アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「歩く」のブログ記事

みんなの「歩く」ブログ

タイトル 日 時
桜 さくら SAKURA  毛馬桜之宮公園
桜 さくら SAKURA  毛馬桜之宮公園 こちら上方では昨日まで 数日 しとしとと冷たい雨が降っておりました いや〜まったく花見見物なんていう状態じゃなかったわけでして・・ ようやく 花も散り初めて やっと天気が今日一日回復・・ で・・取るものも取り敢えず 桜を観に出かけたという事です・・・(笑) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/14 02:10
旧東海道(鎌倉街道)を歩く 三条粟田口から蹴上 その2
旧東海道(鎌倉街道)を歩く 三条粟田口から蹴上 その2 さて 旧東海道歩きの続きです ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/21 01:59
旧東海道(鎌倉街道)を歩く 三条粟田口から蹴上  その1
旧東海道(鎌倉街道)を歩く 三条粟田口から蹴上  その1  あまり 知られていない旧東海道を 京都三条粟田口から 蹴上(実際は蹴上まで歩けないのでその手前)までをぶらりと歩いてみましょう ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/21 01:58
第67回 正倉院展 奈良国立博物館 おまけ・・・興福寺北円堂
第67回 正倉院展 奈良国立博物館 おまけ・・・興福寺北円堂 戦後70年・・・安全保障関連法案 増税 高齢化・少子化 マイナンバー TPP 格差 年金破綻 不景気・経済危機 政治力低下 そして日本人としての誇りの喪失感 ・・・日本はこれからどこへ行こうとするのか こんな時こそ 温故知新・・・古き良き時代の日本と日本人を探しに行きませんか ということで 1300年前にタイムスリップ・・いや 古きに戻りすぎって・・・仕方ないじゃありませんか 正倉院展ですから・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/05 02:38
桜を観に行く 萱島〜寝屋川界隈 友呂岐(ともろぎ)緑地 その2
桜を観に行く 萱島〜寝屋川界隈 友呂岐(ともろぎ)緑地 その2 おまたせいたしました 前回 友呂岐(ともろぎ)緑地その1の続きです ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/30 00:12
桜を観に行く 萱島〜寝屋川界隈 友呂岐(ともろぎ)緑地 その1
桜を観に行く 萱島〜寝屋川界隈 友呂岐(ともろぎ)緑地 その1 3月から4月にかけて こちら上方はとにかくこれでもかというくらい雨が降り続き 降らない日もどんよりと雲が垂れ込み鬱陶しい日々が続いておりました  ただ 1日だけ ほんとうに奇跡的に天気のよい日がありましたので その日を逃さずに 桜を観に行きました・・・ 今回は近場の名所? 隣り街 寝屋川の友呂岐緑地です ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/21 22:30
奈良坂あたりを散策その4  奈良豆比古神社へ
奈良坂あたりを散策その4  奈良豆比古神社へ さて 前回の般若寺から 先へ進みましょう  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/07 21:00
奈良坂あたりを散策その3  般若寺
奈良坂あたりを散策その3  般若寺 さて 気を取り直して 先へ進みましょう 前回は般若寺手前の般若坂まで ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/01 19:23
奈良坂あたりを散策その2  般若坂
奈良坂あたりを散策その2  般若坂 さて 前回の転害門前から 今回は旧平城京外京東七坊大路(東京極大路 京街道 現国道399号)を北へ向かいます ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/02 01:44
奈良坂あたりを散策その1  転害門から
奈良坂あたりを散策その1  転害門から さて 転害門から奈良坂越えの街道については 以前 転害門と奈良坂越え京街道(大和街道)でさらりと触れました あの時は 転害門から一条通り(佐保路)の方へ行きました 今回は京街道へ・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/27 22:46
正倉院へ行こう 奈良散歩
正倉院へ行こう 奈良散歩 前回の正倉院展の流れから 正倉院展を観ながら 正倉院の建物ほうは観たことがないという人が多いので屋根瓦の補修工事が終わって 一般公開を再開した正倉院へ行ってみます                                              以前の正倉院訪問記事へ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2014/11/15 21:34
大阪市立美術館に「こども展」を観に行ったり・・とか
大阪市立美術館に「こども展」を観に行ったり・・とか 先日 台風19号が来るぞ・・という前日(12日)・・明日(13日)はたぶん台風の影響で出歩くのは控えたほうがいいと思えたので・・・大阪市立美術館に行ってきました  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/18 23:10
外国人旅行者のための?梅田スカイビル(Umeda Sky Building ) ガイド その2
外国人旅行者のための?梅田スカイビル(Umeda Sky Building ) ガイド その2 鳴り物入りで登場した 台風8号でしたがこちら上方には風も雨もなく 最接近の時はどこに行ったんだ台風?という感じでした 被害も何事もないということはよいことで・・・みなさんの地方はどうですか ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2014/07/12 22:14
外国人旅行者のための?梅田スカイビル(Umeda Sky Building ) ガイド その1
外国人旅行者のための?梅田スカイビル(Umeda Sky Building ) ガイド その1 ここ上方では鬱っとおしい?梅雨が続いておりますが みなさんの地方はどうですか  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/12 18:18
ご近所散歩 名所 万年寺山意賀美神社に梅を観に行く 
ご近所散歩 名所 万年寺山意賀美神社に梅を観に行く  江戸端唄にあるように「梅は咲いたか 桜はまだかいな」ということで・・・先日(2月24日) 梅の名所 万年寺山 意賀美神社に梅を観に行きました  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/13 20:38
織田作之助と口縄坂  大阪散歩その2
織田作之助と口縄坂  大阪散歩その2 今年(2013年)は織田作之助生誕100年ということで こちら上方では色々と記念イベントなどが行われておりました  と・・いうことで 今年もあとわずか 来年になってしまうと白けてしまうので 私も今年中に便乗しておきます ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/11 21:12
志賀直哉旧居 内部探索  奈良散歩その5
志賀直哉旧居 内部探索  奈良散歩その5 さて 前回の二階から 一階の探索へ参りましょう  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/15 18:38
志賀直哉旧居 内部探索  奈良散歩その4
志賀直哉旧居 内部探索  奈良散歩その4 それでは おさらいをしたところで 前回の続きです  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/12 17:53
志賀直哉旧居  奈良散歩その3
志賀直哉旧居  奈良散歩その3 さてさて 前回に続きです 早速 志賀直哉の旧居跡へ行きましょう ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/11 20:25
鷺池 浮見堂 飛火野から志賀直哉旧居へ  奈良散歩2
鷺池 浮見堂 飛火野から志賀直哉旧居へ  奈良散歩2 さて前回の続きです・・・・今回はあまり 観光客が行かない所ということで 鷺池から 高畑町の志賀直哉旧居まで ぶらぶらと散歩しましょう ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/10 19:35
奈良の若草山に登る  奈良散歩その2
奈良の若草山に登る  奈良散歩その2 さてさて 若草山に登る 奈良散歩の続きです 春日山遊歩道をトコトコ歩いて(登るというよりは 歩くというほうがいい)頂上まですぐそこまできましたが その前に・・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/18 18:12
奈良の若草山に登る  奈良散歩その1
奈良の若草山に登る  奈良散歩その1 奈博で當麻曼荼羅を観た後 前回の奈良散歩で若草山に登らなかったので 今回は登ってみましょうか・・・っていうか 今回は家人が一緒じゃないので 私は自由に行動が出来るのですよ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/16 19:51
お初天神に五分咲き桜を観に行く
お初天神に五分咲き桜を観に行く 寒い日と暖かい日が交互に続く上方ですが みなさんの地方はどうですか  内外ではいろんなことがありました バチカンや中国では 新しい指導者が決まりましたね 箸墓古墳で研究者による立ち入り調査がありました そんなこんなで記事したいことがあったのですが さぼりました そういえば アカデミー賞も決まって 映画なんかのことも書かないといけないな〜と思いながらも さぼりました ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/25 21:09
春近し  散歩でギャラリー観賞や本屋で立ち読み
春近し  散歩でギャラリー観賞や本屋で立ち読み こちら上方では 日々の日射しに 春の欠片が増えていくような気がします もう春近しです みなさんの地方はどうですか ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/26 18:58
神戸元町南京町へ  神戸散歩その2
神戸元町南京町へ  神戸散歩その2 さて マウリッツハイス美術館展を観たあとは 年の瀬の神戸の町をぶらぶら歩きます ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/28 17:29
日本一高いビル・・とか慶沢園とか  大阪散歩その2
日本一高いビル・・とか慶沢園とか  大阪散歩その2 さて 大阪散歩 北斎展の続きです 大阪市立博物館で北斎展を観た後 そこら辺りをぶらぶらと歩き回ります これが一人歩きの良さですな 家人と一緒だとそうそう自由に行動できませんからね(笑) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/12 20:00
二月堂あたりをぶらぶら 奈良散歩おまけ  
二月堂あたりをぶらぶら     奈良散歩おまけ   さて 東大寺ミュージアムを後にして 天気がいいので さらにぶらぶらしてみます ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2012/11/12 21:15
東大寺ミュージアム 奈良散歩その3
東大寺ミュージアム   奈良散歩その3 さてさて 春日大社へぶらぶら  奈良散歩その2 の続きです 東大寺へ向かいます  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/09 11:51
春日大社へぶらぶら  奈良散歩その2
春日大社へぶらぶら  奈良散歩その2 奈博で正倉院展を観た後 ぶらぶらと散歩しますぜ 行くあてはあるのですが 久しぶりなので春日大社へ少しだけ顔を出しておきましょう ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/06 21:59
夜のお散歩 阪神甲子園球場
夜のお散歩 阪神甲子園球場 梅雨の季節ですね ここ上方も一日置きに雨が降っておりますが みなさんの地方はどうですか ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/03 23:54
ツタンカーメン展 黄金の秘宝と少年王の真実 大阪天保山特設ギャラリー
ツタンカーメン展 黄金の秘宝と少年王の真実  大阪天保山特設ギャラリー ここ上方では なんとなく気温が少しづつ上がってきて日替わりで雨と快晴が続いております 天気が不安定ですねこの季節は?  みなさんの地方はどうですか ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/27 21:37
だらだらと・・桜の咲く季節となりました・・・
だらだらと・・桜の咲く季節となりました・・・ 今年も ここ上方は桜の咲く季節となりました みなさんの地方はどうですか ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/13 22:19
紅葉とか・・・読書とか・・・映画とか・・・
紅葉とか・・・読書とか・・・映画とか・・・ 随分と秋も深まり・・・というか もう冬の足音が聞こえてきそうな季節ですが みなさんの地方はどうでしょうか ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/23 00:47
鶴橋商店街 昭和レトロ街ブラブラ歩き
鶴橋商店街 昭和レトロ街ブラブラ歩き 大阪の街も 11月の府知事選 市長選のW選挙ということで 猫も杓子も?盛り上がって?おります  みなさんの地方では何か盛り上がっていますか  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/29 22:58
京都散歩 初めての東本願寺 
京都散歩 初めての東本願寺  前回 西本願寺へ行きましたので 今回はさっくりと東本願寺へ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2011/10/26 22:46
京都散歩 初めての西本願寺 後編
京都散歩 初めての西本願寺 後編 さて 前回 西本願寺 前編の続きです ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/25 22:42
京都散歩 初めての西本願寺 前編
京都散歩 初めての西本願寺 前編 久しぶりで名古屋へ行きました ひと仕事終えた後 誘われて味噌カツを食べにいったんですが 昔ほど旨いとおもわなかった 年を取ると好みが変るのかもしれないなどと考えつつ あまりにも天気がよいし時間が余ったので 帰りに 京都で新幹線を途中下車して・・・・というより 家に帰るにはここでJRから近鉄に乗り換えるので新幹線をどちらにしても降りないといけません・・・・散歩してみました ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2011/10/23 21:26
ご近所散歩  万年寺山周辺  御茶屋御殿跡〜意賀美神社〜むくの木
ご近所散歩  万年寺山周辺  御茶屋御殿跡〜意賀美神社〜むくの木 気候がいいので 爽やか風に誘われるように散歩に出かけました ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/06 23:01
京都 木屋町通を最後まで歩く 完全ガイドその2 四条から七条 さらにその先まで
京都 木屋町通を最後まで歩く 完全ガイドその2 四条から七条 さらにその先まで さて 前回「木屋町を最後まで歩くその1」の続きです ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/13 16:26
京都 木屋町通を最後まで歩く 完全ガイドその1 二条から四条まで
京都 木屋町通を最後まで歩く 完全ガイドその1 二条から四条まで さて 秋晴れとさわやかな風に誘われて 京都木屋町通を上から下まで歩いてみたいと思います 旅行者向けガイドブックを見ても ネットで検索しても ほとんどが 二条御池あたりから四条 あるいはよくて五条までぐらいしか紹介していませんね 残念なことです 五条からさらに南が とてもいい散歩路なのですが・・・・ そこで 「京都の人でも 何か必要な用事でもなければ 歩くことなどないだろう」といわれる 木屋町通を最後まで歩いて紹介しましょう えっ そんなことしなくてもいいって・・・そう言わずに付き合ってくださいよ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/11 16:46
ユリの花が咲く季節ですね・・・
ユリの花が咲く季節ですね・・・ こちら 上方では秋雨前線の影響からか はっきりしない天候が続いています 気温は若干低めですが なんせ 湿度が高いですから・・・・アメリカの西海岸あたりじゃ 30度越えても汗かきませんが 日本じゃ25度で蒸し苦しい熱帯夜ですからね ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/24 17:59
奈良 興福寺あたりを歩く
奈良 興福寺あたりを歩く とりあえず 「特別展 天竺へ〜三蔵法師3万キロの旅 奈良国立博物館」 の続きです  とんでもない暑さの中 奈良に行き 奈博で特別展を観たあと もうJR奈良駅まで帰る気力がなく すぐ近くの近鉄奈良から帰ることにして ひとまず興福寺境内を近鉄まで歩くことにしました ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/16 14:51
リニューアル大阪駅 「大阪ステーションシティ」
リニューアル大阪駅 「大阪ステーションシティ」 つい この間 リニューアルオープンした大阪駅というか なんというか・・・・阿倍野(天王寺)では 「あべのキューズモール」がオープンしたらしいし・・・どんどん 大阪が変って行きますね 再開発だ 活性化だとかですけど 要は金儲けですからね これから 一般庶民が直面するだろう現実を よく見極めてから 都市計画 お金の使い方を考えないと・・・・・すべてが とんでもない方向へ行きますよ  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/06/03 17:24
今年も桜が咲く季節になりました・・・・
今年も桜が咲く季節になりました・・・・ 東日本地方で大地震(東日本大震災)が発生してから ひと月ほど過ぎました  まだまだ 現地では大変な状況が続いているようで・・・なんとも 言いようのない気持ちです ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2011/04/12 09:55
その後の三匹の猫のことなど・・・  只今 散歩中
その後の三匹の猫のことなど・・・  只今 散歩中 以前 散歩中に屋根の上で日向ぼっこ?している三匹の猫の記事を書きましたが  その後 それについての反響?があり あの三匹の猫はどうなったのか・・・などの問い合わせが殺到??しています ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/08 08:49
ご近所散歩 鵜殿のヨシ焼きなど・・・
ご近所散歩 鵜殿のヨシ焼きなど・・・ 先週まで さぶい日々が続いたのですが 今週に入って 春のような陽気が・・・ しかし 上方では お水取りが終わるまでは油断は出来ません ちょっと 気を緩めると すごいさぶさがやって来たりしますからね すごいといっても 北国に住んでおられる方々には 笑われてしまうほどのさぶさですが・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/22 14:17
天武・持統天皇陵 欽明天皇陵 そして 見瀬丸山古墳 明日香村散策その4
天武・持統天皇陵 欽明天皇陵 そして 見瀬丸山古墳 明日香村散策その4 高松塚の国宝壁画を見学ついでに 久ぶりの明日香の里を中尾山古墳 高松塚古墳 文武天皇陵とめぐりました ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/16 17:29
中尾山古墳 高松塚古墳 文武陵を観に行く 明日香村散策その3へ
中尾山古墳 高松塚古墳 文武陵を観に行く 明日香村散策その3へ  さて 前回のつづきです  壁画を観たので ついでですから 飛鳥歴史公園内に点在する 中尾山古墳 高松塚古墳 文武陵の3つの古墳を観てまわります ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/09 11:53
飛鳥美人に会いに行く 高松塚古墳壁画一般公開 明日香村散策その2
飛鳥美人に会いに行く 高松塚古墳壁画一般公開 明日香村散策その2 さて 前回の続きです   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/05 17:29
飛鳥美人に会いに行く 高松塚古墳壁画一般公開 明日香村散策その1
飛鳥美人に会いに行く 高松塚古墳壁画一般公開 明日香村散策その1 高松塚古墳壁画一般公開ということで  奈良の明日香村へ飛鳥美人を観に行きました ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2010/11/04 17:11
ご近所散歩 枚方宿くらわんか五六市
近世東海道の旧宿場町枚方で 毎月第二日曜日に行われている「枚方宿くらわんか五六市」に久しぶりで散歩がてら行って来ました  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/11 00:29
ご近所散歩 茨木街道  唐崎から玉川の里あたり  その2
こちら 上方は梅雨に入っておりますが みなさんの地方はどうですか  毎日 FIFAワールドカップをTV観戦していたら またまた 睡眠不足に・・・そのうち 全米オープンまで始まって・・・・ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2010/06/21 18:51
ご近所散歩 茨木街道  唐崎から玉川の里あたり  その1
この頃は 天気の方も安定して 随分と過ごしやすい日々が続いておりますが みなさんの地方はどうでしょうか  幼稚園の園児の遊びを見ているように ハラハラしてしていたら やっちゃいましたね鳩○総理の辞任・・・・ツィッターなんかやってる場合じゃないんですが・・・昔の武士だったら 切腹 家禄没収お家断絶 一族郎党他家預かりですよ 政治家の仕事は 命や名誉やその他色んなものを賭けてする仕事じゃなくなってしまったんですね  やらねばならなかったのは 沖縄の人々との話し合いではなく もっと早く・・・40年前あ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/08 15:17
坂本龍馬の墓 徹底ガイド
今 巷では 坂本龍馬ブーム?ということで 私もそのブームに乗らない手はないと思い 乗らしてもらいます ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/04/20 15:13
ご近所散歩 2  鏡伝池  八幡 背割堤 桜さくらづくし〜
さて 前回の続きからです  交野天神社(樟葉宮伝承地)から すぐにある 鏡伝池へ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/07 04:50
ご近所散歩 交野天神社  樟葉宮伝承跡 
土曜日(3日)まで 天候不順で寒かったのですが 日曜日は一転して 朝から快晴 気温も20℃まで上がるという・・・こうしてはいられないと 夜行性の私ですが 性懲りもなく ふらふらと 散歩に出かけました ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/05 05:50
世界の図書館はこんなに凄い! 
世界の図書館はこんなに凄い・・・という訳で 今回は 日頃お世話になっている図書館の話題です 世界の図書館の何が凄いのかは 後にして まずは身近な図書館から・・・・散歩がてらに行ってみましょう ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2010/02/11 16:25
京都 橋本遊郭を歩く
久しぶりで 京都の橋本遊郭跡を散策してみました  橋本は 伏見城と大坂城を結ぶ 京街道沿いにあります 古くは 行基が架けたとされる 山崎橋があったところで 古代官道 南海道と山陽道との交通の要所でもありました 詳しくはわかりませんが 遊里として賑わったのは 江戸時代になって 庶民が旅行に出かけられるようになってからでしょう 橋本は 京街道(東海道)の宿場町と紹介されていますが 宿場町ではありません 石清水八幡詣の精進落しとして 八幡の聖の場所との対で遊里として 俗の土地として機能していました ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 12

2010/01/15 17:09
淀川資料館に「ブルーギル」を見に行く  その2
さて 前回のつづきです  天野川の河口から始めましょう  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2009/11/05 15:46
淀川資料館に「ブルーギル」を見に行く  その1
前回の 遺伝子を解明して 日本で繁殖している淡水魚 ブルーギルの先祖はすべて アメリカのアイオワ出身であることを突き止めたという記事のつづきです   そこで実際のブルーギルを 淀川資料館に見に行きます ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/03 12:14
君はブルーギルを見たか 
しばらく 体調を崩して(たいしたことはない)いました 元気が出てくると 体力回復などと称してうろうろしたくなって来ている 今日このごろです  で 何か うろうろするネタはないかと・・・先日 こんな記事が新聞に載っていました ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/03 12:13
交野山 山登り記 その3 いよいよ登頂
またまた 夜泣き石 源氏の滝と寄り道しました ここからは 寄り道なしに一気に頂上まで 登山道を昇ります ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/14 15:08
交野山 山登り記 その2 夜泣き石伝説と源氏の滝
前回 機物神社のところでで寄り道をしてしまいました まだまだ 歴史的にも民俗学的にも興味深いことがあるのですが そんなことをしていたら 一向に前に進まないので ここら辺で切り上げて 先に進みます ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/10 22:15
交野山 山登り記 機物神社のことなども
上方は9月に入り やっと 強烈な夏の日差しも幾分かやわらできました 皆さまのお住まいの地方はどうでしょうか ということで 私は交野山に登りに来ました この山は 自宅から自転車で 30分くらいで来られるところなので これまで幾度となく登ったことのある山です まあ登山というほどのものじゃありませんが・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/09/09 18:00
朝早い京都散歩4 岡崎・黒谷 金戒光明寺あたり 京都守護職本陣
さて 早朝の京都散歩のつづきですが しだいに陽が昇り 京都独特の じとーっとした暑さがまとわりついてきました そろそろ この 早朝散歩も終わろうと思います  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/13 18:02
朝早い京都散歩3 知恩院・明智光秀の首塚あたり  光秀の首の行方の謎
さてさて 前回のつづきです 早朝の散歩ですが 知恩院の門前まで来ました 次第に 陽が昇り 暑くなって 蝉の鳴き声が ひときは高くなってきました ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/11 17:18
朝早い京都散歩2  三条祇園・知恩院あたり
前回の続きで 早朝の祇園四条あたりを うろうろと歩いています 四条通りを渡り 三条花見小路へと向かいます ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/08/08 16:06
朝早い京都散歩1  四条祇園・建仁寺・花見小路あたり
梅雨が明けた? 8月の暑いある日 京都岡崎に住む友人と その日の昼から山科の清水焼団地に行く用事があったので 暇な私としては 朝 早く家を出て 京都へ行き 岡崎の友人宅までぶらぶら歩こう考えました・・・・・したがって 以下の京都散歩はただ朝の京都を歩くだけ・・・の紹介です  清水焼団地の用事が済んだら そのまま 岡崎の友人宅に泊まり 次の日は 京都市美術館の「ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画」を観に行く予定なので そちらの方を期待してください ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2009/08/07 15:41
東福寺へ 紅葉はまだか?
前回の続きです  11月も中頃・・・・いつもなら この時期 京都は紅葉が見ごろになってくるのですが 今年は暖かい日が続き 今ひとつです それでも 東福寺は紅葉狩り?の観光客が結構います  そんな 観光客の後をぼちぼちとついていきます ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/21 01:12
大和大路(伏見街道)を東福寺へ
さて 今回は 京都国立博物館の「japan 蒔絵」展からの続きです 素晴らしい秋晴れに恵まれて(このブログを書いている今は 外で木枯らしが吹いて とてつもなく寒くなっています) このまま帰るのが惜しいので 紅葉を観ようと東福寺まで足を伸ばしました ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2008/11/20 09:56
「中世の東海道をゆく」を読む
今なら東海道を 飛行機や新幹線 高速道路があるので歩いて行く人はあまりいないだろう いるとすれば それは別の目的があるわけで 旧東海道を江戸時代のように歩いてみたいとか 自分の可能性に挑戦したいとか・・まあどちらにしても生半可なことでは歩き通すことは出来ない 毎日 20〜25kmを20日〜25日間歩かないといけないし 季節にもよるが 暑さ 寒さの対策 野宿する覚悟も必要 それよりも歩き通すという強い意思と時間と金がないと・・・・ 随分前に一度 東海道の距離を実感するために旧道(旧国道一号線)を軽... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/11 23:20
宇治ハイク 宇治上神社へ  最終回
仏徳山の展望台ですばらしい宇治の町並を眺めながら一息ついた後 宇治上神社に向かいます ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/23 21:58
宇治ハイク 仏徳山〜展望台 その6
志津川の集落から朝日山・仏徳山を通り宇治橋付近(奈良街道)へ抜ける古道(東海自然歩道)を行きます ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/23 01:38
宇治ハイク 天ヶ瀬ダム〜志津川へ  その5
白虹橋から天ヶ瀬ダムの雄大な姿を堪能した後 再び先ほどのダムの頂上へ向かう道に戻ります 急な登り坂をふうふういいながら登り切ると ダムの頂上です 脇に休憩所がありますのでひと休み・・・ さすがに このあたりまでは宇治からの観光客は来ませんね 穴場なんだけど ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/22 01:07
宇治ハイク 天ヶ瀬ダムへ その4
平等院の南門から出て 宇治川の岸辺の散策道通称「あじろぎの道」を歩きます   あじろぎ(網代木)・・・琵琶湖で生まれた鮎の稚魚を獲る鎌倉時代まで行われていた宇治川の伝統的な漁法で網代(竹や木で編んだ魚を獲るための仕掛け)を繋ぎとめた杭のことです 古くは秋になるとこの漁を見物に来る人たちがいたとか・・・源氏物語「橋姫」にも網代見物のことが書かれていますね 宇治橋がよく流されるのは宇治川での殺生が原因というわけで 1286年叡尊が浮島に十三重石塔を建てて殺生を禁じました それ以後網代漁はなくなった... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/21 00:10
宇治ハイク 平等院〜平等院ミュージアム鳳翔館  その3
平等院の院内には 以前宝物館のあった場所に新しく2001年にオープンした「平等院ミュージアム鳳翔館」があります 平等院の南側の丘の上に宝物館があったのですが鳳翔館は丘の中に造られています これも美観を損ねないようにとの配慮でしょうか ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/19 23:54
宇治ハイク 平等院  その2
橋姫神社で寄り道したので 再び平等院への参道へ向かいます さすが平等院ですね かなりの数の観光客です 参道両脇には宇治茶を出す茶店が軒を並べています 今の季節 冷たい緑茶か抹茶アイスクリームがよく売れていますね ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/17 00:22
宇治ハイク 橋姫神社〜平等院へ その1
今年は源氏物語が上梓されてちょうど千年目?ということで 「源氏物語千年紀」で盛上がる? 宇治周辺を歩きました 宇治に着いてわかったのですが 本日は花火大会ということです ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/16 04:05
京都北野界隈 御土居〜千本釈迦堂へ
引き続き 北野社をうろうろしています 北野社と言えば御土居ですね・・・そうでもない?  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/11 00:02
北野天満宮と天神様
さて 北野天満宮宝物殿を出て 本殿の方に向かいます もう一度 楼門の前に戻り さらに左側に取り付いた参道にむかいます・・・・つまり 楼門から 真っ直ぐに参道が中門に続いているのでなく 絵馬所の前まで行きそこから参道に向かいます ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2008/08/08 01:21
北野天満宮 神々の群像 木造鬼神像初公開
京都北野天満宮で 修復作業が終わった木造鬼神像全13体が初公開されるというので観にいきました 京阪三条から京都市バス10番系統で北野天満宮前まで・・・バスはくねくね京都市内を走りますので 結構時間がかかります のんびりと夏の京都市内をめぐります ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2008/08/02 23:23
特集陳列 坂本龍馬 京都国立博物館
京博で行われている「特集陳列 坂本龍馬」を観にいきました これまでに何度か 京博が所蔵する坂本龍馬の遺品や関係資料を中心に展示会がありました 私もこれまでに 何回か見ていますが 坂本龍馬というのは根強い人気がありますね 今回は 高知県立坂本龍馬記念館蔵で 姪の春猪宛の初公開の龍馬実筆の書簡などもあります ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/29 23:58
東近江 道草歩き その7 太郎坊宮へ 後編
さて 意気込んで 石段を登り始めたのいいのですが 上を見ると クラクラしそうなほど急で果てしなく石段が続いているような気がして・・・ しかも 誰もいません・・・讃岐の金毘羅さんのように屋台もなければ 陽気さもないです・・    ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/27 11:43
東近江 道草歩き その6 太郎坊宮へ 前編
沙沙貴神社前の安土街道の旧道を歩き太郎坊へ向かいます  この街道は南下して 老蘇で中仙道 太郎坊宮前小脇で八風街道と交差する街道です  佐々木氏の本拠地小脇と沙沙貴神社を結んでいるところからも かなり古い時代からある古道といえます 旧道は すぐに 腰越で県道に吸収されてしまします 以後 何もないこの県道を歩きます 面白くない・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/25 20:53
東近江 道草歩き その5 沙沙貴神社
安土城跡から 太郎坊に向かうつもりですが ここはもうひとつ寄り道して 沙沙貴神社を訪ねてみましょう 大手道から 安土城前を横切る県道8号に出ます この県道は 信長が安土城を築城したときに造らせたといわれる道(下街道)です 中仙道(東山道)から安土城下に来るための重要な街道です ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2008/07/23 22:36
東近江 道草歩き その4 旧ハ見寺跡へ 安土城跡番外編
安土城天守跡から 来た道を七曲口道の二又のところまで戻り 今度は旧ハ見寺跡の方へ向かいます ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/22 01:13
東近江 道草歩き その3 特別史跡 安土城跡 後編
東近江の道草歩き 特別史跡 安土城跡の後編です さて いよいよ 安土城の中心部に入る 黒金門跡です ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/21 14:12
東近江 道草歩き その2 特別史跡 安土城跡 前編
太郎坊宮へ行く途中で 東近江を道草しています 次は 安土城跡 ここには これまで2回来た事があります 今回が3回目 来る度に様子が変わっていますね 順調に整備事業が進んでいるようです ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2008/07/20 16:00
東近江 道草歩き  その1 御上神社と三上山
先日 若い人たちの歴史研究の集まりに顔を出し 「近江はいいよ 歴史の宝庫いっぱいだよー」という話をしたら 伝説や神話を調べている某若い人から「太郎坊に行ったことあります?」と聞かれた・・ 「近くまでは行ったけど・・・実は 上まで登ってない・・」と答えると 「えーっ そうなんですか・・不思議な事大好きな人なのに・・行ってないんですか・・・」と以外な顔をされてしまった・・・・・ それゃあ・・私だって行ってないところ いっぱいありますよ・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/20 00:48
吉田山と吉田神社 京都ぼちぼち歩き 最終回
南禅寺から哲学の道を歩いて 銀閣寺まで来ましたが 銀閣寺門前の人の多さにうんざりしてしまい ここから 今出川通を歩いて 吉田山の方へ行こうかと思います ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/03 00:11
哲学の道 後半  京都ぼちぼち歩き
その学徒は 疎水沿いの小道を歩きながら考えた 「禅の思想とは 無(悟り)の境地だ 無と言っても 何もないということじゃない・・・ 仏(主体)と自我(客体)の一体化により すべてを悟る・・・・この境地はあらゆるものを絶対的に超越したものだ それが 無の概念だな・・・これは言葉や行動で表されるものじゃない つまり 現実の世界は 「絶対矛盾的自己同一」だからだ(主体としての存在は 他者(客体)を認める相互関係で成り立っている)  だから すべての(自他)の相互関係が 実はひとつで 自分もその一部だ(... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/01 23:08
哲学の道 前半  京都ぼちぼち歩き
南禅寺の境内を抜けて 疎水沿いの哲学の道を歩こうと思います 春夏秋冬とその季節によって 趣きを変える道です  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/29 18:04
南禅寺から水路閣へ  京都ぼちぼち歩き
琵琶湖疎水からインクラインと来て 南禅寺の参道をぼちぼち歩いています さすが 南禅寺  清水寺辺りとはまた違った京都があります 南禅寺の境内は自由拝観  琵琶湖疎水のために道が分断されているためか あるいは近道のためか 南禅寺境内を生活道路としている人々が観光客に混じって歩いています ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/28 14:17
南禅寺付近  京都ぼちぼち歩き
京都国立近代美術館での「ルノワール+ルノワール」展を観終わって ぼちぼちと歩き回ります とりあえず 琵琶湖疎水沿いに南禅寺の方へ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/26 00:04
ルノワール+ルノワール展 京都国立近代美術館 京都ぼちぼち歩き
京都岡崎の京都国立近代美術館で開催中の「ルノワール+ルノワール」展(7月21日まで)を観に行きました 京都で ルノワールしかも 近代美術館 人が集まらない訳がない・・・ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2008/06/24 01:08
くいだおれ太郎 見物記 その2 法善寺から道頓堀へ
というわけで 千日前から ビッグカメラ横の細い路地を通って 千日前通りに出て そこを渡り 南OSプラザの横の路地を行くと 法善寺門前に着きます ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/18 00:58
くいだおれ太郎 見物記 その前に千日前のこと
大阪名物 道頓堀食堂「くいだおれ」が今年7月8日で閉店するというので マスコットボーイ?「くいだおれ太郎」を見に行きました 普段は何気なく見ているものでも いざ その場所から永久になくなってしまうとなると・・惜しい気がしますね 大阪人にとって道頓堀の「くいだおれ人形」って大阪城や通天閣と同じでそこにあって当然だったのですから・・・・というわけでぶらぶら寄り道しながら 道頓堀を目指します ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/17 01:26
四天王寺界隈 庚申堂 下高野街道(庚申街道)
創建当時から その位置が変わっていないという四天王寺の伽藍を後に 南大門を出て南に数百メートルのところにあるのが 庚申堂です  今では 市街地の中に取り残されいるようですが もともとはこのあたりまで 四天王寺の境内でした ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/13 23:46
四天王寺界隈へ  
真田幸村(信繁)が討ち取られたという安居神社付近から国道25号線戻ると すぐそこに同じ谷町台地上に建てられた 四天王寺が見えます 西大門の鳥居を目指して歩きます ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 6

2008/06/13 18:38
真田幸村(信繁 ) 討ち死にの事 茶臼山〜安居神社 天王寺界隈
雨が上がった 天王寺公園内を市美術館から すぐ隣りの茶臼山まで歩きます  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/08 18:09
聖徳太子 ゆかりの名宝展 大阪市立美術館  天王寺界隈
大阪市立美術館で開催中の「聖徳太子 ゆかりの名宝展」(6月8日まで)を観に行きました(5月25日)  市美術館にいくのは 2年前のプラド美術館展以来です ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/07 22:30
笠置山越え 柳生街道のおまけ
さて 前回までの柳生街道歩きは 柳生村の道路元標のある今川橋付近で一応終わりにして ここから JR笠置駅まで 笠置山越えの古道を歩こうと思います もちろん 今川橋には 柳生のバス停がありバスに乗れば 奈良でも笠置でも行けるのですが・・・・いつバスが来るのやら・・・バスの便がとてつもなく不便です  ここは文明の利器を頼ることなく・・・歩きましょう しかも今川沿いに続く府道4号笠置山添線(笠置街道)を歩かずに ここはあえて山を越えます・・大して高い山じゃないですが・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/03 01:13
大阪 新世界 細見歩き その3
新世界のぶらぶら歩きの続きです 何十年も昔の新世界は 私も知りませんが 昔を知っている人に聞くと 演芸場 映画館 ストリップ劇場 食べ物屋 温泉・・・etcが所狭しと並んでいたという 大正8年 新世界のルナパークの北側(フェステバルゲート付近)に「大阪国技館」を建設したのは有名な話です この白い円形の建物はあまり評判が良くなかったという 大阪相撲だけの興行の場合は空席が目立ったそうです 建物のせいにしていますが 実は 力士の実力が東京よりもなかったというのが本当のようです ルナパークは大正12... ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2008/05/06 14:06
大阪 新世界 細見歩き その2
さて ジャン横から いったん 横に抜けて 天王寺動物園の正面に出ます ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/06 00:43
大阪 新世界 細見歩き その1
文明開化の明治や科学技術勃興の大正の人たちにとっても 人間が月に行くということは 荒唐無稽話のひとつだった ジュール・ヴェルヌやH・G・ウェルズが空想した月世界旅行はまさしく 人類の見果てぬ夢の新世界だった・・ というわけで 大阪の新世界をぶらり歩きます(どういうわけや〜)  週末だと あの狭い界隈に 人出が100万人(ひゃ ひゃくまんにん あほかおまえ そんなにおるか〜)くらい出るので 今回は平日でお店が休みのところが多い日に出かけました それでも 200人(なんや おまえ えらいへっとるや... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/05 10:56
能勢紀行 その9 知明湖から一庫ダムへ
さて 知明湖畔に出て来ましたが ダム湖に共通しているように 渇水している時以外は水際に近づけません  知明湖は切り立った湖畔の回りを 周回道路が通っています 県道604号に出て国崎大橋を渡り 向こう側の車があまり通らない道を歩こうと縄手橋の方へ行きかけたとたん 通行止めです どうやら 縄手橋が工事中のようです しかたなく もう一度 県道604号に出て歩きます 車が通るのでいやなのですが仕方ありません ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/20 00:57
能勢紀行 その8 能勢の里から一庫ダムへ
暖かい春の日差しの中 「県自然歩道ハイキングコース」になっている道を歩きます このあたり 黒川をはさむ谷あいに広がる黒川地区は 里山の景観をまだ残しています ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2008/04/19 09:27
能勢紀行 その7 能勢の里から一庫ダムへ
妙見新滝参拝道を降りてきて 鳥居を抜けて すぐのところに ケーブル黒川駅があります 妙見山には歩きはもちろんのこと 車でもケーブルでも登れます 至れり尽くせりですね ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/16 20:04
能勢紀行 その6 妙見宮から能勢の里
さて 妙見宮の境内も散策してこれから 下山します 再び 石段の下の鳥居のところまで戻ります ここからは 大堂越えで ケーブル黒川駅に至るコースと 本滝寺を経由して能勢街道の本滝口に出るコースがありますが ここは 明治時代に整備された妙見新滝参拝道を下りてみようとおもいます  ケーブル黒川駅まで距離は短いけれども その分 急斜面になっており 上りも下りも足腰に堪えます ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/14 08:24
能勢紀行 その5 妙見宮から能勢の里へ
妙見大菩薩の霊験あらたかなることは 様々な例証をもって示せます その 1.2を挙げれば 明治維新の志士 勝海舟(でも海舟は上位の幕臣 志士とは違うんじやないの?)のあの働きのあったのも 父小吉が妙見大菩薩の熱烈なる信仰のおかげです・・・・・  また 王将の歌で有名な坂田三吉が将棋の勝敗を決しての信仰を求めたのも妙見大菩薩で・・・・ 霊境と自然を求めて是非一日を能勢妙見山へ!!  「能勢妙見山 無料パンフレットの縁起から抜粋」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/13 00:58
能勢紀行 その4 妙見宮へ
妙見宮への 旧参道(上杉尾根登山道)の山道が 山頂に近づくと急に目の前が開け 広々とした山上駐車場が現れます 早い話が車でここまで登れます・・・ お年寄りや 体力のない方でも 参拝できます ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/12 11:38
能勢紀行 その3 妙見宮へ
能勢妙見山は 標高約660mでそれほど高くはないが 大阪人ならたいていの人は一度くらいは登ったことのある生駒山(約624m)や 東京人なら絶対に登りに行く高尾山(599m)より高い・・・・です  軽い気持ちで 登り始めると・・・・しんどい・・です ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/11 21:32
能勢紀行 その2 妙見宮へ
能勢口駅前の能勢街道(参拝道)を 一路登山口へ向かって歩きます  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/10 00:35
能勢紀行 その1 妙見宮へ
この間 星田妙見宮を紹介したので ここは能勢の妙見宮も紹介しないと 片手落ち?というわけでもないけど 天気もいいのでぶらりと能勢まで足を運びました ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/07 22:26
星降る里探訪記 徳川家康の事 おまけ
星田妙見宮の近くには 徳川家康にまつわる 史跡が残されています  足利義晴の墓からぐるりと妙見山をまわり 再び 妙見宮の最初の入り口の鳥居のところにもどります その鳥居のすぐ近く 妙見坂小学校との間にこの場所だけ 竹やぶが残る丘があります ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/23 19:23
星降る里探訪記 星田妙見宮へ その6
前回のつづきです あの親子はどうしたのだろう?  不思議だ 不思議だと思いながら 拝殿横の磐船街道へつづく道を下ります ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/22 22:30
星降る里探訪記 星田妙見宮へ その5
さて 妙見宮行くために 妙見山に登る 石段に取り付きます しかし 誰もいません まわりが静寂につつまれています ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2008/03/20 17:50
星降る里探訪記 星田妙見宮へ  その4
星田神社を後にして 再び 四辻に戻って 今度は妙見宮の方へ曲がり しばらく行くと以前は妙見川の運んでくる土砂のために天井川になった土手道に出たのですが いまは 新しく整地されて広くなった道があり それを渡ると ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2008/03/18 23:30
星降る里探訪記  星田妙見宮へ  その3
徳川家康本陣跡の平井家を後にして 再び星田神社への道をたどります 平井家は 家康が宿泊した当時は 堀と梅園もあり 「梅屋敷」と呼ばれた かなり大きな屋敷だったといいます  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/16 12:58
星降る里探訪記 星田妙見宮へ その2 
星田の町中は 昔のままの細い道が走り 迷路のようになっています はじめてここを歩く方は迷子になってしまう 今は交野古文化同好会の方たちの手作り?の案内板がいたるところに貼り付けてあるので歴史散策するのにいいです 星田神社までの間に 「平井家→」の案内板があったのでそちらのほうへ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/13 00:25
星降る里探訪記 星田妙見宮へ その1 
日本時間の11日夕方 ケネディ宇宙センターから スペースシャトル エンデバーの打ち上げが無事に行われた  宇宙空間に行くことが それほど技術的に難しくなくなったとはいえ 関係者の方々は発射してから しばらくは緊張していたことでしょう ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/11 23:49
太田茶臼山古墳(継体天皇陵)
現在 史跡公園整備のため 墳丘内に立ち入りが出来ない今城塚古墳を後に ほぼ旧道が残る近世西国街道を西にむかって ぶらり歩くとやがて太田茶臼山古墳が現れてきます 太田茶臼山古墳は現在 宮内庁が継体天皇陵に指定しています  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/17 00:48
今城塚古墳は今 どうなっているの?
高槻市にある 今城塚古墳 以前 このブログでも取り上げたけれど 現在 高槻市と高槻市埋蔵文化財調査センターが史跡公園化整備中ということで 今どうなってんの?  とりあえず ぶらりぶらり歩いて行ってみました ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2008/02/16 13:39
室生古道散歩 室生寺〜大野寺
室生古道散歩のつづきです 室生寺をあとにして 今度は大野寺へ向かいます  室生川沿いに道がありこれを行くとそのまま大野寺の方に出られますが これはバスが通る道で歩くのは不向きです したがって もう一度 門前の室生川の橋を渡り 民家の間を通り 門森峠を越える山道を歩きます この道は 整備されていて東海道自然歩道の一部になっています ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/05 01:44
室生古道散歩  室生寺周辺
室生古道をぶらぶら散歩のつづきです 仏隆寺から 唐戸峠を越えると 古道はゆるやかな アップダウンを繰り返して杉木立の中を進みます  その昔 真言密教の修行の地 高野山が女人禁制(原則として真言密教は女人禁制)だったのに対して 桂昌院(1627〜1705)の力添えで 女性にも真言密教による救済を開き 「女人高野」と呼ばれた室生寺に向う女人たちが どのような思いや 苦悩への救いをもとめてこの古道を歩いたかと想うと・・・・・というよりも 江戸時代の女性はお伊勢参りや長谷(初瀬)参りのついでに立ち寄っ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/02 02:04
室生古道散歩 仏隆寺から室生寺まで   
散歩がてら ぶらりと室生寺へ行った時の散歩日記 室生寺に行くには 近鉄榛原駅から バスで高井まで出ます 榛原からここまでは伊勢本街道ですが 高井のバス停から矢治川にかかる頭矢橋を渡ると 道が二又に分かれています 右は伊勢道 左は室生寺 仏隆寺への道 ここで 伊勢本街道と別れて 矢治川沿いの左の室生古道を歩きます ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/01 00:28
東高野街道 旧道探索 洞ヶ峠は今  その2
東高野街道の洞ヶ峠付近の旧道探索のつづきです 国道1号バイパス 宅地造成 府道などで 洞ヶ峠は大きく姿を 変えています ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/14 14:13
東高野街道 旧道探索 洞ヶ峠は今
今回は 以前にも紹介した 東高野街道の洞ヶ峠付近の旧道探索です 東高野街道の洞ヶ峠は歴史的にも有名ですが  史蹟としての保存も整備もされていません このままでは 地名だけが残るだけ(現在もそうだが)になりそうです 跡形も残らなくなる前に 今一度現地を探索してみましょう ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/13 02:53
石清水八幡宮参詣記  その参
石清水八幡宮参詣のつづきです さて いよいよ男山山頂の上院本宮です 参拝の人たちが上院馬場前に溢れ返っています ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/03 13:22
石清水八幡宮参詣記  その弐
石清水八幡宮参詣のつづきです 二ノ鳥居から いよいよ表参道の石段です ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/03 00:49
石清水八幡宮参詣記 その壱
寒い日がつづいて 家に引きこもっていました 運動不足解消もかねて 石清水八幡に 初詣に行きました ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/02 22:16
東海道(京街道) 枚方宿から一里塚まで今昔案内  その8
東海道(京街道)のつづきです 蓮如が 道の辻で説法をしていたという場所からです ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2007/11/29 20:16
東海道(京街道) 枚方宿から一里塚まで今昔案内 その7
京街道のつづきです 区画整理や道路の拡張工事等で旧道は消滅 このあたりは 昔は 京街道全体でもいちばん 旧道らしさが残っていたのですが・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/28 20:32
東海道(京街道) 枚方宿から一里塚まで今昔案内 その6
しばらく 頓挫していた 枚方宿付近の京街道今昔案内の再開です 前回はどこまでだったか・・・・・ そうそう 桜町の旧淀川堤防から下に降りて 旧道の京街道(東海道)が 復活するところからです ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/28 00:28
京都御所  その終  閑院宮邸跡
京都御所の西南の角に 永らく非公開だった閑院宮邸跡があります 以前から気にはなっていたのですが 中には入れなかったので・・・ それが 去年(平成18年4月) 保存整備が終わり 一般に公開されることになりました もちろん 入場無料 私も 今回が始めてです ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/25 16:33
京都御所  その伍 蛤御門は今
御所の清所門を出て 帰路につきます ぞろぞろと 堺町御門の方へ 途中 蛤御門に立ち寄りました ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/24 18:06
京都御所 秋季一般公開 御所内 その四
1867年11月9日 京都二条城で 幕府が朝廷に政治の行使権を返納してから 1ヶ月後の12月9日突如 京都御所内の御学問所で 明治天皇は 天皇親政を 宣言する というか させられた つづく小御所でおこなわれた会議で 討幕が決定され 維新戦争が始まる ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/24 10:26
京都御所 秋季一般公開 御所内 その参
京都御所ぞろぞろ見学のつづきです 先を急ぎましょう 紫宸殿の横から 殿上の間につづく廊下のある門を通り 清涼殿に向かいます ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/24 10:19
京都御所 秋季一般公開 御所内 その弐
京都御所内をぞろぞろ歩きます      次は紫宸殿のほうへ向かうのですが 月華門は通れないので ぐるりと建礼門と承明門の間をまわりこみます ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/18 16:24
京都御所 秋季一般公開 御所内 その壱
京都御所の中に修理中の 宣秋門から 20年ぶりに入ります 宣秋門は 実際に参内する 昇殿人がここから入りました 入るとすぐに 御車寄です  ここが御所の玄関口です ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2007/11/15 01:32
京都御所秋季一般公開 いよいよ入苑
京都御所がある 京都御苑に富小路口からはいります 少し西側に正式な堺町御門がありますが 近いので  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/11 14:18
京都御所 秋季一般公開  富小路を北上する
京博の狩野永徳展をじっくり鑑賞していたら 早 時刻は昼前 次は京都御所へ 一般公開へいくのは20年ぶり 3回目   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/07 23:22
東海道(京街道) 枚方宿から一里塚まで今昔案内 その5
今回は 枚方宿と別れて 西のはずれ 西見付から出発です ここから 出口村の松ヶ鼻一里塚まで京街道を歩きますが ちょと問題なんですね・・・・・ 実は西見付から松ヶ鼻までの京街道のルートがはっきりしないのです ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/01 19:23
東海道(京街道) 枚方宿 今昔案内 その4
つづきです 浄念寺前をすぎてすぐ 街道は右に折れ泥町に入ります このあたりは 淀川にもっとも街道が近づくところで 過書船・伏見船の各番所があり 船高札場がありました ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/30 08:42
東海道(京街道) 枚方宿 今昔案内 その3
枚方宿のつづきです ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/29 19:16
東海道(京街道) 枚方宿 今昔案内 その2
東海道 枚方宿 一里塚歩きのつづきです 宗左の辻を曲がって進むと その昔 京街道の狭い道沿いに 岡本町商店街があったのですが 今は 商業ビルが出来て その間 街道は消滅しています ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/09 08:32
東海道(京街道) 枚方宿 今昔案内 その1
文禄年間(1594〜1596)羽柴秀吉が淀川左岸に文禄堤を築き 堤上を街道とし 大坂城京橋口と 伏見城京橋口を結んだのが京(大坂)街道です 後 徳川幕府が 慶長6年〜元和2年(1601〜1616)間に 宿場を整備して 京街道筋を東海道としました ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/08 13:08
御願塚古墳考
暑い日が続きます 今日も 上方は 30度を軽く越えています ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/23 00:36
90歳の武士 市川五郎兵衛 信州〜大坂を往復 800キロ
日曜日の昼下がり コーヒーハウスで見た新聞に 掲載されていた記事だが  江戸時代の1663年に90歳になる武士 市川五郎兵衛真親が 信州(長野県)から 大坂の小諸藩屋敷で大坂城代の青山宗俊と 面会したという記述(大坂城代の書いた日誌)を発見したという                             (9日付)   あとで新聞を調べたら 読売新聞だった ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/11 20:59
ふらふら探訪記 番外編 横大路〜中街道
耳成山を降りて JR畝傍駅まで旧街道を歩きます 耳成山公園でひと休み 木陰のベンチにすわり 古池を観ながら ここですこし遅いお弁当を食べます  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/09 10:38
大和三山 ふらふら探訪記 耳成山
藤原宮跡でひと休み 木陰で 風が心地よい もうひとふんばりして 耳成山へ  藤原宮跡からは 目の前に見えています ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/06 22:29
大和三山 ふらふら探訪記 藤原宮跡
陽が二上山に落ちようとしていた 鸕野讚良は数多くの供回りを連れ 飛鳥宮を出て香久山に登った 香久山の頂上には 敷き台が置かれ 鸕野讚良はゆっくりと席に着く あたりは 木々が切り払われていたが 陽が沈み 暗くなっていた やがて 前方の 黒く影になっている畝傍山の頂上に火が点いた それを合図に 耳成山の頂上にも火が点き それと同時に 藤原の宮地に 幾百 幾千という松明が輝き 人々の歓声と楽器が鸕野讚良のもとにも聞こえた・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/05 01:15
大和三山 ふらふら探訪記  天香山神社〜 藤原宮跡
香久山の頂上から北側に下ると 少し視界が開けて 大和平野の奥にふたかみ山が見えます やがて 右側に 天香久山神社です ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/01 19:56
大和三山 ふらふら探訪記  香久山
誰もいない 南浦の集落の細い道を 香久山への登山口に向かって歩いています   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/30 23:05
大和三山 ふらふら探訪記 紀寺跡〜天岩戸神社
さて 寄り道はこれくらいに 先を急ぎます 朱雀大路跡をたどるように 日高山を越えて 小山の集落へ もう少し この日高山が大きいと 大和四山になっていた!? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/30 02:13
大和三山 ふらふら探訪記 本薬師寺跡〜藤原京朱雀大路跡
伝神武陵をあとにして 次なる山 香久山へと向かいます 本日の奈良盆地の最高気温予想 36度・・・・・・・・・・・・ 畝傍御陵前駅の踏み切りを渡り 陽射しが暑いが のどかな一本道を 香久山を前方に見ながら ふらふら歩きます ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/28 01:21
大和三山 ふらふら探訪記 畝火山口神社〜伝神武陵
畝傍山頂上でひと休みして 再び登山道を戻り 畝火山口神社の方へ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/27 00:26
大和三山 ふらふら探訪記 橿原神宮〜畝傍山
近鉄橿原神宮前駅に降りて 神宮の鳥居に向かって歩きだす まずは 畝傍山  神宮境内を抜けて登山口へ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/26 14:26
五条 六道冥土の辻へ 夏の京都だらだら歩記 4
あまりの人の多さに 清水寺で回れ右して 清水坂を 八坂の塔まで下ります   五条坂は 車の列で大渋滞です ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/13 21:50
五条周辺 夏の京都だらだら歩記 3
高台寺から 清水寺へ行く道へ この暑いのに すごい観光客です 2年坂(二寧坂)あたりは ちょっとした混雑で前に進めません ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/13 11:09
白川から五条  夏の京都だらだら歩記 2
京都文化博物館をあとにして 京阪三条駅まで戻り 大和大路(伏見街道)を南に白川までもどります この時期 京都は一番暑い季節   8月16日の大文字送り火を観るのか 外国からの観光客が多い ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/13 01:25
三条界隈〜ナスカ展  夏の京都だらだら歩記 1
京都文化博物館で開催中の 「世界遺産 ナスカ展 地上絵の創造者たち」を 観に行ってきました 昨日は大阪歴史博物館で 「ペルシャ文明展」に行ったばかりです ざっとペルシャの7000年の歴史を振返り見せてくれます なかでもアケメネス朝ペルシャのダレイオス1世(前522〜前486)の眼もくらむほどの金の 装飾品や ササン朝ペルシャあたりがもっともすばらしい これほどまとまって ペルシャの 遺物を観たのは 奈良のシルクロード博以来かな? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/12 21:43
大阪(大坂)天満宮   大阪点描 おまけ3
平安時代中期 延喜元年(901年) 宇多上皇の信任を得て 従二位右大臣まで登りつめた菅原道真(845〜903)だが 時の有力者 左大臣藤原時平(871〜909)に政策で対立? 醍醐天皇の皇位簒奪を画策したと密告され 筑紫大宰府へ 大宰権帥として左遷された ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 1

2007/08/07 01:12
中之島図書館  大阪点描 おまけ2
明治維新以来 大阪には「大阪書籍館」という 今でいうところの 図書館がありましたが 規模も小さく 利用者も少なく 本格的な図書館建設が待ち望まれていました ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/08/04 12:22
中之島界隈 大阪点描 おまけ
参議院選挙も終わり 自由民主党(1955〜)の歴史的!?敗北だって・・・・ 新しく議員になった方々 よろしく政治を頼みますよ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/07/30 21:07
ロシア皇帝の至宝展 大阪点描 その2
国立国際美術館でおこなわれている「ロシア皇帝の至宝展」のつづきです ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2007/07/29 18:04
ロシア皇帝の至宝展  大阪点描 その1
梅雨が明けたとたん 大阪の街は 猛暑です この 猛暑の中 国立国際美術館での「ロシア皇帝の至宝展」に 足を運びました ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/07/29 14:28
アテルイ 「阿弖流爲」の首塚 探訪記 その2
降伏したアテルイたちに 新都 平安京を見せようとした田村麻呂は アテルイとその副将モレを連れて802年7月凱旋した ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2007/06/14 01:42
アテルイ 「阿弖流爲」の首塚 探訪記 その1
征東将軍 紀古佐身美の率いる軍勢が 東山道 不破の関を越えた まだ 朝廷の威光がとどくといえども ここからは 東国である 賀茂の河原で訓練を積んだ尖鋭の朝廷軍の兵士たちだが 都を出る時に 陰陽頭 藤原菅嗣が口にした 戦勝の呪術を 思わず心の中で復唱した   小説風に書けばこんな感じだろうか とにかく 紀古佐身美の率いる軍勢は 789年 陸奥国 衣川で 戦にたけた蝦夷軍に負けた 後をまかされたのは 田村麻呂である ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/12 02:17
アテルイ 「阿弖流爲」の首塚 探訪記 序章
前回 坂上田村麻呂の墓の話題を取り上げたので 墓つながりということで 今回 アテルイ 「阿弖流爲」の首塚を訪ねてみました 「阿弖流爲」の首塚は 私の家から近く 京街道(東海道)を歩けばすぐです ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2007/06/10 19:02
百済寺跡 国の特別史跡と古道
  国の特別史跡 百済寺跡 大阪では ここと 大坂城が国の特別史跡に指定されています ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/02 14:42
四国 お遍路  (抄)  安楽寺  その8 終
いよいよ 第六番札所 安楽寺です といっても まだ 後 82ヶ所も残ってますが・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/28 20:52
四国 お遍路 (抄)  地蔵寺 その7
第五番札所 地蔵寺  ここも 空海が開山ということに なっています が どうでしょうね  本尊は勝軍地蔵菩薩という勇ましいもので 札所の中ではここだけです もともとは 四天王を想わせる雰囲気で なんとなく 太子信仰を思わせますが・・考えすぎかな ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/04/23 20:40
四国 お遍路 (抄) 大日寺 その6
第四番札所 大日寺 ここの開基は 空海だといわれいますが 定かではありません  いよいよ 街中にあった札所から一転 山里へ 遍路は向かいます ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/16 20:16
四国 お遍路 (抄) 金泉寺  その5
第三札所 金泉寺 ここも 僧行基の開山(金光明寺)です やはり 戦国時代に長曽我部の軍勢により 焼失しています ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/09 21:30
四国 お遍路 (抄)  極楽寺  その4
第二番札所 日照山 極楽寺 ここも 僧行基の開山です やはり 戦国時代に長曽我部の軍勢により焼失しました ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/05 00:35
四国 お遍路 (抄) 霊山寺  その3
第一番 札所 霊山寺 寺伝では 聖武天皇の勅願で 行基さんが開山 かなり大きな 寺地を有していたのですが 戦国時代に 四国統一をもくろむ 長曽我部元親の軍勢により焼失したという 阿波 勝瑞城の十河存保との戦いの時だろうか? ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/29 20:06
四国 お遍路 (抄) 撫養街道をゆく その2
四国八十八札所 お遍路の初めは 一番札所 霊山寺からであるが 徹底的に故事 古道にこだわる私としては ここは 鳴門 岡崎の渡しから始めたい   これから 八十八札所を 楽して巡ろうとしている知人には 迷惑な話だが これも 同行二人 初めだけでも 覚悟してもらおう ちなみに 同行二人は どうぎょうににん と読む   さて 阿波五街道のひとつ撫養街道は 吉野川の北岸を通るので 川北街道 ともいわれている 南岸は 伊予街道(松山往還) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/27 20:31
四国 お遍路 (抄) その1
お遍路は その昔 辺境に路を往き 修行の場としての辺であり 辺路であった     今日の庶民参加型のお遍路四国八十八札所巡礼の歴史は  それほど古くはない ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/26 21:09
司馬遼太郎をめぐる旅 その2 司馬遼太郎記念館
ということで 歩きながら 東大阪市小阪付近まで やって来ました ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/14 00:05
司馬遼太郎をめぐる旅 その1 
とにかく 2月とは思えないほどの 陽気で 私のような 散歩好きには うれしいかぎりです ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/13 19:33
大極殿2   奈良逍遥 その12
    復元される 第一次大極殿は 740年に 大養徳恭仁大宮に遷都された折 建物から 土台の礎石にいたるまで? 持ち去られたのですが再び 平城京に戻ってきたときは ここではなく 東よりの場所に 朝堂院ともども移され ここには 二度と大極殿は作られませんでした ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/28 13:37
大極殿  奈良逍遥 その11
           すでに 遠くから 目には入っていたのですが ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/28 12:50
平城宮   奈良逍遥 その10
さて 法華寺の 裏から(?)細い路地を抜けて  しばらく行くと 急に 視界が開けてきます ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/27 18:33
法華寺 周辺   奈良逍遥 その9
12月に入り さすが 師走 忙しいです ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/13 00:30
佐保路をゆく   奈良逍遥 その8
転害門からまっすぐ 法華寺までのびる 一条通り ほぼ平城京の 一条大路と 重なります(道幅は狭くなっています)  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/30 19:40
転害門と奈良坂越え京街道(大和街道)   奈良逍遥 その7
広大な東大寺の境内 その西の端  平城京の一条大路が 突き当たる所に 奈良時代の創建当時の姿のまま(といっても 修復は 何回かやってますが) 残っているのが 転害門 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/28 21:14
正倉院から転害門へ   奈良逍遥 その6
大仏殿の裏から 正倉院へ抜ける道へ まだ 早いのと 今日は公開日でないので 人がいません   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/25 11:07
東大寺から正倉院  奈良逍遥 その5
朝の落ち着いた時間 古い民家の路地を抜けて 東大寺 門前に さすがに ここは 朝 早い時間にもかかわらず 少しざわついています ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/24 18:20
奈良博から 東大寺  奈良逍遥 その4
興福寺の境内を抜けて 少し進むと なんか すごい人だかり 奈良国立博物館で開催中(11/12まで)の「正倉院展」に並ぶ人々でした ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/16 19:44
奈良に着きました  南都逍遥 その2
   すこしヒャとする 朝の空気の中 JR奈良に着きました ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2006/11/10 21:21
奈良に行くぞー  南都逍遥 その1
日頃の運動不足もあって 久しぶりに奈良に行こうかと 思い立ちました  上方に住んでいて 何がよかったかというと 京都や奈良や神戸が近くにあるし 少し足を伸ばせば 熊野や丹波 伊勢が・・・・ うれしいですね  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/06 21:24
枚方付近逍遥 その2
           さて 道草をやめて 枚方駅前から山手の方へ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/17 21:05
枚方付近逍遥 その1
     ほんとに いい季節になってます     ちょっと 菊丘の松下電器体育館に     行く用事があったのでぶらりと 出かけました ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/10/16 21:08
坂本龍馬と近江屋  京都逍遥その6
京都一の繁華街ともいえる 三条通りと四条通りにはさまれた 河原町通りを 南へ この街も 年々新しい店が出来ては消えていき 古都という 雰囲気も ここでは 感じさせません が 一歩奥へ入ると そこは 千年の都の跡 立ち上がる歴史の重みは 他の都市では味わえないものがあります ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2006/09/25 21:28
新撰組 池田屋 京都逍遥その5
幕末 1864年7月5日の深夜 新撰組は三条大橋を西へ 三条小橋のたもとの旅館 池田屋に踏み込んだ 世にいう 池田屋騒動である 有名な事件だから 詳しい事ははぶきます ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 0

2006/09/23 12:05
鴨の河原から三条大橋へ  京都逍遥その4
賀茂の社から 賀茂川の河原に降りて 三条大橋を目指します ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2006/09/21 19:30
糺の森から賀茂社へ   京都逍遥その3
さて いよいよ 賀茂社へ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/19 21:16
賀茂社への路  京都逍遥その2 
さて 天気がいいので このまま賀茂の杜まで足をのばしました 市美術館を出ると 京都会館の前を  会館には 「ORANGE RANGE」が来ていました(写真) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2006/09/19 00:14
東高野街道 洞ヶ峠を歩く
八幡の方から 歩いてくると吉井のバス停をこえたあたりに 道標があります 奈良道との分岐ですが ちょうど道が 三叉路になっています  東高野街道を歩く多くの人が右側の 円福寺門前を通る道が高野道だと思っているようですが ここからは旧高野道は住宅の中に消滅しています  再び 高野道が現れるのは 住宅街の奥 家と家の間に細い道が残っています その間 NTTの中継施設の横(通行困難ですが)をぬけると 竹藪の中にわずかながら 地道がありますが それもすぐに 府道の建設で消滅しています  それ以前は... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/03 10:45
消えゆく風景 その2
このあたりは 泥田の 湿地帯ということで つい最近まで それほど開発もされずに 昔の風景を残してきてました  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/29 01:32
消えゆく風景
この写真は大阪府門真市北島付近です このあたりは その昔 海が入りこんでいて河内湖ができていました その後 しだいに 土砂が堆積して湿地帯にかわり  近年まで深野池が そのいにしえの名残りとしてこの近くにありました 湿地帯でしたので泥田で採れる河内レンコンは有名です   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/29 00:47
大阪城と息子
26日 うだるような暑さの中 夏休み最後の土曜日ということで  戦国時代に 興味を持った息子を連れて 大阪城(写真)へ行ってきました 道すがら 浅井長政だの 武田 上杉 伊達 本多 柴田などの 武将の名前が出てきたのだが  まだ小学生 歴史的な流れや 人物関係がいまいちわかっていない(知識のほとんどがゲームと漫画 とほほ〜・・)  息子の質問に答えながら 大阪城天守上へ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2006/08/27 09:24
街道 旧道 古道
明治維新以前の古い道を色々調べていますが 人から「ああ 街道ですか」といわれる 「街道」といういわれ方は あまりにも一般的で  しかも 明治以降 さまざまな道に  何々街道と名づけたので至るところ街道だらけになってしまい  知らない人は その道が 由緒ある歴史的な道なのかどうかわからないらしい 「旧道」というのも 「新しい道」に対して以前の道ということで時代的にあいまいです やはり 江戸時代からの「古道」というのがいいか・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2006/08/20 18:31
愛宕山と明智光秀と本能寺 その2
さて 信長より対毛利戦出陣を命じられた光秀は 天正十年(1582)旧暦5月28日 亀山城から明智越えで 愛宕権現社(写真)へ登り 里村紹巴らと百韻連歌を催した  その時の歌が有名な「ときは今 あめが下知る五月哉」 これから起こることを考えるとすこし出来すぎの感がある しかも ここでおみ籤を何回も引いたといわれています(一説には籤をひいたのは月輪寺とか) とにかく光秀は6月2日早暁 本能寺で信長を謀殺します  なぜ光秀は謀反をしたのかはさまざまな説がありますが ここは一番無難な話として述... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/16 21:10
愛宕山と明智光秀と本能寺
愛宕山へ行ってきました  京阪四条から四条大宮まで歩き  京福電車でいざ嵐山へ  ほとんど貸切状態(人がいない)の嵐山を歩いて愛宕参詣道へ  一の鳥居から清滝道へ 「暗い 狭い じめじめするトンネルを抜けると清滝だった」って二度と通りたくない清滝トンネル オバケがでるよ!  愛宕山登山口に着いた時はすでにバテていました 気合を入れて登り始めたが めまいがするほどの階段状態の坂道  しかもこの立て看板(写真)・・・・ 結局3時間かかって愛宕神社へ  帰りは素晴らしい眺めを見なが... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/14 23:48

トップへ | みんなの「歩く」ブログ

亀も飼いました 亀吉と亀子です 画面をクリックしてエサをあげて下さい

なぎさ 歩くのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる