なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS リニューアル大阪駅 「大阪ステーションシティ」

<<   作成日時 : 2011/06/03 17:24   >>

トラックバック 0 / コメント 2

つい この間 リニューアルオープンした大阪駅というか なんというか・・・・阿倍野(天王寺)では 「あべのキューズモール」がオープンしたらしいし・・・どんどん 大阪が変って行きますね 再開発だ 活性化だとかですけど 要は金儲けですからね これから 一般庶民が直面するだろう現実を よく見極めてから 都市計画 お金の使い方を考えないと・・・・・すべてが とんでもない方向へ行きますよ 



画像


                          

「大阪ステーションシティ」というらしいですが 今は 出張とかで以前ほど大阪駅に行く機会がありませんが 時折行くと 上の方で何かこそこそとやっておりましたね 基本的に 大阪・キタは 地下街を歩けば ほとんど地上に出ることもなく 最短距離で目的地に行くことが出来るので よほどヒマな人以外は 地上を歩いて移動はしませんね

まあ そんなことで 阪急 阪神の両百貨店以外(この両百貨店はさすが大阪の老舗なだけあり 地下からのアプローチが十分出来ている)の 後から参入してきた 大丸とか三越・伊勢丹にとっては 地下を歩かれたら 集客出来ない・・・ということで JR西日本と結託して 大阪駅のホームの上に素敵?な渡り廊下を作って 大丸(SOUTH GATE BUILDING)と三越・伊勢丹(NORTH GATE BUILDING)の間を無駄に歩かそうとした・・・・というふうに私は 思っているのですが 違ったらごめんなさい・・・ 



画像

       2011 12・22オープン前のチャスカ茶屋町のMARUZEN&ジュンク堂   2011 12・15


ということで 私の趣味のひとつでもあります 「本屋の立ち読み」でチャスカ茶屋町のMARUZEN&ジュンク堂書店梅田店に行った ついでに大阪駅にも立ち寄りました  ジュンク堂は すぐ近くの堂島にどでかい大阪本店がありますので ここはどちらかというとMARUZENが主体というか MARUZENというと洋書・・・洋書の在庫が半端な数じゃないですね・・10万冊以上あるのかな?  ちなみにMARUZEN&ジュンク堂全体で書籍の在庫数は200万冊 各コーナーは地下1〜地上7階まであり とても1〜2日で立ち読みが出来るレベルの本屋ではありません 



で・・・「大阪ステーションシティ」ですが


画像

こんなふうに 駅のホームの高い位置に大屋根を作ってしまいました それで プラットホーム上のこれまでの屋根は 取り外されることになっていたのですが なんと そうすると 雨が吹き込んで来ることがわかったんですね・・・というか それくらいわかるだろ! というわけで 透明な屋根を付ける予定が 端の部分だけ元のままに残すらしい・・かっこ悪い〜


画像

屋根が高いから それゃ 横から雨も風もなんやかんやと吹き込むよね 東西約180m 南北約100mで 高さは最高部で約50mだそうです  最新作の映画「ザ・ゴジラ・リターンズ」では この大阪駅をぶっ壊す?らしいです



画像

阪急梅田駅や三番街 ヨドバシカメラ等へ行く連絡路 人がいない・・・地下通路のほうが早くて便利だからね・・・・



画像

                  ホームを跨ぐので 上にあがります



画像

渡り廊下の上は「時空の広場」  時計搭やら オープンカフェやらがあります  ここでカフェを飲むのは何か落ち着かないです・・・・ハイ



画像

「時空の広場」から 大阪駅のプラットホームが見れますが 屋根が取れてないので 発着する列車がよく見えません これが売り物になるはずですが・・・・ よほどの電車好きか ヒマな人か 田舎者以外は・・ 大阪人はこんな所で・・・見ませんよ


画像

大阪駅北側の梅田貨物駅跡地(梅田北ヤード)の再開発も進んでいます ここも 高層ビルが建つ予定ですが ビルなど建てないで 木をたくさん植えて深い森を作ればいいのにね ここは昔 大坂七墓のひとつ 梅田三昧(墓地)があった場所です 江戸時代から明治にかけて 七墓参り(陰暦7月15日に夜中 鉦などを打ち鳴らし 大坂の七か所の墓所に参拝する)が行われていました 私の子供の頃は 貨物駅構内の隅に墓の一部が残っていました




画像

                        現 五代目大阪駅


海外の大都市・・特にユーロやアメリカ・・のセントラル駅やターミナル駅を 利用したことのある方は わかっているとおもいますが 駅の入り口から ホームまで ほとんど一直線で 段差なし  日本だけじゃないですかね 昇ったり降りたりが必ずあるのは・・・・どこの都市の大きな駅でも・・・都市としての構造上の問題というよりも 一番最初の鉄道施設の時に 鉄道とは本来何のためにあるのかという普遍の アイデンティティが 鉄道関係者にはなかったんでしょうね 今もないけど・・・


画像


私には この三代目大阪駅が 一番なじみが深いですね この駅舎だったころの 大阪・・いや日本にはまだ夢があった・・・・・



                                       と いうことで おわり



宿題  大阪には 大阪駅というのが JRしかありません 地下鉄も私鉄も みんな梅田駅です・・なぜでしょう

おことわり・・・本文中の映画「ザ・ゴジラ・リターンズ」は架空の映画です

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりでございます!
サイドバーの金魚にそこそこ餌をやり遊んだ後コメント書いてます(^^)
大阪ステーションシティの話題、こちら関東ではほとんど流れませんでした!
というか、私知りませんでした!
それより、MARUZENとジュンク堂が一緒のビルに入っている事の方が羨ましいです!!ジュンク堂が池袋に出店した時、店舗スペースの広さに驚いたものですし、椅子に腰かけて本を読めるなんて、軽いカルチャーショックでした!

我が町の私鉄沿線でも、駅舎のリニューアルが盛んで、そのほとんどが橋上改札になり、利用者としては、便利になるのかよく解りません!改札を抜けるとすぐホーム♪と云うのが良いと思うのですけどね!どこも同じような駅に変わって、味気ない気もします!
最近はなにかお勧めの映画ありませんか?
sasapanda
2011/06/28 10:11
なにやかにやと忙しくて ブログの更新やらコメントの返事やらが遅れてすみません 「大阪ステーションシティ」の情報が関東方にはあまり伝わっていないとの事 上方では「東京スカツリ」の情報があまり伝わってこないですね・・・あたりまえか・・・  MARUZEN&ジュンク堂は渋谷にあります あまり本が多いので立ちくらみがしますよ ネット購買や電子書籍もいいですが 本はやっぱり 本屋さんに行って 手に取って パラパラめくって立ち読みして買うのが 私には一番 精神衛生上よいかと思います  都市部の鉄道はほとんど高架になりましたね 踏み切りや騒音のことを考えると仕方ない しかし それぞれの駅に個性がなくなって 駅前も個性がなくなり・・・私も残念に思います
「パイレーツ〜生命の泉」は観ましたか? 「アリス」「ツーリスト」と同じですが デップくん完全に女優に喰われていましたね デップくんはあまり個性派女優と競演しはいほうがいいのではと つい親心が・・・ 8月には「カンフーパンダ2」が封切られますよ
なぎさの民俗学者
2011/07/05 06:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
リニューアル大阪駅 「大阪ステーションシティ」 なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる