なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 古事記1300年 出雲大社大遷宮 特別展覧会「大出雲展」 京都国立博物館  その2

<<   作成日時 : 2012/08/09 18:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

特別展覧会「大出雲展」 京都国立博物館のつづきです


いよいよ 展示物は出雲大社関連へ
この展示ブースのみ写真撮影可だそうで 早速 カメラを取り出しましたが フラッシュは不可だそうで ブレました
画像



画像

               出雲大社境内遺跡模型    島根県立古代出雲歴史博物館蔵



私は 出雲大社には一度しか行ったことがないので フィールドワーク的に詳しくはありませんが この模型で確認すると 発見された鎌倉時代の宇豆柱は 現在の本殿よりもすこし南側ですな 昔は 出雲大社(杵築大社)のすぐ側まで海岸線がありました もともとは 海の神(鰐神様?漁業?の神様)に関係する社だったと思いますが 大和朝廷や古事記に取り入れられて 変容(兎神様?山の神と海の神の合体が大国主?)していったのかもしれませんね


画像

                        宇豆柱  1248? 重文 出雲大社蔵


平成12年 出雲大社境内遺跡から杉の大木3本を1組にして 直径が約3mになる巨大な柱が3カ所で発見されました これは そのうちの棟をささえる柱すなわち棟持柱(宇豆柱)です すこし写真がブレましたが御勘弁を・・・
この発見で これまで 文献だけで噂されていた 古代出雲大社本殿の姿が明らかになりましたね


画像



画像

                古代出雲大社本殿1/10推定復元模型        出雲市蔵


出雲大社の口伝によると本殿の高さは上古には32丈(約96m)中古には16丈(約48m)と記されています 口遊(970)には 当時の建物の大きさを「雲太、和二、京三」と順に表し 一に出雲大社本殿 二に東大寺大仏殿 三に平安京の大極殿とされていました  この復元模型は中古16丈(約48m)のもの 10分1でも大きいですな 思えば まだ宇豆柱が発見される以前 京都工芸繊維大学のある先生の研究室を訪ねた折 そこに小さな古代出雲大社本殿復元模型が置いてありました 「実物大で復元してみたいですね」と なんでも実物大にこだわる私がそういうと「いや 本当にこういう建物があったかどうかわからないのに復元したら笑われます」と学者らしく真面目に答えておられました  口遊に書かれているような建物があったのですね ただ 私はあの長い階段はどうも違うような気がしております


画像

         参考 古代出雲大社本殿推定復元模型  島根県立古代出雲歴史博物館




画像

                   荒神谷遺跡出土青銅器  弥生時代  国宝 文化庁



荒神谷遺跡から出土した中から銅剣42本 銅鐸5個 銅矛16本が展示されています 加茂岩倉遺跡出土品も展示されています  これらもなかなか 見応えがありますな 特に荒神谷遺跡から銅剣358本 銅鐸6個 銅矛16本が発見されたときは 歴史の教科書が変りましたね





画像

                        西光寺梵鐘  839  国宝

珍しいというか 現地にでも行かない限り見られない国宝として 西光寺梵鐘が展示してありました なんで西光寺の鐘が出雲展に?と思われましたか   この鐘は年代の刻まれた鐘としてはかなり古いものです 
もともと 伯耆国鴨部郷(鳥取県西伯郡西伯町鴨部)の金石寺の鐘として839年に鋳造されました 後に尼子経久によって杵築神社(出雲大社)に1510年寄進されたという これが本当だとしたら 一時期出雲大社にあった鐘ということになります  その後1559年尼子氏の家臣山中鹿介幸盛が多福寺(島根県神戸郡)に移しました その後 どういう経緯かはっきりしませんが 明治時代に松江の金物屋から大阪の商人に渡りました 一方 福岡の西光寺で 鐘を造りたいと思っていましたが 新品の鐘を造るにはお金が足りず 仕方なく商人から中古の鐘を買い取りました この鐘が名品であることがわかったのは戦後になってからで よくぞ戦時中の金属供給を免れたと思います




まあ このあたりが 見どころというか・・・・ う〜む この展示会は 後期(8月21日〜9月9日)のほうがいい品が多いよ  国宝の日本書紀 巻第二十二も 重文の口遊も 同じく重文の出雲大社并神郷図も後期展示だし



画像

                 秋野鹿蒔絵手箱  13世紀  国宝 出雲大社蔵


出雲大社の神宝 秋野鹿蒔絵手箱も後期展示だぜ・・・  


しかも・・・

画像

                播磨国風土記 11〜12世紀 国宝 天理大学附属天理図書館蔵


播磨国風土記なんぞは 8/28〜9/9展示なんだよ・・・・特別展覧会「大出雲展」 京都国立博物館にこれから行かれる方 後期展示期間に行かれることをお奨めします


追記
出雲大社大遷宮にともない 来年の出雲大社本殿遷座祭に出かけてみたいと思われている方 JR出雲駅から一畑電車に乗ることをお奨めします くれぐれもバスやタクシーを使わないように・・・・





画像

                 平常展示館の建替工事は 現在 こんな様子です

                           特別展覧会「大出雲展」 京都国立博物館 その1へもどる 

                                        ということで  おわり

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
古事記1300年 出雲大社大遷宮 特別展覧会「大出雲展」 京都国立博物館  その2 なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる