なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS ツタンカーメン展 黄金の秘宝と少年王の真実 大阪天保山特設ギャラリー

<<   作成日時 : 2012/04/27 21:37   >>

トラックバック 0 / コメント 2

ここ上方では なんとなく気温が少しづつ上がってきて日替わりで雨と快晴が続いております 天気が不安定ですねこの季節は?  みなさんの地方はどうですか


画像


                  ツタンカーメン展 黄金の秘宝と少年王の真実

                           大阪天保山特設ギャラリー   2012年3月17日(土)〜6月3日(日)


ツタンカーメン(Tut-ankh-amen 紀元前1300年中頃?)ですよ 日本人はこの異国の遥か昔の・・よく考えたら日本とは何の関係もない・・・少年王?のことが好き?なんですかね 一般日本人の日常生活では入り込む隙もないのに展覧会とかになるとなぜにこれだけ人(日本人)が詰掛けるのか・・・ 不思議だ・・・などと考えながら 私も詰掛けました


画像


大阪天保山特設ギャラリー って言ったて 元サントリーミュージアムです ほとんどそのままですよ  この前に行ったのは「ポーランドの至宝展」以来です

しかし この至る所に貼られている ツタンカーメン展のポスターやステッカーに載っているやつ あの有名な「黄金のマスク」と勘違いして観に来る人がいるじゃないかと心配します

あれは・・・・


画像

                     ツタンカーメンの黄金カノポス(canopic jar)

カノポス(又はカノプス)というのは ミイラを造る時に取り出した臓器を保存(守る?)ための容器です 実物は黄金のマスクより小さいですし 見た目はまったく違っています くれぐれも ポスターなどを見て早とちりしないように・・・


さて その他の展示物は・・


画像

                        ツタンカーメンの彫像用厨子 






画像

                      ツタンカーメンの銘入りガラス製枕




画像

                        ツタンカーメンの立像





画像

                 ツタンカーメン王の娘? 子供用カルトナージュ・マスク




画像

                        ライオン?の飾りの化粧容器






画像

                    下エジプト王冠を被ったツタンカーメンの像                  
         





画像

                          宝石と金の襟飾り





画像

                              有翼スカラベの胸飾り                          



  

などなどで 普段はエジプト考古学博物館に行かないと観れないものばかりなので 興味のある方はどうぞ



ツタンカーメンについては 以前にも記事にしたことがあるので そちらのほうもどうぞ

                                         
                    最近の話題から ツタンカーメンの謎 死因は骨折とマラリア?




 ツタンカーメンや古代エジプトについては書きたいことがいっぱいありますが 今日のところは あっさりと終ります

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!お久しぶりでございます!
ツタンカーメン展は7月頃からこちらでも始まる様です♪
告知されている新聞広告を見ると黄金のマスクが来るような錯覚を起こしそうですよ!
幼少のみぎり?東博で大行列の末、黄金のマスクを観たのは遠い昔(^^)
金細工の素晴らしさや、アラバスター?石のカノポス、椅子やベッドに至るまで大規模な展示でした!すっかりエジプト美術に魅せられ、ルーブルへ行っても、エジプトの展示をじっくり見過ぎて、西洋絵画を見逃した経験ありです!
余談ですが、ナポレオンがぶんどったロゼッタストーンが大英博物館にあるのも不思議ですよね!
民学さんの記事を拝見して「下エジプト王冠を被ったツタンカーメン像」観たくなりました(^^)
sasapanda
2012/06/07 12:03
お久ぶりです sasapandaさん そうなんですよ 黄金のマスクと勘違いして観に来た人がいるんじゃないかと そちらの方に関心が行って展覧会はよく観れなかった・・なんて・・(笑)
ロゼッタストーンはナポレオンがぶんどった訳ではなくエジプト遠征の折 ロゼッタ要塞の改修工事の時に偶然発見されたものです 後に遠征軍は イギリス・オスマン連合軍に降伏し ナポレオンたちというか フランス考古学調査隊たちが発見した エジプト考古遺品のほとんどがイギリスへ・・・まあ ぶんどったのはイギリスです シャンポリオンは前もって拓本しておいたので それを元にしてヒエログリフを解読しました
ツタンカーメンの黄金の秘宝たちは 生前の愛用品ではなく ほとんどが死後 副葬品として造られたらしい・・・という説もあります 興味が湧きますね
なぎさの民俗学者
2012/06/08 16:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
ツタンカーメン展 黄金の秘宝と少年王の真実 大阪天保山特設ギャラリー  なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる