の写真・・・この本物は一体 どこに展示してあるのだろう? ちょっと 気になったので・・・・・



画像

           1号火焔型土器「縄文雪炎」 笹山遺跡 十日町市博物館蔵  縄文中期 国宝
                                           
新潟県の笹山遺跡を 1980〜6年に発掘調査し この時出土した 縄文時代中期(約4500年前)の土器のうち 57点が まとめて1999年に国宝に指定されました このうちの1号土器は一番大きく 「縄文雪炎」と呼ばれています  火焔土器とか水煙土器とか その他様々な土器が縄文時代の中頃から 装飾がとてつもなく複雑怪奇になっていきますね 一体 その頃の縄文人は 何をインスピレーションしたのか・・・・・
1号火焔型土器を含め 57点の国宝土器は十日町市博物館に展示してあります 但し 1号火焔型土器に関しては 展示期間が決められているようです 有名すぎて他の博物館から貸し出し依頼が多いのかもしれませんね





画像

               妊娠土偶「縄文のビーナス」 棚畑遺跡 茅野市尖石縄文考古館蔵 縄文中期  国宝

1986年に長野県の棚畑遺跡から出土した土偶です  縄文時代の土偶は 完全な形で出土することがあまりないので これはめずらしい土偶です 1995年に国宝に指定されました 普段は茅野市の尖石縄文考古館に常設展示されていますが 現在 イギリスの大英博物館に重文指定の縄文土偶「仮面の女神」とともに貸し出し中(11月22日まで)その後 東博で平成21年12月15日〜平成22年2月21日まで帰国展「土偶展(仮)」に貸し出し 尖石縄文考古館で観られるのはその後となりそうです 現在 レプリカを展示




画像

                中空土偶  著保内野遺跡  市立函館博物館委託展示  縄文中期  国宝

1975年に 北海道函館市南茅部町のジャガイモ畑(後に著保内野遺跡)で 畑の持ち主がジャガイモを掘っていて発見しましたが 発見時に 鍬に当たりバラバラに割れていました すでに 海外では日本の縄文土偶の代表として大英博物館やスミソニアン博物館に展示されたこともあり 2007年に北海道初の国宝指定になりました 現在 市立函館博物館で保管中 定期的に公開しています 平成23年春?には函館市臼尻町に建設予定の道の駅?「函館市縄文文化交流センター」(仮称)で常時公開される予定ですが・・・どうなることやら





画像

                合掌土偶 風張遺跡 八戸市博物館蔵 縄文後期 国宝

1997年に青森県八戸市の風張遺跡から出土した土偶 座りこんで手を合わせているように見える 特異な土偶ですね 人間なのか?なんなのか?わかりません  発見場所も遺跡の住居跡からと 他の土偶の発見される場所と異なります もともと 赤い顔料が全体に塗られていたらしく しかも 修復したらしい形跡もあり 住居内に守り神かなにかで 置かれていたのではないでしょうか? 2009年に国宝指定 この合掌土偶も「縄文のビーナス」ともども 現在 大英博物館に貸し出し中です 八戸市博物館での展示は 平成22年4月〜以降となりそうです 




もうひとつ おまけに
画像


                 遮光器土偶 亀ヶ岡遺跡 東京国立博物館蔵 縄文晩期  重文


合掌土偶が見つかった風張遺跡のすぐとなりの青森県つがる市の亀ヶ岡石器時代遺跡から1886年に発見された 縄文時代晩期の超有名な土偶です 歴史の本というよりは 超古代文明ナントカ〜とかの本によく載っている 宇宙人?の土偶です そのせいか まだ 国宝には指定されていません されてもおかしくないと思うのだけどね・・・ただ この手の遮光器土偶は東北各地で出土しており いくつかは重文指定を受けています(東博には重文が2点) どれを 国宝にするかで もめるかもしれませんね 地元からは 町おこしにするために 東博に返せとかいってきたり・・・ 
ちなみに 遮光器土偶は 東北地方が本場とおもわれがちですが 神戸の縄文時代晩期の遺跡からも破片が見つかっています 不思議ですね・・・・




画像

                                      illustrated by 安芸早穂子




 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
美の名言
『美の名言』人名五十音順索引 ...続きを見る
美の名言
2009/09/16 07:16
貴重な縄文土偶280点展示
白河市の県文化財センター白河館「まほろん」で25日から、県内外の土偶を紹介する展示会「ふくしま里帰り展・ふくしまの土偶」が開かれている。時間は午前9時30分から午後5時まで。休館日は10月11日を除く毎週月曜日と祝日の翌日。11月28日まで。 ...続きを見る
ローカルニュースの旅
2010/09/27 23:08
開館待つ神秘の土偶 函館の縄文文化交流センター
10月1日に開館する函館市縄文文化交流センター(同市臼尻町)で9月26日、観光業者や報道関係者向けの内覧会が開かれ、道内唯一の国宝「中空土偶」が一足早く公開された。 ...続きを見る
ローカルニュースの旅
2011/10/01 19:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
どの土偶も魅力的ですね。二番目と三番目は初めて写真を見ました。二番目のヴィーナス、と四番目、海外から貸し出し要請が来るのが分かるような気がします。土偶の場合は、埴輪のように、古墳の頂上(?)に並べたりはしないのですか?
☆サファイア
2009/09/06 20:48
おはようごさいます  まだ 詳しいことはわかりませんが 土偶を作っていた人々(縄文人?)と埴輪を作った人々(弥生人)とは あきらかに 生活状況や信仰方法が違っています 東を中心に居た縄文人が しだいに西から来た弥生人(渡来人?)に取って変わっています 埴輪は 古墳(おもに前方後円墳)の装飾品となっていきますから 権力者の力の象徴でしょうか 土偶にはそんな使われ方はほとんどないと思われます(みんなが共同体として生活していたので)  東博で「国宝 土偶展」12月15日〜 が開催されるので 行って本物をご覧になってください ちなみに私は 四番目の合掌土偶のレプリカがほしいのですが きっと 会場の売店で売っているのでしょうね・・・うらやましい!!
なぎさの民俗学者
2009/09/08 10:49
Jomon trip!堪能させていただきました。火焔土器をはじめ、土偶の数々、非常にプリミティブで日本で出土したとは思えないおおらかさです!
超々有名な遮光器土偶、ドラエモンの映画で、宇宙人と交信する道具だったように記憶してます。(失礼)
上野の国立博物館にあるんですね!東博という呼び方専門家っぽいですね!
こちらでは、上野の国立博物館と普通に呼んでますし、失礼ついでに、
京都に国立博物館があるとは知りませんでした!!
歴史の厚みから云ったら関西は東の比ではないですね。
sasapanda
2009/09/11 10:36
東博って 専門家っぽいですか・・・ そういえば むかし「東博」と原稿に書いたら「あずま ひろし」さんですかと 校正に言われたことがあります・・・
国立博物館は 京都にも奈良にもあります それと九州(福岡)にも・・・
なぎさの民俗学者
2009/09/11 17:21
土器の不思議なデザインは過去へタイムトラベルした未来人が研究目的で縄文人と交流する為に用いられました。
Truth
2013/09/08 22:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
縄文土器 土偶 Jomon Trip なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる