なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近の話題 火山の噴火から 映画の話まで

<<   作成日時 : 2010/04/24 17:48   >>

トラックバック 0 / コメント 2

このところ 上方は天候が不順です 晴れて気温が上がったと思えば 雨が降って下がる これもエルニーニョの影響なんでしょうか

 
遠く 地球の裏のアイスランドでは 火山が大噴火して 大変なことになりました みなさんの地方ではアイスランドの火山噴火の影響がないですか・・・影響がない・・よかったですね 
 
画像

      エイヤフィヤトラヨークトル Eyjafjallajökull  Ísland      huffingtonpost 2010



ニュースでは どの局のアナウンサーも 火山の名前を言いませんね なぜでしょう? 火山の名前が「エイヤフィヤトラヨークトル(氷河にある)火山」というので 言いにくいのでしょうね(笑)


画像

                                               National Geographic News

火山の噴煙が南東方向に弧を描くように流れている様子を撮影した 欧州宇宙機関(ESA)のエンビサット衛星の画像              


アイスランドといっても 日本人にはあまりなじみのない国です アイルランドと間違えないで下さい 第二次大戦以前はデンマークの事実上の植民地でした デンマークがナチスに屈服すると イギリスとアメリカの後ろ盾を得てというか どさくさにまぎれて 共和国宣言をして独立しました 日本の四国の5倍くらいの国土がありますが 人口密度は四国の70分の1しかありません  
アイスランドは いわゆる火山島です 大西洋の真ん中に中央海嶺が南北に走っていますが ここは地底の底からマグマが噴出して 地殻プレートを東西に離しているわけです つまり 大昔には アメリカ大陸とアフリカ大陸がくっついていました  で この中央海嶺の海に飛び出した部分がアイスランド島なんですね ですから 今も 活発に火山活動があるわけです ちなみに この地殻プレートが沈みこんでいるところのひとつが 日本列島に沿った日本海溝です プレートが沈みこんでいるので地下深くでマグマが刺激されているんですね だから 日本も一応火山島なんです


で アイスランドの観光の目玉は 白夜やオーロラや 火山めぐり 氷河ツアーです・・・・いえいえ なんといっても   


画像

                    Blue Lagoon      UK news photography

ブルーラグーン・・・いわゆる 世界一の露天(温泉)場です


画像


ここのお湯は 厳密にいうと 温泉水ではない 地下2000mで240〜70度の熱海水を汲み上げて近くの地熱発電所で利用して その処理済みの熱水を 適温に下げて (温泉)に利用している したがって 日本じゃ温泉といってもいいけど 欧米は基準が厳しく そういうたぐいのものは温泉とは言わないそうで あくまでも 天然にこだわるという

                        
詳しいことは公式HPを見てください ただし英語のわかる人→ Blue Lagoon HP 確かに「hot spring」(温泉)という言葉がありませんね

興味がある人 温泉好きの人はぜひ GWにでも行ってください その頃は火山騒動も鎮静化しているでしょう 入浴料は 3000円(もちろんユーロ換算)程度 基本水着で入り 混浴です  但し 日本からアイスランドへの直行便はありませんので ヒースローでアイスランド航空に乗り換えて下さい ヒースローは大きくて各航空会社のブースがいたるところにあるので迷子にならないように・・・




で アイスランドの火山といえば あの映画です・・・・・


画像

       「地底旅行 Journey to the Center of the Earth」  1959  Twentieth Century Fox


この映画 私は小学5年生の時に 日曜洋画劇場で観ました あのジュール・ベルヌ(1828〜1905)のSF小説を映画化したものです  映画のほうは 原作とはちょっ違うところがありますが ほぼ忠実に作られています 先に映画を観て 後に 創元推理文庫の原作を何回も読み直しました  アイスランドのスネッフェルス山(実際のスネッフェルス山はスネッフェルス氷河にある山)の火口から 地底に下りて行くと・・・地球の中は空洞で・・・この地底からどうやって帰還するのか・・子供心に はらはら どきどきで・・いやぁ〜いい時代でしたね 




で最近観たアイ○ランド・・・・島関係の映画は



画像

         「シャッター アイランド Shutter Island」  2010  Paramount Pictures   


「シャッター アイランド」という(アイスランドじゃないですよ) 嵐がやって来る海に囲まれた 精神病の犯罪者?を収容する島で起きた事件を デカプリオ扮する刑事が捜査するという 設定からして怪しい映画なんですが これ ネタバレすると面白さがまったくなくなるのでこれ以上言いません しかし デカプリオ アカデミー賞が欲しくて欲しくてたまらないのか ますます臭い演技をしてますね 子役の頃にあの ジョニーデップと共演した「ギルバート・グレイプ What's Eating Gilbert Grape 1993」で見せた 知的障害者の役が素晴らしかったので あれでアカデミー賞を獲れなかったから後が大変ですよね  「I am Sam アイ・アム・サム」でシーョンペンも アカデミー賞は獲れなかったから  デカプリオ君 次はシーョンペンと同じように キレる役をしたらいいかも  しかし この「シャッター アイランド」でもデカプリオ 相当怪しいキレ役を・・・おっとネタバレになってしまいます・・・





画像

                   「あなた また 映画を観ていたでしょう・・・」

                                                  本日は ここまで 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ハイ!映画観ています!
「シャッターアイランド」思わせぶりな予告編に惑わされそうです!
が、「タクシードライバー」以外、スコセッシあまり好きでないのです。
デカプリオはよく組みますが、どーもね!

「ギルバート・グレイブ」は秀作ですね!好きな映画のひとつです。
デカプリオの天才的な演技もさることながら、ジョニーデップの自然体の演技に心打たれ、その後、彼のほとんどの作品観てます♪

「アイ・アム・サム」は、だめです!ビートルズの曲の扱いも気に入らないし、
ショーンペンが、しっくりこなくてアウト!
「デッドマン・ウォーキング」、「ミスティック・リバー」の方に行ってしまいますね!「ミルク」もちょっと違和感があって…
監督した「イントゥー・ザ・ワイルド」は、なかなかの佳作でした。向いているのかも…

映画のまき餌に食いついてみました♪ありがとうございます!

アイスランドの溶けだした氷河のその後も気になりますが…

sasapanda
2010/04/26 22:47
「シャッターアイランド」の最後のオチで「何じゃこれゃぁ〜」とわめいて ますますスコセッシが嫌いになるかも(笑) 「ギルバート〜」のデップ兄さんはよかった あれがジャック・スパロウのような兄さんだったら・・・  「アイ・アム〜」はダコタファニングに座布団二枚の映画でした 「イントゥ〜」はハルホルブルックのおじいちゃんがよかった でも主人公は出て行くんですよね・・・ アイスランドの溶け氷河・・ほとんど人が住んでいないからいいけど 海に流れて汚染されたらどうしょう・・マグロが・・・
なぎさの民俗学者
2010/04/27 04:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
最近の話題 火山の噴火から 映画の話まで なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる