なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 鷺池 浮見堂 飛火野から志賀直哉旧居へ  奈良散歩2

<<   作成日時 : 2013/11/10 19:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

さて前回の続きです・・・・今回はあまり 観光客が行かない所ということで 鷺池から 高畑町の志賀直哉旧居まで ぶらぶらと散歩しましょう


画像


           例のごとく 奈良公園の中心 春日一の鳥居・・・ここから出発です 


画像

今年は 神宮や大社での遷宮があって話題になりましたね ということで 春日でも式年造替を平成28年にやりたいというアピールをしています 式年造替で観光客に来てもらうということも狙いらしいですがね・・・・・詳しいことはわかりませんが 文献によりますと 770年に第1回目の式年造替が行われたという 以後 不定期に行われていましたが 鎌倉時代頃から 有力武士たちの庇護のもと ほぼ20年ごと(応仁の乱から戦国時代を除いて)におこなわれるようになり 今に続いています ちなみに 現在 春日本殿は国宝ですので建替えはしません(明治時代以前は本殿の建て替えが主だった) 檜皮葺の屋根の葺き替え 柱の朱の塗り替え修理のみです これは「大社(出雲)・・遷宮は式年じゃありません」も同じく修理だけですね  「神宮(石上じゃないよ 伊勢ですよ・・念のため)は・・本殿が文化財指定を受けてません」は20年ごとに建替えてますが 春日は現在不定期ですから式年というのはどうかと思うが・・・・春日大社の「第60次式年造替」正遷宮は おそらく 平成28年11月頃になるのでは・・・



画像

さてさて 一の鳥居から参道を行かずに 脇の石段を登ります この時点で一般観光客から離れますね・・・


画像

                       紅葉の下を歩きます 誰もいません



画像

                        しばらく行くと 鷺池が見えてきました



画像

                             鷺池と浮見堂


春日山系の御蓋山から流れ出た率川が飛火野の南側から西へ下り 窪地?(人工のため池?)に溜まったのが 鷺池と荒池です 率川はさらに荒池から出て 暗渠となって猿沢池の南に沿って 奈良市内を流れる 現在は 率川は直接 猿沢池に流れていないが もともと率川の流れを塞き止めて造ったため池ではないかと言われていますね


画像

                          ということで 浮見堂へ



画像画像

画像

                浮見堂 以前に来た時より きれいになっていました 

浮見堂は 檜皮葺きで八角堂形式のお堂です 現在の浮見堂は平成3年〜6年に修復されたとのことです  以外と新しいもの(戦後か・・)と思いきや 大正5年に造られています 春日や興福寺とはなんの関係もない建物(だから浮御堂でなく浮見堂)で 当時は こんなもん造りやがって・・・(*`O´)/ と言ったとか言わなかったとか・・・ 今では 南禅寺の疎水のように・・・・・ 
  
画像

  ・・・・・ 奈良公園の風景のひとつに溶け込んでいますね 昼間もいいですが 夜中もいいですよ 特に満月のときなどは・・・ しかし 女性一人だけというのはやめてくださいね・・・





画像

               さて 浮見堂で一服して 鷺池を後に 高畑町の方へ



画像

途中 飛火野が目前に広がります 昔 高台に有事の際に平城京に知らせるための狼煙があったといわれています ここも散策にはいいですね 夏は暑いし 冬は寒いので 今頃の季節がいいです 今は芝生が綺麗ですが戦後しばらくは芋畑でした

                   「春日野の飛ぶ火の野守出でてみよ
                                    今いくかありて若菜摘みて





                                      志賀直哉旧居へ 奈良散歩3 つづく        



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鷺池 浮見堂 飛火野から志賀直哉旧居へ  奈良散歩2 なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる