なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 淀川資料館に「ブルーギル」を見に行く  その1

<<   作成日時 : 2009/11/03 12:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

前回の 遺伝子を解明して 日本で繁殖している淡水魚 ブルーギルの先祖はすべて アメリカのアイオワ出身であることを突き止めたという記事のつづきです   そこで実際のブルーギルを 淀川資料館に見に行きます


画像

天気もよく 穏やかです 病み上がりの散歩にはちょうどいいです  家を出て 淀川の堤防へ向かいます




画像

堤防上は 歩行専用道になっています 以前は アスファルトではなく 地道でしたが






画像

堤防上から 川原へ降りる道を歩きます





画像

元は工事用の道路だった道 すでに 車両は通行止めになっており 草木が生い茂り 自然が回復しています




画像

空き地を利用して ゲートボール場があります


画像

堤防の向こう側にある 鉄塔の上で作業している人たち ごくろうさまです


画像



画像

コンクリートの建造物も 草木の侵食で 何やら古代遺跡の雰囲気が・・・


画像



画像

黒田川が淀川に注ぐ河口 釣り人がいます ブルーギルが釣れたのでしょうか

画像

ここにもバードウオッチングをしている方たちがいました


画像

私も後ろから 見ていたのですが どこに どんな鳥がいるのかさっぱりわかりませんでした


画像

天野川が淀川に注ぐ河口


画像

淀川の河口から天野川の上流  惟喬親王と在原業平たちが 花見や狩のあとで 酒宴を張った場所はこの辺だったのでしょうか 注・・・平安時代ごろの天野川の河口は 今の黒田川の河口あたりにあったといわれています


                          つづく    淀川資料館に「ブルーギル」を見に行く  その2
                                         

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
淀川資料館に「ブルーギル」を見に行く  その1 なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる