なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 西国街道をゆく その3 久我縄手(畷)と長岡京(宮)跡

<<   作成日時 : 2009/10/05 13:53   >>

トラックバック 0 / コメント 2

引き続き 西国街道を京都に向かっています

画像

離宮八幡宮をあとにして 山崎の町中を過ぎたあたりは 新幹線の高架が街道に接するように通っています このあたりは国道171号の裏道になっているせいか 車がひっきりなしに走る




画像

かつての西国街道から山崎町内に入る京口にあった黒門跡(禁門の変で焼失)を過ぎると久我縄手(道)の別れ道に出ます




画像

久我縄手(畷)とは 後世の呼び方で 平安京の羅城門から南下する鳥羽造り道(久我)から 斜めにまっすぐ山陽道(山崎)につながっている平安時代の初め頃に造られた計画道路(山陽道・南海道併用)です 






画像

奥の左右の道が西国街道 手前が久我縄手  造られた当初は立派な道路だったのでしょうが 南北朝時代頃は細く ぬかるんだ道になっていたようです  近世は 山崎から久我縄手を通り 下植野から宮前橋を渡り 淀・伏見方面に出る街道筋になります  山崎の戦いで敗れた明智光秀一行が逃れたのもこのルートだとされています 下植野から久我までの道筋も途切れ途切れですが残っています 特に 長岡京市市民スポーツセンター付近では 地道のままの細い旧道が残っていました



画像

              長岡京市市民スポーツセンター付近の久我畷旧道 

 「徒然草 第195段 ある人 久我縄手を通りけるに」
ある人 久我縄手を通りけるに 小袖に大口着たる人 木造りの地蔵を田の中の水におしひたして ねんごろに洗ひけり 心得がたく見るほどに 狩衣の男二三人出で来て 「ここにおはしましけり」とて この人を具して去にけり久我内大臣殿にてぞおはしける 尋常におはしましける時は 神妙にやんごとなき人にておはしけり         
 このような道での出来事だったのでしょうか





画像

久我縄手は 西国街道の手前で急カーブで取り付いています  これは道を通ってやって来る物の怪は直線の移動しか出来ないので わざと道を曲げて物の怪の山崎へ進入を防ぐためにといいますがどうでしょうか 当初の山陽道はここでまっすぐに直線的に左に折れて宿駅であった山崎に接していました 後に 秀吉によって久我縄手(山陽道)を通らないで京に行く西国街道が整備されると この場所は街道の要所の交差点になりました このような場所を 衢(ちまた)と呼び 人や馬や荷や市やら大名行列やらでたいそう混雑します このような場所に黒門を設けたのですから 騒動が起こりやすくなります そこで 久我縄手を 黒門の手前で曲げたのではないでしょうか 道を曲げてでも 門を造るほど山崎(離宮八幡宮)衆の勢力があったということです それでも安心は出来なかったのか 後に黒門の横に「石敢當(魔よけ石)」が建てられています






画像

                      JR東海道本線のガード下をくぐる





画像

このあたりは かつての長岡京の京内です かなり 道筋はアップダウンをくりかえします 久我縄手の別れ道より先の古代官道は山陰道(後の丹波街道)になります 




画像

向日町商店街付近の直線道  この付近の街道は 秀吉が朝鮮の役のときに造られたり整備された いわば軍用道路です そのためか 桂川を渡り 東寺口までの間 直線になっているところが多いです




画像

                    小畑川の堤防下に残る旧道 





画像

古い家並みが残る上植野町下河原付近 秀吉が小畑川の改修工事をしたときに このあたりが河原だったのでこの地名が付いたという 




画像

長岡天満宮に行くには阪急の長岡天神駅の方が近くて 分の悪いJR長岡京駅(市役所も微妙に阪急の方が近い)ですが 最近 駅前を再開発しています・・がやはり寂しい・・・ 西国街道は長岡京駅寄りに通っており 駅前を抜けると銭取り橋(一文橋)を渡り いよいよ 長岡京の中心部に・・・かなりの坂道になっており かつての長岡宮が高い場所にあったことがわかります





画像

街道から 外れて 長岡京大極殿跡へ  かなり込み合っている住宅地の路地をぬけると わずかのスペースが不規則な形で史跡公園になっています





画像

史跡公園ですが 別に何もありません 大極殿跡には石のプレートがあるだけ 長岡京は 長い間 実態のわからない都でした ただ古い地割りには「大極殿」の地名が残っていましたが ようやく発掘調査したのは1962年です ただ 宅地化が進んでいたので 部分的にしか調査出来ませんでした この大極殿跡のまわりにも 内裏内郭築地跡や朝堂院西第四堂跡 築地跡などがあり 国の史跡に指定され 史跡公園として整備されています





画像

長岡京は784年 桓武天皇(737〜806)が平城京より 遷都しました その後 794年には平安京へ遷都され 長岡京は約10年間の都だったわけですが どういう訳で桓武天皇が長岡の地(山背国乙訓郡)へ遷都したのか・・ 10年という短い間に また平安京へ遷都したのか・・よくはわかっていません ただ 桓武天皇は藤原氏の影響を受けない天皇として即位しました 道教や渡来系の氏族の関係や影響もあり 理想の帝都と帝王のまつりごとの実現を目指していたのではないでしょうか


                              つづく  その4へ(大原野道をゆく その1)へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
アメリカの大統領オバマ氏が、ノーベル平和賞を受賞しましたが・・・・
大神太郎
2009/10/12 12:31
我 不可解也・・・
なぎさの民俗学者
2009/10/12 15:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
西国街道をゆく その3 久我縄手(畷)と長岡京(宮)跡 なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる