なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近の話題から リチャード3世の骨とか 槻の木の広場とか

<<   作成日時 : 2013/02/15 21:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

まだまだ 寒い日々が続きますが みなさまの地方はどうでしょうか 

このところ 歴史ニュース関係の話題が ごぶさたですので ここいらでサクっと簡単に・・・・


2011年9月に レスター市庁舎駐車場の地中から発掘された複数の遺骨の中に 15世紀のイングランド王リチャード3世のものが含まれていた    (4日付)


画像

                           Richard III  


2011年からリチャード三世の遺体・・遺骨?を探すプロジェクトが立ち上げられました もともと文献の調査から ほぼグレイフライアーズ修道院の位置はわかっていました  その現在は駐車場となっていた場所を発掘すると修道院の遺構が見つかり リチャード三世が埋葬されたとされる内陣と思われる遺構もあり 遺骨も発見されました(2012年9月) 
発見場所の特定 遺骨である背骨の側湾という文献に記されている身体的特徴・頭骨の損傷などからリチャード三世のものではないかとされていました

2005年に別の研究によってリチャード三世の姉アン・オブ・ヨークの女系の子孫が発見されており 今回その息子からDNAサンプルの提供を得て ミトコンドリアDNA(普通の遺伝子のように父母のDNAが混合することなく 母から娘へと完全な形で遺伝する)も調べた結果 2013年2月4日 レスター大学は遺骨はリチャード三世のものと発表した


画像

                   リチャード三世(1452〜1485)             
  

リチャード三世って あのシェイクスピアの作品でかなり悪く?描かれておりますな 実際はどうであったかわかりませんが 最近は 再評価されてきてますね リチャード三世はヨーク朝の最後のイングランド王です 当時のイギリスは いくつかの国に分かれておりました(1707年にイングランド王国とスコットランド王国が連合法でイギリス(グレートブリテン)になった・・・試験にでますよ・・・)
リチャード三世は ランカスター家とヨーク家の争い(薔薇戦争)の中 ボズワース・フィールドの戦いで ヘンリー・テューダー(後のイングランド王ヘンリー7世)に敗れて戦死した 遺体は裸にして晒されたのちレスターのグレイフライアーズ修道院に葬られた
その後 修道院はヘンリー8世によるローマとの決別でカトリックの修道院は取り壊され 「グレイフライアーズ」という名の通り道だけが残り 埋葬地は長年不明だった しかも修道院が取り壊された時にリチャード三世の遺体は川に投げ込まれたともいわれていました




さて 次は日本の話題です

大化の改新(645)の前に中大兄皇子と中臣鎌足が出会った「槻の木の広場」の推定地とされる奈良県明日香村の飛鳥寺西方遺跡で 7世紀中頃から後半に整備された石敷きが見つかり 明日香村教委が30日 発表した 


画像



発掘はおよそ370平方メートルと広範囲?に及び 村教委は広場の中心部と指摘 専門家も「この一帯が広場とほぼ裏付けられた」としている

石敷きは飛鳥寺西門跡の西約40メートルで出土 直径20センチ前後の河原石や砂利が敷き詰められていた 明日香村教委は 実際の槻の木の広場は石敷きでその範囲は南北200m 東西120mに広がっていたと推定している


ほう 槻の木の広場が発掘されましたか・・・日本書紀には 中臣鎌足が 中大兄皇子と初めて知り合ったのが 飛鳥寺の槻の木の下で催された蹴鞠の会だったとされている 飛鳥寺の西門から飛鳥川の川岸にかけて 槻の巨木がそびえる広場があり その広場で様々な催しが行われていたという

中大兄皇子が鞠を蹴った際 皮鞋が脱げて鎌足に前に飛んできた その皮鞋を皇子に返したとき皇子から名を聞かれた それがきっかけとなって 二人の交際が始まった・・・・・有名な話ですな


ここで 誤解のないように言うと 蘇我入鹿を暗殺?したのは大化の改新ではなくて 乙巳の変といいます その後の大化2年(646)1月に改新の詔が出されてからが 大化の改新とされています(入鹿暗殺からが大化の改新だという人もいますが その時点じゃ 何も改新されていませんが・・・)
もちろん 大化の改新そのものも 当時の歴史的経過や事実を考慮すると 様々な疑問点が出てきます 実際は 近江朝(天智天皇)から 藤原京(持統天皇)までに出された政治改革がごちゃごちゃと交じり合っているものを 日本書紀編纂時に何らかの理由で 時系列にはめ込んでいったのでは・・・とおもいます

さて 槻の木の広場ですが 肝心の槻の木・・・しかも巨木が見つかっていませんな 蹴鞠の会で初めて知り合ったなんて ウソぽい   お互い 相手のことを調べ上げて 話すきっかけがほしかったのなら 二人とも相当な役者ですな  それよりも 石敷きの広場で 果たして蹴鞠などできるのかとおもいますが・・・どうでしょう



注・・・・私の素朴な疑問に対して 明日香村教委は  当時はまだ石敷きだったかどうか分からない 槻の木の広場が石敷き広場として整備されたのは7世紀中頃から後半とみている・・・という  



                                                ということで  おわり

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最近の話題から リチャード3世の骨とか 槻の木の広場とか なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる