なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 奈良 興福寺あたりを歩く

<<   作成日時 : 2011/08/16 14:51   >>

トラックバック 0 / コメント 2

とりあえず 「特別展 天竺へ〜三蔵法師3万キロの旅 奈良国立博物館」 の続きです  とんでもない暑さの中 奈良に行き 奈博で特別展を観たあと もうJR奈良駅まで帰る気力がなく すぐ近くの近鉄奈良から帰ることにして ひとまず興福寺境内を近鉄まで歩くことにしました




画像

                     南大門跡から 中金堂再建建屋を望む


現在 中金堂は再建中です 以前は 大寺にかかわらず 伽藍が少なく 地味に見えたものですが(境内が広いということもありますが) 世界遺産に登録されたこともあり 薬師寺みたいに伽藍再建をはじめたわけですね




画像

                           再建完成?予想図  





画像

以前は こんな風でした すでに中金堂跡は発掘調査されて 土壇に石積みがされて基壇が出来上がっております 後ろの建物は仮金堂(1974年薬師寺旧金堂を移築)




画像

                      中門跡基壇より南円堂(1789年再建 重文)を望む




中金堂を囲む回廊と中門も復元する予定らしく 全て再建されるとかなり見応えがあると思います 個人的にはこの際 南大門も再建してほしいです  




画像

          東金堂(1415年建立 国宝)と五重塔(室町時代に再建 国宝)      




興福寺・・・・創建ははっきりとはわからない 飛鳥の浄御原(大和国高市郡厩坂)にあったという厩坂寺が 現在の地に移って 興福寺になったといわれていますが 判然としません 藤原氏の氏寺ですが 氏寺として実際にはどこまでさかのぼれるかわからない謎の多い寺です 謎といえば 興福寺の伽藍配置です 発掘調査が進んで 創建?当時の伽藍配置がわかるようになりましたが 他の寺院ように 伽藍の中軸線でシンメトリー(左右対称)になっていません・・・東金堂と西金堂の位置が左右でずれている 搭が東西になく一つだけ・・・・興福寺は春日山地の山裾が延びてきた台地の上にあり 遠くからでも伽藍が見えたでしょう





画像

                   昨年3月に新しくなった国宝館




国宝館に入りました  照明がLEDになったせいか あるいは 節電のせいか(奈博は節電のために照明を落していた) 館内が暗すぎる  以前のように明るくしろとはいいませんが せっかく今どきの博物館風にリニューアルしたんだから・・・・





画像

                     伝山田寺仏頭  白鳳時代 国宝




山田寺仏頭などは 少し高いところにあり 暗いところから 顔だけがにゅーとライトアップされているので 妖怪か〜と思いましたね この山田寺仏頭では 忘れられない思い出があります 随分 昔のことなのでもう時効ですが 当時の国宝館は どこかの学校の文化祭の展示みたいで この山田寺仏頭もすこし手を伸ばせば触れました(触っちゃいけませんよ) 他の展示物がやたら複製が多いので この仏頭もどうせ複製だろうと思い 何も考えずに仏頭の顔を指でつんつんしてしまいました(複製でもしてはだめですよ) で 説明文をみると・・・本物・・・国宝・・・でした(冷汗) 




画像

                 乾漆八部衆立像のうち阿修羅像  天平時代  国宝            




乾漆八部衆立像も乾漆十大弟子立像も以前のように 複製だったり ガラスケースに入っていないのは有難いのだけど 照明が暗いので 普通でも衣服の柄や色が褪せて見えづらいのに ほとんどすべて灰色でした




                       あまり意味のない画像
画像

                       数十年前の興福寺拝観券          




画像

                           現在の拝観券



どうしても 木造千手観音立像(国宝)を国宝館の中心に置きたいので(国宝館は食堂跡に建てられた 千手観音立像はもともと食堂にあり その位置を動かさないようにしている) そのため拝観順路がわかりづらくなっています



画像

                        北円堂へ向かう坂道


さて お化け屋敷みたいな国宝館を後にして 北円堂へ向かいます その昔 平重衡の軍勢に追われて 逃げ惑う人々がこの坂を駆け下りました 


画像

北円堂のところまで行くと なんと発掘調査中でした 回廊を復元するとか・・・・




画像

                     北円堂(鎌倉時代に再建 国宝)

西国三十三箇所の札所にもなっている南円堂にくらべて こちらは地味ですが 私はこの北円堂があるあたりが興福寺の境内の中では一番好きな場所なんです 出来れば 余計な復元などせずにこのままにしておいてほしいけれどね・・・




画像

                 三重搭 1143年建立(鎌倉時代に再建?) 国宝


興福寺に三重搭があるのを知らない人が多いですね  あなたは見たことがありますか?



暑いから 近くの近鉄で帰るといいながら なんだかんだと興福寺境内をうろうろしてますね





画像

                   あっ・・ビルの屋上に馬の死体を見っけ・・・


と 思ったら 馬の木像でした  暑さで 見間違えたのか・・・




奈良といえば 鹿だろう 鹿はいねえのか と短絡的に考える方のために 今回だけ 特別サービスです

画像


画像

激暑の奈良で鹿を見つけることは至難のことなんですよ  ついでに 鹿せんべいのおじさんも見つけました





画像

        もう 暑さ限界です・・・近鉄奈良駅横のひがしむき商店街に一旦 避難します



画像

商店街の中の観光案内会館へ  ここは昔 地下に映画館があったんだけども 今はないですね・・・というか シネマデプト友楽が去年閉館してから 今まで 奈良市内は一件の映画館もない状態です みんな 映画を観ないのかな・・・・  奈良には 紀伊国屋やジュンク堂のような大きな本屋もないし・・・・・文化都市奈良の行く末を心配しつつ マクドナルドでクールダウンしてから 帰路につきました


                                                         おわり
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!残暑お見舞い申し上げます!
興福寺から奈良公園というと、中学時代の卒業旅行まで遡ってしまいます(^^)展示館で、阿修羅像も観た記憶が…
それよりもなによりも、せんべい持った途端に集まって来た鹿に困惑したのが一番インパクトある思い出です(・へ・)
バーチャル散歩楽しませて頂きました♪
sasapanda
2011/08/19 14:36
楽しんで頂けましたか 暑い最中をうろうろと歩いた甲斐がありました・・・というよりも 歩き回って汗をたっぷり流せば 帰ってからビールが美味いだろう・・というような下心があったわけです しかし 奈良公園は半端なく暑かった
なぎさの民俗学者
2011/08/19 16:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
奈良 興福寺あたりを歩く なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる