なぎさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近の話題から 重力波とか 映画とか・・アカデミー賞

<<   作成日時 : 2016/02/29 14:36   >>

トラックバック 0 / コメント 2

アインシュタインが100年前に予言した「重力波」を米国(全米科学財団(NSF)の観測施設LIGOがついにとらえた (12日付)

画像

                アメリカ ワシントン州ハンフォードの重力波検出装置 LIGO 

今年は あのアインシュタインが重力波を予言(1916年 一般相対性理論) してちょうど100年目ということで 気合いが入っていますね しかし 私がすぐに 記事としてアップしなかったのは もしかしてまたも ガセかと思ったからです(笑) こういう「発見」には随分 落胆させられていますからね・・・

重力波の存在は 以前から アインシュタイン予想をもとに間接的に確認されています 1993年にラッセル・ハルスとジョセフ・テイラーは 二つの星がお互いの周りを回る連星が発生させた重力波を観測し(実際には それに伴う 回転の変化) それが 一般相対性理論の数式と理論上一致したことにより ノーベル賞を受賞しています 

そして 重力波の直接観測を目指して 92年には ワシントン州のハンフォードとルイジアナ州のリビングストンの2カ所に重力波検出装置が建設されることになった 同じ装置を2台作り 独立に観測を行うことで 信頼度を高めるためである 総予算は約1300億円で NSF史上最大のプロジェクトである   ということで これがLIGO「Laser Interferometer Gravitational-Wave Observatory(レーザー干渉型重力波天文台)」ちゅうことやね・・・

さて 物理学の門外漢の私(一応 高校では物理TUをとりましたが・・一般相対性理論などなかったような ましてや重力波なども・・)には 重力波とは何ぞや? 

今回 観測された 重力波は 地球から約13億光年先の 2つのブラックホールが互いに渦を巻くように回転しながら衝突したときに発生したもので  ブラックホールの1つは太陽の約36倍の質量があり もう1つは約29倍の質量がありました 

画像


重力波は さざ波のように? 宇宙空間を広がり 2015年9月14日 地球上に設置されたLIGOの4組の鏡 (2組は米国ルイジアナ州 もう2組はワシントン州に設置)に ごくわずかだが測定可能な変化を引き起こした(2つの施設は3002 km 離れており 光速度で伝播する重力波の到達時間として約10ミリ秒の差を観測)


私たちは通常 時空の伸び縮みを感じない 時間は一様に流れているし 風景が伸び縮みすることもない カリフォルニア工科大学のLIGOのチームを率いるアラン・ワインスタイン氏は 「それでも重力波は 今この瞬間にも私たちの体を通り過ぎています これは確かなことなのです」と言う

重力波が地球を通り抜けているのは確実なのに その影響をなかなか測定できなかったのは 「空間の伸び縮みが信じられないくらい小さいからです」とワインスタイン氏 2人の人間が1m離れて座っているところに重力波が通過すると両者の距離が変化するが その大きさはわずか10の21乗分の1mであるという これは原子核を構成する陽子の直径のわずか100万分の1だ

けれども LIGOのように2つの鏡を4km離れたところに設置すると 重力波によって陽子の直径の1万分の1の変化が生じる 「それなら測定できます」とワインスタイン氏は語る


ノーベル賞級の観測であることは間違いないですな しかし ニュートリノもそうですが これほどの観測装置を使わないと発見出来ないとは 物理学だけでなく 科学全般の研究が大掛かりになってきました まあ 戦争やテロなどに金や労力を使わないで こっちのほうに力を入れてほしい そしてその勢いで 重力と時間と空間の正体を暴いてほしいですな ほんと まだ 何もわかっちやいませんからね・・



 
さてさて このところ 映画の話題をしていなかったので・・・
画像


こうしている間ににも 第88回アカデミー賞の結果が次々と入ってきました


画像

                         Spotlight   2015  Open Road Films

                       作品賞  「スポットライト 世紀のスクープ」

画像

                主演男優賞  レオナルド・ディカプリオ  「レヴェナント 蘇えりし者」  

        

さて 今回のノミネート作品で 私が事前に 観ていたのは 「ブリッジ・オブ・スパイ」 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」 「オデッセイ」 「レヴェナント 蘇えりし者」だけなので 個人的評価になりますが・・・


画像

                            The Martian 2015  FOX

「オデッセイ」を 私の好みとして推して(笑)いたのですが・・ 受賞ならずです まあ 現在 アメリカは大統領選真近ということで やはり 社会派作品のほうへ流れましたね・・・関係ないか  しかし 何で「The Martian」が「オデッセイ」という邦題になるのか理解に苦しみます(笑)・・・ 「オデュッセイア」を読んだことがないのか あるいは 古代ギリシアの叙事詩の素養がないのか または 「2001: A Space Odyssey 」からの安易な発想か・・・「2001年宇宙の旅」の邦題も最悪でしたが(笑)



画像

                          The Revenant  2015 FOX              

さて レオナルド・ディカプリオ(1974〜) やっと アカデミー賞貰えましたね 「レヴェナント 蘇えりし者」の演技も いつもながら臭かったけれど セリフを喋らないときの 無言の演技が 40歳を超えて少し変化してきましたね 背水の陣の必死さは伝わってきました これで貰えなかったら 暴れるのじゃないかと(笑) 19歳の時の「ギルバート・グレイプ What's Eating Gilbert Grape 1993」の神がかり的演技から 22年・・長かった?





画像

        「レオは 俺のような役者になりたいんだろう それじゃ もっと 問題児にならないとな(笑)」      


                                                    おわり








   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほど、光が曲がるのではなく、重力で空間が曲がるからそこを通る光も曲がって見えるということですか。 しかし、空間とは何でしょうか。 何もないのでしょうか。
大神太郎
2016/03/15 20:55
さあ 何でしょうかね 何もないことはないです 何もなかったら我々も存在しません(笑)空間があります(笑)考え方は2つあります 一つは とてつもなく大きな空間としての個体 これだとビッグバンや相対性理論とか もちろん重力波とか・・現在の物理学を説明できない そこで もう一つ 空間や時間も 物質と同じで極小の素粒子で出来ている・・これが現在の考え方ですが 素粒子だといくら極小だとしてもデジタルになってしまいます これはまずい 空間や時間が途切れ途切れになってしまいます(笑)そこで 素粒子だけどひものようにつながっている?という弦理論が出てきました・・しかし これでも空間(場)の重力(質量)が説明出来ません そこで超対称性の素粒子を付加させた超弦理論・・これで時空とエネルギーを説明(場の理論いわゆる統一場理論)しようとしていますが・・・ねぇ さらにひもではなく膜のようになっているというのがM理論です 膜はいくつもあってこれが多次元宇宙の考え方になっています ここまでくるとSF的ですが(笑)      
なぎさの民俗学者
2016/03/23 18:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
最近の話題から 重力波とか 映画とか・・アカデミー賞 なぎさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる