なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS タイムトラベルは不可能!?  

<<   作成日時 : 2011/07/26 17:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「どんな物体も光の速度を超えることはできない」とのアルバート・アインシュタイン(1879〜1955)の理論に 光の粒子である「光子1個」が従っていることを証明したと 香港科技大学の物理学者(研究チーム)たちが発表した (25日付)


つまり タイムトラベル(時間旅行)は 理論上 やっぱり無理だんべ・・・ということらしいが 光の粒子である「光子1個」が従っていること・・・ということが 私は頭が悪いのでよく理解できないのですが・・・


画像



それで記事の続きを読んでみると 光の光子1個が「アインシュタインの宇宙の移動の法則」つまり  光の量子である光子1個が 電磁波と同様に 宇宙の移動の法則に従うことを証明した  「どんな物体も光速を超えることはできない」という相対性理論に 光子も例外ではないということですかね・・・ 

タイムトラベルのひとつの理論上の可能性として 「光速を越える」というものがあった つまり 光子がもしかすると ある一定の条件(CERNのような加速器を使ったり)さえ与えれば 光速を越える可能性があるんじゃないかという議論があったわけですが 香港科技大学の研究チームが 議論に決着をつけるために 史上初めて光子1個の最高速度を測定することにしたという  どうやって 測定したのか私にはわかりませんが その結果 「光子1個は光速を超えることはできなかった アインシュタインの因果律 すなわち結果は原因なくして起こりえないとする主張が正しかったことが確認された」ということらしいです

量子力学の世界では 「物事は観測されるまではわからない 確率的にどうなっているかは予測できるが 実際に観測するまでは両方の可能性が起こりうる」(コペンハーゲン解釈)というのがあって このことは 時間軸にとらわれない 別次元の世界の存在を理論上可能にして タイムトラベルによる パラドックスを回避することに一役買っていたのですが・・・・タイムトラベルそのものが不可能となると・・・・・



画像



理論物理学でいうところの タイムトラベルや時空間の解釈は 私には難しくてよくはわかりません 私は 僧侶でも仏教信者でもありませんが 仏教の教えるところの 宇宙観 時空間の解釈が 一番しっくりきます


すべて・・・一切は空・・・ 過去も 未来もない 現在もない  現在があると思っても それはすぐに過去になり消える 現在と思っていても 絶えず未来がやって来て現在に・・いや 過去になってしまう つまり 未来とか現在とか過去という時間が 別々に存在しているのではない  いや そもそも そんな区別をするのは無意味だ・・・私の拙い 文章では 仏教の宇宙観を伝えきれませんので 出来れば 法華経や華厳経の入門書でも読んで下さい

仏陀は2千数百年も前に すでに タイムトラベルの可能性を否定しています 仏陀は物事は 因果によって決まり 縁(えにし)によって変化すると  アインシュタインと同じことを言っています まあ タイムトラベルは諦めるとしても別宇宙や多次元世界のことは 物理学ではその存在の可能性をまだ 示唆していますし 仏陀も否定していませんよね  こちらの方に 期待をかけようか思います


                                           ということで おわり




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
タイムトラベルは不可能!?   なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる