アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「京都」のブログ記事

みんなの「京都」ブログ

タイトル 日 時
戦国時代展 -A CENTURY of DREAMS-  京都府京都文化博物館 その2
戦国時代展 -A CENTURY of DREAMS-  京都府京都文化博物館 その2 さて 前回の続きです ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/06 21:36
戦国時代展 -A CENTURY of DREAMS-  京都府京都文化博物館 その1
戦国時代展 -A CENTURY of DREAMS-  京都府京都文化博物館 その1 こちら 上方は季春となり 日々 寒さが緩み始めております みなさんの地方はどうでしょうか 自然とキャンディーズの「春一番」を口ずさみます・・・春一番が♪〜掃除したての〜♫・・・待てよ これは 「微笑みがえし」じゃないか・・・   う〜む スー姉はもう逝ないのですね・・ 我が青春は遠くなりにけり・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/05 21:05
旧東海道(鎌倉街道)を歩く 三条粟田口から蹴上 その2
旧東海道(鎌倉街道)を歩く 三条粟田口から蹴上 その2 さて 旧東海道歩きの続きです ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/21 01:59
旧東海道(鎌倉街道)を歩く 三条粟田口から蹴上  その1
旧東海道(鎌倉街道)を歩く 三条粟田口から蹴上  その1  あまり 知られていない旧東海道を 京都三条粟田口から 蹴上(実際は蹴上まで歩けないのでその手前)までをぶらりと歩いてみましょう ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/21 01:58
京都市美術館 モネ展 ルノワール展
京都市美術館 モネ展 ルノワール展 京都市美術館 マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展「印象、日の出」から「睡蓮」まで 3月1日〜5月8日 光紡ぐ肌のルノワール展  3月19日〜6月5日                                ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/02 00:03
フェルメールとレンブラント 17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展 京都市美術館
フェルメールとレンブラント 17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展 京都市美術館 師走に入り 今年も一か月を切りました みなさんのところにも マイナンバーが来ましたか なんか 胡散臭いもんですね 普通に考えて 我々には何のメリットというか 必要性がありませんね どこのだれかが得をして楽をするんでしょうかね・・・それでなくとも 私はクレジットカードからポイントカード ID番号からパスワードまで 様々なところの何らかのマイナンバー?を持っていますが ええ加減管理が大変というか なんというか・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/10 00:44
ルーブル美術館展 京都市美術館 マグリット展は× 残念
ルーブル美術館展 京都市美術館 マグリット展は× 残念 さて 上方では 連日35度を超える気温が続いておりますが みなさまの地方ではどうでしょうか このクソ・・・失礼・・大変暑い中を さらに暑い京都へ ・・・・京都市美術館へ出かけました ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/14 02:40
大エルミタージュ美術館展 世紀の顔 西欧絵画の400年  京都市美術館 
大エルミタージュ美術館展 世紀の顔 西欧絵画の400年  京都市美術館  京都国立近代美術館の高橋由一展を観たあと 神宮道を渡り 京都市美術館へと ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2012/10/21 22:33
近代洋画の開拓者 高橋由一 展  京都国立近代美術館
近代洋画の開拓者 高橋由一 展  京都国立近代美術館 台風やらなんやらで ここしばらく天気が不順だった上方ですが この週末の土日はすこぶるつきのいい天気に恵まれました  みなさんの地方はどうですか ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2012/10/21 20:00
古事記1300年 出雲大社大遷宮 特別展覧会「大出雲展」 京都国立博物館  その2
古事記1300年 出雲大社大遷宮 特別展覧会「大出雲展」 京都国立博物館  その2 特別展覧会「大出雲展」 京都国立博物館のつづきです ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/09 18:01
古事記1300年 出雲大社大遷宮 特別展覧会「大出雲展」 京都国立博物館  その1
古事記1300年 出雲大社大遷宮 特別展覧会「大出雲展」 京都国立博物館  その1 こちら上方では 連日30度を越える猛暑が続いております まあ 三伏の末伏を過ぎる頃にでもならないと(過ぎても暑いが・・・・)秋を感じる事はできませんね   みなさんの地方はどうですか ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2012/08/09 18:00
特別展 仏教の来た道  シルクロード探検の旅  龍谷ミュージアム
特別展 仏教の来た道  シルクロード探検の旅  龍谷ミュージアム                             特別展 仏教の来た道  シルクロード探検の旅                                                                             龍谷ミュージアム 2012年4月28日(土)〜7月16日(月・祝) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/28 20:51
特別展覧会 王朝文化の華 陽明文庫名宝展 京都国立博物館
特別展覧会 王朝文化の華 陽明文庫名宝展  京都国立博物館                        特別展覧会 王朝文化の華 陽明文庫名宝展 京都国立博物館                                                                          2012年4月17日(火)〜5月27日(日) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/26 01:09
西三条第(百花亭)跡 発掘とか 源氏物語・・謎・・とか
西三条第(百花亭)跡 発掘とか 源氏物語・・謎・・とか 佛教大学と京都市埋蔵文化財研究所は 京都市中京区西ノ京星池町付近(推定右京三条一坊六町)の 発掘現場で「三条院釣殿高坏」と墨書された土器片が見つかり 平安時代の右大臣 藤原良相(813-867)の邸宅「西三条第(百花亭)」跡と確定したと発表した   (8日付) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/12 15:45
京都散歩 初めての東本願寺 
京都散歩 初めての東本願寺  前回 西本願寺へ行きましたので 今回はさっくりと東本願寺へ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2011/10/26 22:46
京都散歩 初めての西本願寺 後編
京都散歩 初めての西本願寺 後編 さて 前回 西本願寺 前編の続きです ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/25 22:42
京都散歩 初めての西本願寺 前編
京都散歩 初めての西本願寺 前編 久しぶりで名古屋へ行きました ひと仕事終えた後 誘われて味噌カツを食べにいったんですが 昔ほど旨いとおもわなかった 年を取ると好みが変るのかもしれないなどと考えつつ あまりにも天気がよいし時間が余ったので 帰りに 京都で新幹線を途中下車して・・・・というより 家に帰るにはここでJRから近鉄に乗り換えるので新幹線をどちらにしても降りないといけません・・・・散歩してみました ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2011/10/23 21:26
京都 木屋町通を最後まで歩く 完全ガイドその2 四条から七条 さらにその先まで
京都 木屋町通を最後まで歩く 完全ガイドその2 四条から七条 さらにその先まで さて 前回「木屋町を最後まで歩くその1」の続きです ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/13 16:26
京都 木屋町通を最後まで歩く 完全ガイドその1 二条から四条まで
京都 木屋町通を最後まで歩く 完全ガイドその1 二条から四条まで さて 秋晴れとさわやかな風に誘われて 京都木屋町通を上から下まで歩いてみたいと思います 旅行者向けガイドブックを見ても ネットで検索しても ほとんどが 二条御池あたりから四条 あるいはよくて五条までぐらいしか紹介していませんね 残念なことです 五条からさらに南が とてもいい散歩路なのですが・・・・ そこで 「京都の人でも 何か必要な用事でもなければ 歩くことなどないだろう」といわれる 木屋町通を最後まで歩いて紹介しましょう えっ そんなことしなくてもいいって・・・そう言わずに付き合ってくださいよ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/11 16:46
「フェルメールからのラブレター展」  京都市美術館
「フェルメールからのラブレター展」  京都市美術館 日本各地に甚大な被害をもたらした台風12号がゆっくりと通り過ぎてゆきました あの流れ橋も再び流されたということです  みなさんの地方はどうでしたか  こちら上方では台風が来る前は連日 猛暑が続いておりましたが 台風が去った翌日は清々しい秋晴れでした  秋風に誘われて京都市美術館へフェルメールを観にいきました ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/08 17:56
親鸞聖人750回忌 親鸞展 生涯とゆかりの名宝 京都市美術館
親鸞聖人750回忌  親鸞展 生涯とゆかりの名宝   京都市美術館 遅めのゴールデンウィークというわけでもありませんが 休みを少しいただきましたので 京博の「法然展」に引き続き京都市美術館の「親鸞展」へ行ってきました ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/17 13:27
特別展覧会「法然 生涯と美術」  京都国立博物館
特別展覧会「法然 生涯と美術」  京都国立博物館 せっかく 法然展 親鸞展 しかも 神戸のギリシャ展のチケットまで貰ったのですが このところ 勤労が忙しく なかなか休みが取れなかったので・・・仕事中にというか 仕事をブッチして 京都まで特別展覧会「法然 生涯と美術」を 観にいきました  でへへへ・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/26 14:03
京都 十三まいりの大住虚空蔵谷の虚空蔵堂へ知恵を授けてもらう?
京都 十三まいりの大住虚空蔵谷の虚空蔵堂へ知恵を授けてもらう? 前回 八幡の流れ橋(上津屋橋)に久々にいってきましたが 大住虚空蔵谷の虚空蔵堂への十三まいりで この橋が賑わったという話を聞いて 気になり 大住虚空蔵谷の虚空蔵堂に行ってみようかと・・・・で十三まいりは 4月13日で しかも数えで13歳になった男女ということなんですが・・・そこのところは気にしないで 行ってみましょうか ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/07/25 13:55
京都 八幡の流れ橋こと上津屋橋から大住虚空蔵谷の虚空蔵堂へ その2
京都 八幡の流れ橋こと上津屋橋から大住虚空蔵谷の虚空蔵堂へ その2 前回 今昔物語の安儀ノ橋の鬼の話をしました しかし 近江国庁あたりから 日野川(安吉川)の安儀橋までかなりの距離があります よく肝試しとはいえ 出かけていきましたね・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/23 15:36
坂本龍馬の墓 徹底ガイド
坂本龍馬の墓 徹底ガイド 今 巷では 坂本龍馬ブーム?ということで 私もそのブームに乗らない手はないと思い 乗らしてもらいます ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/04/20 15:13
没後400年 特別展覧会 長谷川等伯 京都国立博物館
没後400年 特別展覧会 長谷川等伯 京都国立博物館 生憎の天気だったのですが 休日に行くとどれだけの人出になるだろうと危惧して 平日に行ってきました 「長谷川等伯」展 京都国立博物館です  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/16 15:20
THE ハプスブルク展 京都国立博物館
THE ハプスブルク展  京都国立博物館 京都国立博物館で開催中の「THE ハプスブルク」展を観に行きました ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2010/02/16 11:54
京都 橋本遊郭を歩く
京都 橋本遊郭を歩く 久しぶりで 京都の橋本遊郭跡を散策してみました  橋本は 伏見城と大坂城を結ぶ 京街道沿いにあります 古くは 行基が架けたとされる 山崎橋があったところで 古代官道 南海道と山陽道との交通の要所でもありました 詳しくはわかりませんが 遊里として賑わったのは 江戸時代になって 庶民が旅行に出かけられるようになってからでしょう 橋本は 京街道(東海道)の宿場町と紹介されていますが 宿場町ではありません 石清水八幡詣の精進落しとして 八幡の聖の場所との対で遊里として 俗の土地として機能していました ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 12

2010/01/15 17:09
大原野道をゆく その4 大原野神社周辺 
大原野道をゆく その4 大原野神社周辺  大原野神社は 小塩山と呼ばれる山の麓にある 遠い昔は この山に登れば おそらく 長岡京や 平安京のほぼ全容を眺めることが出来たであろう しかし 今 その山頂に続く 山道を登りきっても 雑木に阻まれて 下界を望むべきもない またここは日本最古の物語という「竹取翁の物語」の舞台のひとつとも言われているが 聞くところによると 大原野に竹薮が増えたのは 江戸時代からだそうで 千年の昔は 雑木林の里であったらしい 普通に考えれば 竹取物語の舞台は 大和の国だろうと思うが・・・  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/10/20 10:52
大原野道を行く その3 大原野神社
大原野道を行く その3 大原野神社 大原野道の辻を幾度か曲がりくねって大原野神社の鳥居前に着きました 途中にわずかばかりの集落があります 大原野の盆地を横断する道が再び 山中に入ろうとする場所にこの藤原氏というよりは 長岡京・平安京の氏神社が鎮座しています 大原野道はここで終点です  道は あと少し山中に入ると そのまま勝持寺の仁王門へと続きます ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/15 16:59
大原野道をゆく その2 大原野の里
大原野道をゆく その2 大原野の里 前回 かなり わき道に逸れてしまいました 再び 大原野道に戻ります ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/14 14:27
西国街道をゆくを変更して 大原野道をゆく その1 竹の径と桓武天皇陵の謎
西国街道をゆくを変更して 大原野道をゆく その1 竹の径と桓武天皇陵の謎 さて 寄り道はこれくらいにして 西国街道上洛の続きです ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/12 15:34
西国街道をゆく その3 久我縄手(畷)と長岡京(宮)跡
西国街道をゆく その3 久我縄手(畷)と長岡京(宮)跡 引き続き 西国街道を京都に向かっています ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/05 13:53
西国街道をゆく その2 大山崎離宮八幡宮
西国街道をゆく その2 大山崎離宮八幡宮 さて 西国街道のつづきです この西国街道(山崎道)は大阪府下の数ある街道のなかでも 比較的旧道の面影を残していたのですが ここ数年は 沿道の旧家の建替 道の拡張 道標の撤去または移動 余計な道標の施設などがおこなわれています ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/29 09:47
ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画 京都市美術館
ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画 京都市美術館 京都 岡崎の市美術館で開催している 「ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画」を 観に行きました ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/08/14 15:05
朝早い京都散歩4 岡崎・黒谷 金戒光明寺あたり 京都守護職本陣
朝早い京都散歩4 岡崎・黒谷 金戒光明寺あたり 京都守護職本陣 さて 早朝の京都散歩のつづきですが しだいに陽が昇り 京都独特の じとーっとした暑さがまとわりついてきました そろそろ この 早朝散歩も終わろうと思います  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/13 18:02
朝早い京都散歩3 知恩院・明智光秀の首塚あたり  光秀の首の行方の謎
朝早い京都散歩3 知恩院・明智光秀の首塚あたり  光秀の首の行方の謎 さてさて 前回のつづきです 早朝の散歩ですが 知恩院の門前まで来ました 次第に 陽が昇り 暑くなって 蝉の鳴き声が ひときは高くなってきました ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/11 17:18
朝早い京都散歩2  三条祇園・知恩院あたり
朝早い京都散歩2  三条祇園・知恩院あたり 前回の続きで 早朝の祇園四条あたりを うろうろと歩いています 四条通りを渡り 三条花見小路へと向かいます ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/08/08 16:06
朝早い京都散歩1  四条祇園・建仁寺・花見小路あたり
朝早い京都散歩1  四条祇園・建仁寺・花見小路あたり 梅雨が明けた? 8月の暑いある日 京都岡崎に住む友人と その日の昼から山科の清水焼団地に行く用事があったので 暇な私としては 朝 早く家を出て 京都へ行き 岡崎の友人宅までぶらぶら歩こう考えました・・・・・したがって 以下の京都散歩はただ朝の京都を歩くだけ・・・の紹介です  清水焼団地の用事が済んだら そのまま 岡崎の友人宅に泊まり 次の日は 京都市美術館の「ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画」を観に行く予定なので そちらの方を期待してください ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2009/08/07 15:41
京都御所ゆかりの至宝 京都国立博物館
京都御所ゆかりの至宝 京都国立博物館 この時節 上方では寒さが日々 厳しくなってきております 皆様方の 御地方ではいかがでしょうか・・・ 世界に目を向ければ イスラエル王国の時代から争いごとが絶えないカナンの地での戦闘が一応 終結しましたが ・・なんとかならないのでしょうか かの地の状況は・・・・・ 一方 亜米利加に目を向けると 新しい大棟梁・・いや間違い・・大統領が無事 就任しました 就任式は盛大でカッコよかったですね・・・どこかの国のおバカキャラの人(失礼!)とは・・・・・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/26 02:20
東福寺へ 紅葉はまだか?
東福寺へ 紅葉はまだか? 前回の続きです  11月も中頃・・・・いつもなら この時期 京都は紅葉が見ごろになってくるのですが 今年は暖かい日が続き 今ひとつです それでも 東福寺は紅葉狩り?の観光客が結構います  そんな 観光客の後をぼちぼちとついていきます ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/21 01:12
大和大路(伏見街道)を東福寺へ
大和大路(伏見街道)を東福寺へ さて 今回は 京都国立博物館の「japan 蒔絵」展からの続きです 素晴らしい秋晴れに恵まれて(このブログを書いている今は 外で木枯らしが吹いて とてつもなく寒くなっています) このまま帰るのが惜しいので 紅葉を観ようと東福寺まで足を伸ばしました ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2008/11/20 09:56
特別展覧会 japan 蒔絵 宮殿を飾る 東洋の燦めき 京都国立博物館
特別展覧会 japan 蒔絵 宮殿を飾る 東洋の燦めき 京都国立博物館 ここしばらく 昼夜逆転の生活を送っています 夜行性仲間の某君からチケットが送られてきていたので 久しぶりにごそごそと昼間に活動をすると なんと外は目の覚めるような秋晴れ! 「書を捨てよ町へ出よう」ということで京都東山七条へ「特別展覧会 japan 蒔絵 宮殿を飾る 東洋の燦めき」を観にいきました ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2008/11/16 13:21
最古の「百鬼夜行図」 の模写を確認
最古の「百鬼夜行図」 の模写を確認 現存する最古の「百鬼夜行図」(大徳寺真珠庵蔵 室町時代?)よりも古い絵巻を模写したと思われる江戸前期の百鬼夜行絵巻が残されていたことを 国際日本文化研究センターの小松和彦教授らが確認した (30日付) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/02 00:28
初代伏見城(指月城)の遺構発見 桃陵遺跡
初代伏見城(指月城)の遺構発見 桃陵遺跡 羽柴秀吉が建てた初代伏見城(指月城)の屋敷跡(富田信高?〜1633)から 城の堀跡や金箔で覆われたキセルの一部が出土した  (27日付) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/28 23:49
京伏見 寺田屋 再建で決着
京伏見 寺田屋 再建で決着 京都市伏見区にある史跡「寺田屋」について 京都市歴史資料館が文献資料などを調査した結果 現在の寺田屋の建物が幕末当時のものではなく 鳥羽伏見の戦いで焼失したあと再建されたものと京都市が公式に発表した                                                      (25日付) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/26 00:41
宇治ハイク 宇治上神社へ  最終回
宇治ハイク 宇治上神社へ  最終回 仏徳山の展望台ですばらしい宇治の町並を眺めながら一息ついた後 宇治上神社に向かいます ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/23 21:58
宇治ハイク 仏徳山〜展望台 その6
宇治ハイク 仏徳山〜展望台 その6 志津川の集落から朝日山・仏徳山を通り宇治橋付近(奈良街道)へ抜ける古道(東海自然歩道)を行きます ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/23 01:38
宇治ハイク 天ヶ瀬ダム〜志津川へ  その5
宇治ハイク 天ヶ瀬ダム〜志津川へ  その5 白虹橋から天ヶ瀬ダムの雄大な姿を堪能した後 再び先ほどのダムの頂上へ向かう道に戻ります 急な登り坂をふうふういいながら登り切ると ダムの頂上です 脇に休憩所がありますのでひと休み・・・ さすがに このあたりまでは宇治からの観光客は来ませんね 穴場なんだけど ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/22 01:07
宇治ハイク 天ヶ瀬ダムへ その4
宇治ハイク 天ヶ瀬ダムへ その4 平等院の南門から出て 宇治川の岸辺の散策道通称「あじろぎの道」を歩きます   あじろぎ(網代木)・・・琵琶湖で生まれた鮎の稚魚を獲る鎌倉時代まで行われていた宇治川の伝統的な漁法で網代(竹や木で編んだ魚を獲るための仕掛け)を繋ぎとめた杭のことです 古くは秋になるとこの漁を見物に来る人たちがいたとか・・・源氏物語「橋姫」にも網代見物のことが書かれていますね 宇治橋がよく流されるのは宇治川での殺生が原因というわけで 1286年叡尊が浮島に十三重石塔を建てて殺生を禁じました それ以後網代漁はなくなった... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/21 00:10
宇治ハイク 平等院〜平等院ミュージアム鳳翔館  その3
平等院の院内には 以前宝物館のあった場所に新しく2001年にオープンした「平等院ミュージアム鳳翔館」があります 平等院の南側の丘の上に宝物館があったのですが鳳翔館は丘の中に造られています これも美観を損ねないようにとの配慮でしょうか ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/19 23:54
宇治ハイク 平等院  その2
橋姫神社で寄り道したので 再び平等院への参道へ向かいます さすが平等院ですね かなりの数の観光客です 参道両脇には宇治茶を出す茶店が軒を並べています 今の季節 冷たい緑茶か抹茶アイスクリームがよく売れていますね ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/17 00:22
宇治ハイク 橋姫神社〜平等院へ その1
今年は源氏物語が上梓されてちょうど千年目?ということで 「源氏物語千年紀」で盛上がる? 宇治周辺を歩きました 宇治に着いてわかったのですが 本日は花火大会ということです ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/16 04:05
京都北野界隈 御土居〜千本釈迦堂へ
引き続き 北野社をうろうろしています 北野社と言えば御土居ですね・・・そうでもない?  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/11 00:02
北野天満宮と天神様
さて 北野天満宮宝物殿を出て 本殿の方に向かいます もう一度 楼門の前に戻り さらに左側に取り付いた参道にむかいます・・・・つまり 楼門から 真っ直ぐに参道が中門に続いているのでなく 絵馬所の前まで行きそこから参道に向かいます ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2008/08/08 01:21
北野天満宮 神々の群像 木造鬼神像初公開
京都北野天満宮で 修復作業が終わった木造鬼神像全13体が初公開されるというので観にいきました 京阪三条から京都市バス10番系統で北野天満宮前まで・・・バスはくねくね京都市内を走りますので 結構時間がかかります のんびりと夏の京都市内をめぐります ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2008/08/02 23:23
特集陳列 坂本龍馬 京都国立博物館
京博で行われている「特集陳列 坂本龍馬」を観にいきました これまでに何度か 京博が所蔵する坂本龍馬の遺品や関係資料を中心に展示会がありました 私もこれまでに 何回か見ていますが 坂本龍馬というのは根強い人気がありますね 今回は 高知県立坂本龍馬記念館蔵で 姪の春猪宛の初公開の龍馬実筆の書簡などもあります ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/29 23:58
吉田山と吉田神社 京都ぼちぼち歩き 最終回
南禅寺から哲学の道を歩いて 銀閣寺まで来ましたが 銀閣寺門前の人の多さにうんざりしてしまい ここから 今出川通を歩いて 吉田山の方へ行こうかと思います ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/03 00:11
哲学の道 後半  京都ぼちぼち歩き
その学徒は 疎水沿いの小道を歩きながら考えた 「禅の思想とは 無(悟り)の境地だ 無と言っても 何もないということじゃない・・・ 仏(主体)と自我(客体)の一体化により すべてを悟る・・・・この境地はあらゆるものを絶対的に超越したものだ それが 無の概念だな・・・これは言葉や行動で表されるものじゃない つまり 現実の世界は 「絶対矛盾的自己同一」だからだ(主体としての存在は 他者(客体)を認める相互関係で成り立っている)  だから すべての(自他)の相互関係が 実はひとつで 自分もその一部だ(... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/01 23:08
哲学の道 前半  京都ぼちぼち歩き
南禅寺の境内を抜けて 疎水沿いの哲学の道を歩こうと思います 春夏秋冬とその季節によって 趣きを変える道です  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/29 18:04
南禅寺から水路閣へ  京都ぼちぼち歩き
琵琶湖疎水からインクラインと来て 南禅寺の参道をぼちぼち歩いています さすが 南禅寺  清水寺辺りとはまた違った京都があります 南禅寺の境内は自由拝観  琵琶湖疎水のために道が分断されているためか あるいは近道のためか 南禅寺境内を生活道路としている人々が観光客に混じって歩いています ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/28 14:17
南禅寺付近  京都ぼちぼち歩き
京都国立近代美術館での「ルノワール+ルノワール」展を観終わって ぼちぼちと歩き回ります とりあえず 琵琶湖疎水沿いに南禅寺の方へ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/26 00:04
ルノワール+ルノワール展 京都国立近代美術館 京都ぼちぼち歩き
京都岡崎の京都国立近代美術館で開催中の「ルノワール+ルノワール」展(7月21日まで)を観に行きました 京都で ルノワールしかも 近代美術館 人が集まらない訳がない・・・ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2008/06/24 01:08
笠置山越え 柳生街道のおまけ
さて 前回までの柳生街道歩きは 柳生村の道路元標のある今川橋付近で一応終わりにして ここから JR笠置駅まで 笠置山越えの古道を歩こうと思います もちろん 今川橋には 柳生のバス停がありバスに乗れば 奈良でも笠置でも行けるのですが・・・・いつバスが来るのやら・・・バスの便がとてつもなく不便です  ここは文明の利器を頼ることなく・・・歩きましょう しかも今川沿いに続く府道4号笠置山添線(笠置街道)を歩かずに ここはあえて山を越えます・・大して高い山じゃないですが・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/03 01:13
銀閣寺 創建時の石垣を発見 とネコの足跡
足利義政(1436〜1490)が山荘「東山殿」として京都市左京区創建した 銀閣寺(慈照寺)の境内で 創建時の15世紀後半とみられる 石垣が見つかった 京都市埋蔵文化財研究所によると 石垣は銀閣(観音殿)から約60メートル北の丘陵地の山裾で見つかった 南北約6メートル 東西約5メートルのL字型の長方形の花崗岩で 高さ約60センチに積み上げられていた 上部には土砂崩れや洪水などで16世紀に崩落した跡があり 本来は120センチほどあったらしい さらに南側には東西方向に高さ0.8〜1メ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/19 13:00
石清水八幡宮参詣記  その参
石清水八幡宮参詣のつづきです さて いよいよ男山山頂の上院本宮です 参拝の人たちが上院馬場前に溢れ返っています ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/03 13:22
石清水八幡宮参詣記  その弐
石清水八幡宮参詣のつづきです 二ノ鳥居から いよいよ表参道の石段です ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/03 00:49
石清水八幡宮参詣記 その壱
寒い日がつづいて 家に引きこもっていました 運動不足解消もかねて 石清水八幡に 初詣に行きました ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/02 22:16
京都御所  その終  閑院宮邸跡
京都御所の西南の角に 永らく非公開だった閑院宮邸跡があります 以前から気にはなっていたのですが 中には入れなかったので・・・ それが 去年(平成18年4月) 保存整備が終わり 一般に公開されることになりました もちろん 入場無料 私も 今回が始めてです ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/25 16:33
京都御所  その伍 蛤御門は今
御所の清所門を出て 帰路につきます ぞろぞろと 堺町御門の方へ 途中 蛤御門に立ち寄りました ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/24 18:06
京都御所 秋季一般公開 御所内 その四
1867年11月9日 京都二条城で 幕府が朝廷に政治の行使権を返納してから 1ヶ月後の12月9日突如 京都御所内の御学問所で 明治天皇は 天皇親政を 宣言する というか させられた つづく小御所でおこなわれた会議で 討幕が決定され 維新戦争が始まる ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/24 10:26
京都御所 秋季一般公開 御所内 その参
京都御所ぞろぞろ見学のつづきです 先を急ぎましょう 紫宸殿の横から 殿上の間につづく廊下のある門を通り 清涼殿に向かいます ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/24 10:19
京都御所 秋季一般公開 御所内 その弐
京都御所内をぞろぞろ歩きます      次は紫宸殿のほうへ向かうのですが 月華門は通れないので ぐるりと建礼門と承明門の間をまわりこみます ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/18 16:24
京都御所 秋季一般公開 御所内 その壱
京都御所の中に修理中の 宣秋門から 20年ぶりに入ります 宣秋門は 実際に参内する 昇殿人がここから入りました 入るとすぐに 御車寄です  ここが御所の玄関口です ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2007/11/15 01:32
京都御所秋季一般公開 いよいよ入苑
京都御所がある 京都御苑に富小路口からはいります 少し西側に正式な堺町御門がありますが 近いので  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/11 14:18
京都御所 秋季一般公開  富小路を北上する
京博の狩野永徳展をじっくり鑑賞していたら 早 時刻は昼前 次は京都御所へ 一般公開へいくのは20年ぶり 3回目   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/07 23:22
狩野永徳展  京都国立博物館
先日は 奈博 正倉院展 本日は京博 狩野永徳展です 京博は前回の「大絵巻展」以来です 京阪七条から 三十三間堂の方をめざして歩きます ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/05 11:08
親鸞の遺骨
京都市下京区の浄土真宗本願寺派 常楽台(今小路覚真住職)が所蔵する 肖像画「親鸞聖人影像(花の御影)」を修理中 掛け軸の軸の中から  「親鸞の遺骨を宝塔に納めた」と記した墨書が見つかった (17日付) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/18 22:46
太閤堤の護岸遺構発見
ちょと 他に気を取られている間に面白そうな 発見や発掘がありました ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/06 12:59
五条 六道冥土の辻へ 夏の京都だらだら歩記 4
あまりの人の多さに 清水寺で回れ右して 清水坂を 八坂の塔まで下ります   五条坂は 車の列で大渋滞です ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/13 21:50
五条周辺 夏の京都だらだら歩記 3
高台寺から 清水寺へ行く道へ この暑いのに すごい観光客です 2年坂(二寧坂)あたりは ちょっとした混雑で前に進めません ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/13 11:09
白川から五条  夏の京都だらだら歩記 2
京都文化博物館をあとにして 京阪三条駅まで戻り 大和大路(伏見街道)を南に白川までもどります この時期 京都は一番暑い季節   8月16日の大文字送り火を観るのか 外国からの観光客が多い ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/13 01:25
三条界隈〜ナスカ展  夏の京都だらだら歩記 1
京都文化博物館で開催中の 「世界遺産 ナスカ展 地上絵の創造者たち」を 観に行ってきました 昨日は大阪歴史博物館で 「ペルシャ文明展」に行ったばかりです ざっとペルシャの7000年の歴史を振返り見せてくれます なかでもアケメネス朝ペルシャのダレイオス1世(前522〜前486)の眼もくらむほどの金の 装飾品や ササン朝ペルシャあたりがもっともすばらしい これほどまとまって ペルシャの 遺物を観たのは 奈良のシルクロード博以来かな? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/12 21:43
本能寺の変 焼け瓦見つかる
京都市中京区池須町の旧本能寺跡で 1582(天正10)年6月2日の本能寺の変で焼けたとみられる大量の瓦や堀の跡が関西文化財調査会の発掘で見つかった                                        (8日ニュース) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/08/08 20:58
坂上田村麻呂の墓と西野山古墓
坂上田村麻呂(758〜811)の墓が 西野山古墓で特定されたって・・・ ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2007/06/06 00:06
東高野街道  その2
東高野街道ですが もともとこの古道は  平安時代頃の官道小路 南海道に起源をもちます このあたりでの 南海道の遺構はまだ見つかっていませんので くわしいことは わかりません ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2006/10/01 14:40
坂本龍馬と近江屋  京都逍遥その6
京都一の繁華街ともいえる 三条通りと四条通りにはさまれた 河原町通りを 南へ この街も 年々新しい店が出来ては消えていき 古都という 雰囲気も ここでは 感じさせません が 一歩奥へ入ると そこは 千年の都の跡 立ち上がる歴史の重みは 他の都市では味わえないものがあります ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2006/09/25 21:28
宇治上神社 
京都 宇治の平等院鳳凰堂の阿弥陀如来坐像の上にあった 「天蓋」が 平等院平成大修理のために 取りはずされて 平等院ミュージアム鳳翔館で一部を公開している(22日) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/23 13:38
新撰組 池田屋 京都逍遥その5
幕末 1864年7月5日の深夜 新撰組は三条大橋を西へ 三条小橋のたもとの旅館 池田屋に踏み込んだ 世にいう 池田屋騒動である 有名な事件だから 詳しい事ははぶきます ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 0

2006/09/23 12:05
鴨の河原から三条大橋へ  京都逍遥その4
賀茂の社から 賀茂川の河原に降りて 三条大橋を目指します ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2006/09/21 19:30
糺の森から賀茂社へ   京都逍遥その3
さて いよいよ 賀茂社へ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/19 21:16
賀茂社への路  京都逍遥その2 
さて 天気がいいので このまま賀茂の杜まで足をのばしました 市美術館を出ると 京都会館の前を  会館には 「ORANGE RANGE」が来ていました(写真) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2006/09/19 00:14
ルーヴル美術館展  京都逍遥その1
台風13号が 九州に上陸というのに ここ上方は 朝から秋晴れです というわけで 京都まで「ルーヴル美術館展」 を観にいきました 三条通りを 岡崎へ いつもの白川沿いの道を歩きます(写真上) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/17 17:12
愛宕山と明智光秀と本能寺 その2
さて 信長より対毛利戦出陣を命じられた光秀は 天正十年(1582)旧暦5月28日 亀山城から明智越えで 愛宕権現社(写真)へ登り 里村紹巴らと百韻連歌を催した  その時の歌が有名な「ときは今 あめが下知る五月哉」 これから起こることを考えるとすこし出来すぎの感がある しかも ここでおみ籤を何回も引いたといわれています(一説には籤をひいたのは月輪寺とか) とにかく光秀は6月2日早暁 本能寺で信長を謀殺します  なぜ光秀は謀反をしたのかはさまざまな説がありますが ここは一番無難な話として述... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/16 21:10
愛宕山と明智光秀と本能寺
愛宕山へ行ってきました  京阪四条から四条大宮まで歩き  京福電車でいざ嵐山へ  ほとんど貸切状態(人がいない)の嵐山を歩いて愛宕参詣道へ  一の鳥居から清滝道へ 「暗い 狭い じめじめするトンネルを抜けると清滝だった」って二度と通りたくない清滝トンネル オバケがでるよ!  愛宕山登山口に着いた時はすでにバテていました 気合を入れて登り始めたが めまいがするほどの階段状態の坂道  しかもこの立て看板(写真)・・・・ 結局3時間かかって愛宕神社へ  帰りは素晴らしい眺めを見なが... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/14 23:48

トップへ | みんなの「京都」ブログ

亀も飼いました 亀吉と亀子です 画面をクリックしてエサをあげて下さい

なぎさ 京都のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる