なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋の夜長に・・・イマジネーションをかき立てよう・・か

<<   作成日時 : 2010/09/21 14:22   >>

トラックバック 0 / コメント 4

もう すっかりと秋の気配になってきましたね  というか 明日は中秋の名月ですぜ・・・

画像



一般に旧暦の8月15日が中秋の名月(15夜)ということです で明日の22日が旧暦の8月15日ですが・・・実は満月じゃないんですね 一日ずれていて 23日が満月 どうしてずれるのかというと 説明がめんどくさいですが 簡単にいうと
地球を回る月の軌道が 円でなく 楕円で 新月から満月までの日数が約13.8〜15.8日の間で毎月変化しています ということで今月は一日ずれちまうってわけよ  まあ 見た目はほとんどわかれゃしれねから我慢して団子でも喰いな えっ 何? 満月の近くで ものすごく輝いている星はなんだと あれゃ 木星だよ


月に関しては 東洋と西洋とではそのイマジネーションのあり様がすこし違いますね  狼男や吸血鬼 ゾンビ ナイトメアは月夜に活躍しますが 魑魅魍魎や幽霊は月夜は避けますね  千年以上も昔に 月から月人(中国とかの天界からという発想ではなく 実際の月に文明ある生物が住んでいるという発想)がやって来て 超能力?か科学技術?を見せつけ 再び月に帰っていく 人間離れした美しい女?の物語を書いた日本人のイマジネーションにも驚きますね・・





さて 秋の夜長に不思議な世界に浸りたいという方に



画像



画像



画像



Rob Gonsalves(1959〜)カナダ生まれの画家の作品です  よく 出回っていますのでどこかで見たことがある人もいると思います (あまぞんで画集を購入できます)

騙し絵とかトリックアートとか呼ばれている範疇に入るらしいですが 私としては イマジネーションの飛躍というか こういう空想のようなことは 子供の頃から 大人になっても多少はしているでしょう 夢の中の世界ともちょっと違う なんとも言いがたい不思議なアートの世界に 秋の夜長 どうぞ

Rob Gonsalves - Surrealistic Painter
 



次は あの家具屋さんのIKEAのCMです IKEAといっても日本じゃないです イギリスのIKEAのCMです


Herding Cats

A look behind the experiment of IKEA UK's release of 100 house cats into its Wembley store in the UK.

閉店後のWembley店内に100匹のhouse cats というから飼い猫?なんでしょうね これを放してexperiment 実験? でも これはあきらかに CM撮りだと思いますが しかし 猫というのは 家具にとっては大敵でしょう 爪といだりしますからね きっと 誰かが 洒落た店内に猫100匹ぶちまけたらどうなるだろうとイマジネーションしたんでしょうか イギリス人らしい発想です Herding Catsは群集ならず 群猫と訳すのかな?


Happy Inside - IKEA cats advert

で こちらが 完成?したCM  日本でもこういう発想のCM作らないかね 例えば 閉店後のトイ○らスに 幼児100匹・・いや失礼・・100人を解き放ち好き放題させる・・・なんて



最後に 中秋の名月にちなんだ?・・映画をひとつ


画像

                「月に囚われた男 Moon」  2009  Sony Pictures Classics


デヴィッド・ボウイの長男 ダンカン・ジョーンズ(1971〜)の初監督作品です そういうのはあまり関係なく 中々 面白い作品です  単身赴任というのも色々あると思いますが 月に単身赴任は・・・それも3年間も・・・自分以外は誰もいない 月面支社ですよ・・ケヴィン・スペイシー似の声で話すロボットがいますが・・・あと 少しで地球へ帰れるというときに・・・信じがたいことが起こるのですが・・・果たして・・イマジネーションなのか現実なのか・・・観てのお楽しみ・・・この映画 観終わったあとに 月を見上げたくなりますよ・・・・


                                         ということで 今日はここまで




画像

  「おれたちの映画観てるか おれたちは 空想でも 夢でもないぜ なあ そうだろ へへへ」             

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!
芸術の秋ですね!(^^)カナダの画家さんの騙し絵、ファンタジックでユーモアも有り、フル画面で見せて頂きましたありがとうございます♪似てるけど、M.C.エッシャーほど、偏執狂的でないところが、よかったですね!
ダンカン・ジョーンズの映画、閉所恐怖症気味でも大丈夫でしょうか?
それと、最後の二人インパクト強過ぎ、見た事有るような…Who are them ?

saasapannda
2010/09/24 19:42
saasapanndaさん よりによってメインの記事じゃないものに 興味を示して・・・ 左の人物は映画監督でJohn Waters(1946〜) 右はDivine(1945〜1988)です 2人の代表作「ピンク・フラミンゴ Pink Flamingos 1972」は  saasapanndaさんのような良家の御婦人?にはとてもとても薦められるような映画ではありません 最近 カルトファンの願いがかなって?ノーカット・無修正版が 発売されましたが くれぐれも観ないように・・・  しかし ここまでの変態馬鹿さかげんだと 笑ってしまいます・・・・
なぎさの民俗学者
2010/09/28 17:01
こんばんは!
「クライベイビー」を観てしまいました!
ジョニーデップ主演なのにかすんでました、若かったからというより
脇を固めるパワフルな面々に圧倒されてましたね!
ミンクストールさんのサックス演奏凄かった♪
全編に流れる強烈な個性は、結構好きです(^^)
さすがに「ピンクフラミンゴ」はやめておきます!
「クライベイビー」のベロベロキッスで充分です!はい!
ステキな監督さんを教えて頂いて、楽しみひろがりました♪
sasapanda
2010/11/01 23:13
そうですか 「クライ・ベイビー」観てしまいましたか 私はトレイシー・ローズの方に興味があって・・・(冗談ですよ) 次はジョン・ウォーターズ版のリメイクで アダム・シャンクマン監督の「ヘアスプレー Hairspray 2007」ですね クリストファー・ウォーケンが出ています 露出狂の役でジョン・ウォーターズも・・・しかし saasapanndaさんの好みが「そのての映画」になってしまっても 責任もちませんよ(笑) 
なぎさの民俗学者
2010/11/03 15:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋の夜長に・・・イマジネーションをかき立てよう・・か なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる